ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

架線柱と周辺のお話-補講終端処理-

ヤマシタさんより終端処理のリクエストありました。終端部分は軽く流
す予定でしたが、今回も模型に使える理論をちょっと添えてまとめて
見ました。

架線終端部分は模型も出ているので良いアクセントになります。架線
は碍子を介し、直接電柱に引き止めるモノと、張力自動調整装置と呼
ばれるモノを介して引き止められる場合にわかれます。
張力自動調整装置・・・テンションバランサーと呼ばれ、電力屋さんと話
する時はバランサーで通用します。下の写真はおもり式と呼ばれるタ
イプです。
滑車

こちらはスプリング式です。以前はスプリング構造に弱点があったため
駅構内などの短区間使用に限られてましたが、最近はスプリングをダ
ブル構造にしたものが開発され、おもり式にくらべ設備が小さくなるメ
リットがあり長区間の本線上でも採用されるようになりました。
バランサ-

こちらは渡り線部分などの短区間で使用される直引き式です。構造的
には一番簡単です。
引き止め

上の3枚の写真を見ると電柱を境に、斜め後にワイヤーが出ているの
が見えると思います。前回中編で架線の一般的な構造と名称を書き
ましたが、吊架線、トロリー線共に約1tずつの張力を保って張られて
います。従って引き止め柱には電線方向へ2t近い力で引っ張られ続
ける事になります。
これは電柱にとって悲劇です。大きな基礎を打ち込めばこの力にうち
勝てますが、基礎構造がデカクなるばかりか、費用的にあまり現実味
がありません。それに電柱も太くしなければなりません。
そこでベクトル方向にワイヤーを張って、この力を分散させてやりま
す。ワイヤーは支線と呼ばれます。
滑車図解

支線の設計上の理想は45度で引っ張ることですが、これでは長いス
パンの用地が必要となるため、実際には30度くらいの角度になります。
そして、吊架線、トロリー線と電線が2本あるので、支線も2本張り電柱
や支線への負担軽減を図ります。上の図は1線で略してます。

さて次は、車庫や駅の終点部分での電柱の選択について触れてみます。
下の写真の様に一般的に架線終端部分には、上で説明した通り構造
上電柱の後に長い支線が張られています。
ココでは45度の理想的な支線ですが、車止めの背後にもの凄い無駄
な用地を必要とします。
ワイヤー

逆に言えば用地があったから良いのですが、直ぐ後が道路だったり管
理上必要な用地だったりした場合こうは行きません。
下の2枚の写真は斜めに電柱が寄り添っていますが、これらの電柱は
ラット柱と呼ばれます。ラット構造の引き止めなどと言います。
ラット柱

張力と支線の構造が分かっていただければ、写真を見て何となく分か
ると思います。構造的にはビームに架線を引き止め、電柱それぞれに
支え棒として役目を果たす電柱を斜めに置き、張力に対し本体電柱が
打ち勝つ様支えています。
車止めの後がすぐ道路だったりした場合に用いられる方法で、用地ギ
リギリまで線路有効長を長く取る事ができます。
ラット2

しかし最近では、鉄柱の裾を若干広げラット柱と同じ様な線路側に
突っ張る構造で張力を分散させる構造の引き止め柱も出てきました。
この場合基礎が若干大きくなるため、車止めと電柱の間に若干の距
離をおきます。
鉄柱の場合以前は錆を防ぐため塗装を行っていました。そのため数
年おきに塗装工事が発生し、管理費の面ではイマイチでしたが、近年
は塗装不要な亜鉛メッキが安価に行え、また鋼材加工も昔に比べ安
くなってきたのでこのような鉄柱構造が増えてきました。しかし、コンク
リート柱に比べるとまだ高いです。
引き止め

さて最後に、大きなターミナル駅や駅ビルがある場合は直接建物に
アンカーボルトを植えて引き止めてしまう事が出来ます。
電柱が無くスッキリしています。
直引き

架線の長さは約1キロです。本線上にバランサーがあるのはその切れ
目でしてその他には変電所のセクション付近にもバランサーがあります。
また4~500m程度の区間であれば、片側だけバランサーを持ってくる
構造でも大丈夫です。ただ、これは管理してからの都合になるので、
温度変化の激しい場所などでは2~300m区間でも両側にバランサー
を設置する事もあります。

今回のまとめとして・・・
車庫の終端部分で丸棒コンクリート柱を1本置き、直ぐ後が道路では
変・・・と言うのがお分かりいただければと思います。

現在張力はtではなくkN(キロニュートン)の単位が採用されてますが、
単位が馴染みにくいので敢えて旧単位で説明しました。



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-後編-

最後はまとめとなり、レイアウトに設置する参考項目です。
一番最初に架線柱のスパンは決まっていないと書きましたが、これは
設計条件により異なるからです。会社によってはある程度決めている
こともありますが、地盤や風荷重、構造物によって必ずしもその数値
にはなりません。
下の写真は東武鉄道ですが望遠で見ると、まるで京都の伏見稲荷の
鳥居のようです。
東武
大ざっぱに書くと、直線では30~40mおき、曲線では20~30mおき
に架線柱を設置すればほぼ問題ありません。ちなみに東武も信号機、
踏切近くに柱上トランス設置されているようです。写真でも右側にうす
緑色のトランスが見えます。
昨日鎌ヶ谷の帰り野田線の六実駅まで行きました。この区間はき電線
は1本のみで、西武線と同じように架空地線が張られていました。
右の電柱には信号機のための柱上トランスがあります。
六実駅

架線柱は線路条件がよければ50m以上スパンを開ける事もできます。
こちらは高架橋上の架線柱ですが、高架橋の柱は近年一般的に9m
スパンが用いられてます。高架橋の場合柱と架線柱の位置を同じに
する事で設計条件を有利にする事が出来ます。
高架橋
こちらの区間は5スパン開いているので、約45mおきに架線柱があ
ることになります。この辺の考え方は鉄道会社によっても異なります。

次に信号高配線を構造物条件で見てみます。トンネル付近では信号
高配線は1本にまとめられ壁伝いに送電されています。
トンネル内に入ると車窓から波打つケーブルが視界に入ってくるのを
ご覧になった方もいらっしゃると思います。
トンネル入口1

き電線も同じく壁伝いに入りますが、コンパウドカテナリーの場合き電
線を省略できる場合もありますが、この辺は難しくなるので今回は割
愛します。
トンネル入口2

トラス形状の橋梁で送電する場合、トラフに入れたり、トラスの上にフ
レームを建てて送電したり、この辺も会社毎に考えが違うので参考に
したい橋梁を観察してみて下さい。
会社の事情は信号高配線などもその例で、西武秩父線では5本の信
号高配線があります。
秩父線
上の写真は横瀬駅構内ですが、左側の架線柱の上には5個の碍子が
並んでます。

秩父線内の駅設備では電気室の様なモノは見当たらず、柱上トラン
スが良く見受けられました。
3相交流のほか、単相交流も送られているようでそのため通常の3本
+単相交流の2線が加わり5本となります。
秩父線内では気象条件の影響かあるいは駅での電気設備を簡素化す
るための措置と思われますが、この辺の事情は分かりません。
横瀬

こちらは吾野駅ですが、同じです。建設費の影響か、駅施設の軽減の
様に思われますが、両駅とも写真は2009年に撮影したモノなので現
状と違っていたらごめんなさい。
吾野

車庫内を見てみると車庫内にはき電線のみで、高配線はあまり張ら
れていません。信号高配線は降圧されトラフなどで送電されている
のが一般的です。
新川崎

新川崎2

さて、最後に模型化にあたり設置すべき標識のうち「電車線区分標」
があります。
この標識は送電区分の切れ目に設置するモノで、変電所の付近でも
送電系統の切れ目に設置されます。
区分標

Aパターンは図の左右に送電されるほか、中央部に独立した中立区間
が存在します。一般的にはデッドセクションとなり送電事故が発生した
場合この部分の送電を切る事で電気的に独立させる事ができます。
ここのセクションに跨って列車が停止した場合、大きな電位差が発生
し、架線を溶断する可能性があります。中立区間はその線区を走る
列車編成長以上の距離をとる事になってます。
Bパターンは平行送り出しのみで、この場合電車線区分標は1カ所の
みとなります。
区分図

この標識はビームに取り付けられていたり、電柱に取り付けられていた
り鉄道会社によって異なります。
また上下一括き電でない場合は渡り線の中間にも設置される他、大き
な車庫の入口などにも設置されています。
下の写真は相鉄線の相模国分信号場ですが、ここの渡り線部分にも
設置されています。但し、コチラも2年前の撮影なので現状と違った
らごめんなさい。
セクション

ここまでやる方はいないと思いますが、柱上トランスに配線を施す場
合です。配線する場合は3本ある信号高配線のうち、どれでもいいの
で2本から配線を引き出し、トランスに取り込んでください。
図1

また、吾野駅や横瀬駅の様に柱上トランスで駅配電設備を製作する際
1つだけ約束事があります。それはトランスは2個以上と言う事です。動
力電源と電灯電源という2種類の電源を必要とするためです。

設計のまとめとして
○架線柱間隔は直線30~40m、曲線は20~30mおき
○上下一括き電か、上下線別き電方式の違いで渡り線に「区分
標」の有無が出る
○信号保安設備への給電を柱上トランスにするかトラフ送電か


っといったまとめになります。トミックスの架線柱で、柱上トランス給電
ではちょっとおかしいかもしれません。この場合はトラフ内に低圧
送電されているとした方が自然です。東武鉄道も改良工事区間など
では柱上トランスの数が減ってました。


最後は駆け足でしたがいかがでしょうか・・・
最後までお読み頂きありがとうございました。

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:44 | コメント(12)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-中編-

今回は取り込み部分とその約束事を書く予定でしたが、さらりと流す
予定だった端部処理はリクエストがあったので最後に書きます。

まず最初に、前回説明すべきでした架線構造から。架線は2本の電線
がぶら下がってますが上が吊架線(ちょうかせん)で下がトロリー線
となりハンガーで接続されています。トロリー線がパンタと接する部分
です。これらはまとめて電車線と呼ばれます。
トロリー線
この写真のはシンプルカテナリーと言う一般的な架線で、コレを2本
並列に張ったモノをツインシンプルカテナリーといい、電力容量確保
のため運転回数の多い首都圏の鉄道に用いられてます。しかし、最
近では2本分のトロリー線を管理するのが保守費の面であまり好まし
くないため、高速線区で用いられるコンパウンドカテナリーに張り替え
られる傾向があります。

さて、前回カトーの架線柱が理に叶っているとの事でして例題にあげ
ましたが、トミーの場合はどうでしょうか。
下の写真で右側に2個の碍子があります。これはき電線用です。しか
し、前回の基本的な話で出した3個の碍子が見当たりません。つまり
この配線では信号高配線がなく、信号機も点かなければ踏切も鳴ら
ず、券売機で切符も買う事が出来ません。でも、ご安心を。
トミー

信号高配線は付近の構造物や地形によって引き下げる事があります。
下の写真で3本ある信号高配線が電柱部分で終わり、柱沿いに下り
てきています。
高配引き下げ

その後はどうなるかというと、トラフと呼ばれる線路沿いのコンクリート
製の箱の中で送電されます。カトーで「側溝」として出ています。つまり、
き電線のみの架線柱でも理に叶うわけです。
トラフ

道路橋の下を通る時などやトンネ付近では引き下げられます。その
他にも、橋梁区間その他で外観上の理由などで引き下げられる事も
あります。
橋

信号高配線はパンタグラフと接するわけでもなく、ただ彷徨って張られ
ているわけではありません。駅付近では地上変台などと呼ばれるトラ
ンスや開閉器などが集められた設備に取り込まれAC200Vや100V
に降下され駅機器、照明に使用されます。
変台

以前は金網越しに中が見えましたが、最近は黄色の波板に囲われて
中が見えません。またキュービクルなどにそれらの機器が収められて
いる機会も増えてきました。キュービクルやそれらに収められた機器
はJIS規格によりデバイスナンバーなどが定められており、実はキュ
ービクルの色も概ね指定されています。
5Y7/1これがキュービクルのマンセル記号で、クリーム色をしてい
ます。レイアウトに黄色やグレーのキュービクルが駅付近にあったり、
変電所内に置かれていると理に叶いません。
地変台2

信号高配線・・・名前通り信号設備に電源を送るのが重要な役目です。
どうやって送ってるか見てみます。
下の写真のように踏切付近に柱上変圧器を設け、そこで110Vに降
下させて遮断機のモーターや赤の閃光灯、制御条件を出すリレーな
どの電源に使用されます。
変圧器

勿論信号機にも同様ですが、信号機、踏切同士が近ければ上の写真
に出てきたトラフ内に低圧の送電線を入れて送電します。なので、踏
切毎、信号機毎に付近の電柱にトランスを設ける必要はありませんが、
1個あるとサマになります。但し、鉄道会社によってはリレー箱内にトラ
ンスを入れている場合があるのでお気に入りの線区で確認してくだ
さい。ちなみに写真はJR線区です。
変圧器

さて、ココで架線の終端部分にある自動張力調整装置、テンションバ
ランサーについてさらりと流す予定ですが、後編のあと別枠で設けま
す。
バランサ-

今回の設備は無いと変とか、色が違うからあり得ないと言うわけでは
ありません。キュービクルについても外観上の理由で花柄キュービク
ルなんていうのもあり得るかもしません。あくまで実物の知識の参考
でリアルなモジュール作りの参考になれば幸いです。

次回後編はまとめです。





ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 13:20 | コメント(4)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-前編-

お正月があけ、会社の先輩がモジュール作りたいと3年前から言って
いたのが漸く行動開始となりました(人の事言えませんが・・・)。
で、「ヘッポコ君、レールは売ってるのつなげればいいし、1本25mっ
ていうのは聞いたことあるけど、架線柱は何mおきなの?」っと質問さ
れましたが、「んなの決まって無いッスよ」っと言いました。が、事実な
ので仕方ないのです。
実際にビジュアル的なセンスでつけるのが手っ取早いですが、そのうち
架線の話題がでまして、「よく分からないんだよね。教えて」っと相成り
ました。
秋津

今回から直流1500V区間について、3話に分けてあれこれ書いてみ
ます。
1回目は各部の名称と役割です。模型の架線柱ですが、カトーのタイ
プが一番理に叶っているのでこれで説明します。

下の架線柱、柱とビームは分かると思います。専門的には「Vトラスビ
ーム柱」と呼びます。電気屋さんには「ブイトラ」で通用します。そして、
上にもなんだか付いてます。左側2個の碍子が「き電線」と呼ばれる電
線が付くところで、右側3個の碍子が「信号高配線」と呼ばれる送電線
が付きます。
カトー架線柱

実際の架線柱を見てみましょう。東急東横線祐天寺駅付近の架線柱
です。模型では鉄骨柱等と呼ばれ最近トミーからも再販されました。
実物では「ラーメン柱」と呼んでいます。
ラーメン柱

「架線」の他にビーム上にまた何か付いてます。左側を見ると2本の
線がありますが、これは「き電線」と呼ばれるものでカトーの架線柱に
もちゃんと2個碍子が付いてました。
き電線はフィーダー線とも呼ばれまして架線と同じく1500Vが架かっ
ています。
架線のうち、トロリー線と呼ばれるパンタグラフと接する一番下の線は
約110mm2っと、とても細く電圧降下もあるため、一定間隔でき電線と
接続させ、架線の電圧降下を防ぐ役割を持っています。
き電線
模型で、大きな運転会をやると線路給電だけだと電圧降下するので
補助フィーダー入ますが、これと役割が似てます。
2本あるのは上り線用き電線、下り用き電線と分かれているためです
が、ピクトリアルを読むと東急は近年上下一括き電方式を採用してい
るようです。

さて、今度は右側を見ると3本電線があります。カトーの架線柱にも写
真右側に3個碍子があります。これは「信号高圧配電線」といい、信号
機や駅設備に電力を供給している送電線で、同じくピク増刊号によると
東急は交流6600Vを送電しているようです。
信号高配
信号機への給電や駅近くではキュービクルなどに引き込み、交流200
Vや100Vに降下させ蛍光灯や券売機、駅員さんがお茶を飲む電気
ポット等にも給電されます。
ちなみに、ビーム下に太く写り込んでいる電線はおそらくLCXという列
車無線のアンテナ漏洩ケーブルと思われます。

会社を変えて西武池袋線の狭山ヶ丘駅を見てみます。
狭山ヶ丘

駅が近いので配線の取り回しが若干違いますが、ちゃんとき電線と信
号高配線が配線されています。
一番上にある細い線はおそらく「架空地線」と呼ばれる線で、空にある
地面の線です。つまり地面と同じ電位を保つ電線で、落雷対策によく
用いられます。「ココが地面ですよと」低い電圧を与えておくことで、雷
さまに地面と錯覚させ配電線へ落雷させずにこの架空地線に落雷さ
せる役目があります。
高配
ピク西武特集を読むと、「秩父山岳方面が近く落雷対策で全線に架空
地線を設置」と記述があります。西武線モジュールに架線を張る場合
この辺もポイントになりそうです。

さて右側ですが、こちらは信号高配補助線と構内の低圧配線があり
ます。ここらにくると、応用編になります。
ピク特集を読むと、「信号高配は2回線化」と書かれています。これは
信号高配のバックアップを兼ねた補助線と言えます。近年の列車設備
の2重系統化と同じです。メイン回線に何かあった場合にコチラの送電
系統に切り替える事で、サービス電源が保たれると言うわけです。
電線は1本に見えますが、じつは3本の線が撚り線となっていて、それ
ぞれ絶縁素材が使われています。3本バラの被服送電線より若干値
段もお高くなり、この辺の事情が3本線の高配線と意味が違う所です。
構内
もう一つの碍子があるのは、構内のポイント用水銀照明等に利用され
る低圧配電線です。この辺は駅や会社などで事情が異なりますので
あくまで応用編です。
なお、ピクによると西武線の信号高配は交流6000Vと東急と電圧も
違うようです。

いきなり応用もだしてしまいましたが、基本的には架線柱ビームには
2本のき電線と3本の信号高配線があると言う事を理解していただけ
ればと思います。


ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:43 | コメント(10)| トラックバック(0)

サツキとメイの家完成

さんけいのペーパーキット「サツキとメイの家」は概ね完成しました。
屋根街

樹木についは棕櫚の木とのことですが、さんけいのペーパー樹木は
ちょっと悲しい造りなので、トミーテックの樹木コレクションにある「ココ
ヤシ」を一応植えておきました。
箱モデラーさん曰く「棕櫚の木なので和巧の棕櫚がいいですよ」っと
の事でまた今度天賞堂で買ってきます。
完成1

井戸やリアカーなどはモジュールに設置した時に製作します。
完成2

車両もこのくらい速く組み立てられればいいのですが・・・

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:04 | コメント(8)| トラックバック(0)

サツキとメイの家

さんけいから出た「サツキとメイの家」を天賞堂で購入してきました。
っと言うとわかりにくいですが、トトロに出てくるあの家です。初版を
買いそびれてしまいまして、その後再入荷品を天賞堂に予約してお
き入荷したので取りに行ってきました。

さんけいのいつものペーパーキットです。
パッケージ

さんけいのキットを組んだ事があれば結構簡単です。
組立1

しかし、部品数は多いです。
組立2

比較的早く完成しそうです♪



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:46 | コメント(5)| トラックバック(0)

GM木造駅舎-その3-

暇を見てGM木造駅舎の屋根も塗ってみました。赤色がいいなぁっと
思いましたが、赤2号とクリーム4号ぢゃ特急カラーになるので#29
艦底色を塗ってみました。
駅舎

内部も結構作られていまして、ある程度塗り分けないとダメです。
内部

覗き込んで見える出入口付近は、ちょっと作り込まないとカッコ悪いで
す。
入口

信号扱い所の張り出し部分も少し内部が見えるようにしたいです。
扱い所

こちらは別所温泉駅で、昔はこの出っ張りの横(エアコン室外機のあ
る箇所)にポイントのテコがあり、室内には閉塞器などが置いてあり
ました。
別所温泉駅

トミックスの線路にGMのローカルホーム置いてみました。高さ的に
ちょっと低いかなぁ?っと思いますが・・・
ホーム高さ

実物も嵩上げ前はこんな感じですねぇ。バリアフリーなんて言葉の
無い時代。年輩の方々は「よっこらせっ」のかけ声で乗り降りしていた
のを覚えています。
実物高さ

ホーム部分の屋根もキットだと瓦屋根でちょっとしつこいので、駅舎
との取り合い部分は加工したいと思います。
屋根



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:03 | コメント(6)| トラックバック(0)

GM木造駅舎-その2-

今年は暑さが一気に来てキツく感じます。先週は野暮用が入りバタバ
タしてました。
合間を見てGM木造駅舎の柱部分と壁部分をマスキングをして、塗装
しました。
マスキング

モルタルと言うか土壁部分は白、柱等木製部分をクリーム4号で塗り
分けてみました。が、ちょっと平安チックな塗り分けになりました(-_-;
塗り分け

時代設定は今現在ですが、自動車の置き方などでちょっと古い時代
も再現してみたいです。
駅舎




ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:36 | コメント(4)| トラックバック(0)

GM木造駅舎

次期作で使うGM木造駅舎の塗装をはじめましたが、結構パズルです。
よーく考えて塗装しないと、2度手間になりそうです。
駅2

大きさ的にはトミックスのでも良かったのですが、終着駅の想定なの
で、GM製を製作する事にしました。
駅



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

野菜入荷

先日箱モデラーさんとお会いした時、「BUSCHからNサイズのレタス
やバラが出ましたよ」と聞き早速購入してみました。

BUSCH社はドイツのストラクチャーメーカーで、樹木や自動車などを
得意としてます。以前ひまわりを発売したメーカーで、HOサイズでは
色々な花や野菜を発売していてNサイズでも出ないかと待ち望んでま
した。
今回はレタス・カボチャ、ダリア、バラの3種類と農業倉庫が発売となり
そのうちレタス・カボチャとダリアを購入してみました。
箱

ひまわりの時もそうでしたが・・・小さいです・・・
レタス

今あるモジュールの畑にレタス植える予定です。
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 00:26 | コメント(8)| トラックバック(0)

鉱業所

GWってなんでしょう?と言う状態で、前回の休みが5/3で先週末
の2徹も含めてお休みが無いヘッポコです(泣)今週末漸くGWにな
ります♪
そんな中でエネルギーの源は再放送の始まった大都会パートⅢで
す。

先日、秩父の山奥へ連れて行ってもらい色々病気をもらってきて来
てしまいました。帰宅して直ぐポチッとしたヤツが届きました。
最近車両の不良在庫率に加え、ストラクチャーの不良在庫率も高く
なってきてます。
採掘所
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 16:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

クリスマスプレゼント!?

24日にちょっとダルイなぁっと思ったら38度熱が出てまして、速攻医
者へ行きました。ところが風邪の症状もなく、インフルエンザでもなく・・・
抗生物質をもらい翌日には熱も平熱にもどりました。
寝不足による疲労が原因の様です・・・

さてさて、ヘッポコがダウンする前日、いつも愛用しているキャノンの
コンデジがダウンしましてレンズに妙な陰が映り込むようになってしま
いました。翌日、早速末広町にあるキャノンの修理センターへ。
今回も光学レンズユニットの交換で、このコンデジでは2回目です。
毎度の事ながら10時10分に持ち込んで、12時10分には修理完了
という素早さ!9975円の一律料金で今回もまたまた新品のレンズに
なりました!
キャノン
▲2回も修理出すと買い換えたくなくなります

ヘッポコがクリスマスイブの日にダウンしていると、サンタみたいに見え
た郵便屋さんがアメリカからの荷物を届けてくれました。
プラストラクト
▲円高なので今は海外から購入するのはお得です♪

11月中旬にプラストラクト社へ注文した素材でした。日本ではあまり
手に入らないL型アングルのAFS-0という一番小さいアングルとアク
リルドーム、パイプを注文しました。
今月の初め頃、プラストラクト社より「24インチのパイプの在庫がなく
20インチのパイプで値段が一緒のがあります」とメールが来てそれを
了承しましたが、その後何の連絡もなく注文していたのも忘れてました。
AFS-1というアングルはよく見かけますが、その下の0.8ミリのアン
グルがどうしても欲しく直接注文してみました。

ドーム
▲日本ではレモン画翠でもみかけないです

ドームはパイプと一緒にしてセメントサイロになります。これで漸く着手
出来そうです。





ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:51 | コメント(3)| トラックバック(0)

捜し物・・・

捜し物は何ですか?っと斉藤由貴派と井上陽水派に分かれますが
私は斉藤由貴派です。
地方の模型店でも、キョロキョロしてると「何かお探しですか?」っと。
探してるんですが、ちょっとビミョーです。車両を探している時も
ありますし、ストラクチャーの時もあります。

探しもの、忘れていた頃に出てきました。高校生の頃作ったヒートカッ
ターが遂に壊れてしまい、東急ハンズへヒートカッターを買いに行って
きました。そのついでに模型コーナーへ立ち寄ると、ずっと前に探して
いたブッシュの「花生垣」が売っていました。
生け垣
▲かなり長い期間探し続けていてそのうち忘れてました

花生垣は迷わず購入。イタリアンレストランと花生垣を並べて庭のあ
るイタリアンレストランになります。道路の向かい側はガーデニング
ショップになり、その下を都市型トンネルで列車が抜けていくモジュ
ールになります。
ハウス
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:09 | コメント(10)| トラックバック(0)

紙とは言え

先日のプララジショーと先週の日本鉄道模型ショウで、紙ものメーカ
が気になっていましてヘッポコは両方とも素材を購入しました。「メー
カーを教えろ」と先輩からもリクエストが来ておりますので・・・

先日のプララジショーでは植栽系のメーカー「和巧」というのがありま
してコチラは既にヘッポコも購入済です。
ひまわり
▲全部紙製です!

ヘッポコの購入したのはNサイズのレイアウト用樹木でコチラの路モ
で使用してみました。
プララジショーではデモ製作も行われていましたが、ヘッポコにはデ
モの様にサクサクと製作は出来ないです
製作中
▲今後Nサイズで竹も出るそうです

和巧のサイトはコチラ

そして先週の日本鉄道模型ショウでは「さんけい」と言うメーカのキット
が出てました。嵯峨駅など以前からペーパーキットは出ていましたが
ストラクチャーは今回初だと思います。
キット
▲ヘッポコも酒屋風の商店を購入

前面
▲右奥の五重塔もペーパー製です

裏側
▲京都風です

さんけいは京都のメーカーでして、京都らしいチョイスです。関東では
まだ販売店が無いようですが、関西では日本橋の模型街で売ってま
した。
サイトはこちら

買っても作らなきゃならないんですよね・・・当たり前ですが(^^;

その他にペーパーではありませんが、イギリスのホーンビーというレジ
ンもののメーカーでしてこちらはいつも気になります。
毎度オシャレで可愛い建物が出てくるのですが、毎度1回こっきりの
生産で見かけた時に買わないと二度と手に入らないと言う怖いメーカ
ーです。
日本では練馬のメディカルアートが唯一の代理店で、関西ではココ経
由でジョーシンキッズランドに卸しています。関東ではおそらくメディカ
ルアート直売のみです。
ホーンビー

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:36 | コメント(10)| トラックバック(0)

舶来品到着

今年春の異常な円高時に衝動買いした舶来品ストラクチャーが船便
で到着しました。1$100円を下回りましたから、欲しいものは殆どク
リックしましたよ。まぁ、先日の2年待ちよりは早かったですけど、売れ
筋商品は洋も和も変わらず品切れ続きのようです。
日本人が殆ど買っていたりして・・・

まずは石油タンクです。津川からも石油タンク系は出ていますがちょ
っと背が低いのが難点です。2個重ねればOKですが、ローディング
設備がないため自作せねばなりません。
こちらは「キブリ」製のタンクキットです。取り降ろしのための小屋と
ローディングパイプがセットになったものです。
タンク箱

中身は外国製で素っ気ない説明書と、バラバラっと入ったキットです。
中規模中継油槽所にはコレで丁度いいかな。
中身

こちらは、ウォルサーズの飼料サイロのキットです。当然ロゴは「日清
製粉」で製作します。実はこのキット2セット目でして、これも半年待つ
人気商品でした。もう1個は「くみあい飼料」か、「キリンビール」のロゴ
にするつもりです。
サイロ

いつ出来るかは・・・
自称キット収集家です・・・(-_-;

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:42 | コメント(12)| トラックバック(0)

テコ無し

先日の舶来品で書いた中に「テコ無し標識」って何?と今回もまたメ
ールを頂きまして・・・(^^;

まず、ここで言う標識というのは矢羽根の転轍機標識の事です。

んで、コチラ。これがテコ付きになりまして「標識付転換機」と言いま
す。矢印の部分の棒を90度回すとポイントの先端が動く仕組みです。
棒を回す事によって上に付いている矢羽根も回転します。
テコ付き

でコチラがテコ無し。
ポイントの転換は横にある「リバー」(おそらくレバーが訛ったモノ)と
呼ばれるモノを動かします。これはそのもの「転轍転換機」といいます。
ちなみに、矢羽根の下にある黒い箱の形状で分類があり、写真のは
「3号形」と呼ばれる一番軽微な装置タイプです。
標識
▲3号形

でもって、この写真は3号形とは似てますが転轍鎖錠装置がついた
「1号形」というヤツです。転換装置もエスケープクランクというものを
用いてますが・・・違いが難しいですね。
1号形
▲1号形.こちらの方が保安度が高いです

機械的にロックを掛ける構造の違いで1号形~3号形まであり、国鉄
では1号形と2号形のみ採用されいて3号形は使用禁止でした。

っと言う事で、モジュールでは保安度を上げた設定にするためテコ無
しで転轍転換機によるポイントを設置したいです。


トミックスの新型ポイントには転換機が色々入ってますが、一つだけ
約束ごとがあります。それは、本線上には、間違ってもダルマと呼ば
れる転換機を設置しては行けまん。
一番保安度が低いからです・・・大昔の国鉄時代には勝手にポイント
が切り替わる事故が発生してしまうくらい事故が多発しました。
現在でも機関車など自重の大きい車両が、頻繁に出入りする線路で
はあまり使用しません。
ダルマ
▲単純明快で一番慣れ親しい転換機

長野電鉄の須坂駅ホームには色々なタイプの転轍転換機と標識が並
べられていました。
須坂

で、もって今日はこれから23時に出る「北陸」に乗車して「墓参り」に
行って来ます。本当のお墓へ行くわけではないのですが・・・
明日泊まる場所はネットが繋がるかどうか?なのでしばらく更新が
できるかは不明です。
乗車券
▲経由が書ききれず最後は手書きになってました(^^;

雷と雨が凄い様で京浜東北線止まると困るから早めに家を出ます。



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 18:48 | コメント(4)| トラックバック(0)

舶来品到着

作れるかどうか分からないのに、模型の買い物だけは続けてます。
あるウチに買わないと・・・と思うのは日本も海外も同じです。海外で
も「SOLD OUT」となると次いつになるか分からないものだらけで
す。なので、買い物だけ先行してしまいます。
でも、もしかしたら買い物依存症?

昨日、アメリカから荷物が届きました。今回はレールとかが多いので
細長い入れ物の小包でした。
まずはコチラの転轍機標識です。海外のヤツですが上の部分をいじ
ってやって、テコ無しの標識として貨物側線に使う予定です。
標識

標識
▲こういうヤツにするつもりです

そしてポイントのキットです。日本ではあまり見かけませんが海外で
は結構ポイントのキットなるものが発売されています。
こちらはBKエンタープライゼスというメーカーの#55のポイントキット
です。貨物側線で使用してみて、うまくいけば次期作の路モジに使おう
かと思ってます。
ポイント




ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:07 | コメント(4)| トラックバック(0)

トミックスの新規ポイント

先日静岡ホビーショーで展示されていたトミックスの新規「完全選択
式ポイント」が展示されていました。完全選択式はY字ポイントや三方
ポイントでも採用されていますが、通常のR541タイプも完全選択式
になり登場するそうです。
そのため現在R541のポイントは市場から姿を消してます。
違い
▲見た目はかなり違ってます

下の写真で上が旧タイプの現行ポイントで、下が完全選択式の新規
ポイントです。
まず、ヒンジというか稼働部分のネジが無くなり本物みたいにトングと
リードレールのみのスッキリした形状になってます。
そしてトングレールと基本レールの隙間が非常に狭くなり、本物っぽい
感じになってます。
違い2
違い1
▲電気配線がえらく楽になります♪
写真は隙間大と隙間小と書きたかったのですが・・・意味不明に(-_-;


完全選択式なので後付でギャップを設ける必要がなく、ヘッポコが製
作している片渡りの車庫線などはフィーダーが1本ですむ利点もあり
ます。結果的に車庫の出入庫線の建設は、このポイントの発売を待
ってからの着手です・・・
ポイント
▲値段は100円上がりますが、転轍機標識などが新規に付属します
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:18 | コメント(6)| トラックバック(0)

現代住宅

トミーテックのジオコレシリーズのうち、現代住宅が発売になったと
のことで早速リトルジャパンへ買いに行ってきました。リトルジャパ
ン店主さん曰く、初回は生産数が少ないせいか、発注数全部入荷
しなかったそうです・・・
「現代住宅A,B,C」と3種類発売になりましたが、ヘッポコとしては
モジュールのバス通り新興住宅街に違和感無く配置することを考え、
Cのみ購入しました。
外観
▲まさに現代住宅

カトーの住宅だけだとどうしても種類が少なく、変化に乏しいのでとっ
ても楽しみにしていたジオコレです。A,Bについては1970年代とい
った感じで今回はパスしました。カトーと並べると若干高さが小さく感じ
ます。
今回の生産分はカーコレ乗用車のおまけも付いてまして、出てきたの
はセリカのシルバー!
この家はどう見ても医者の家にしか見えませんので、ここはベンツでも
配置しようかと思ってます。

しかしジオコレですから、下から見ると天井が無いので配置後は目線
位置に注意が必要です。
天井
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

竹の材料

トミーテックのジオコレで竹に挑戦しましたが、ヘッポコが作るとどう見
ても「紫蘇の実」にしか見えない竹でして、あうしさんよりウッドランドの
「STATIC GRASS」で葉を作ると見栄えが良くなる・・・とのアドバイスを
頂き、注文した品物が漸く船便で届きました。
繊維状の素材で、主に草などの表現に使用するモノです。
グラス

ケバケバが立ちそうなので、もう少し暖かくなって窓を開けられる様に
なったら再開したいと思います・・・けど、どうやって竹にしたんだろう?
ゴム系できな粉餅すくう様にやればいいのかなぁ??
アップ



先ほど東京駅へまた、銀河を見に行ってきました。あと1週間なんです。

で、東京駅に到着した時は「銀河 大阪」だった方向幕が、すべて「あ
かつき 佐世保」になってました。客車も廃車をいやがって駄々をこね
ているのでしょうか?車掌さんが指令器いじってましたが、変わる気配
無かったです。
あかつき
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:58 | コメント(2)| トラックバック(0)

トイレ到着

アメリカのBLMA MODELSの新製品「ポータブルトイレ」が到着し
ました。船便でしたが、台風が少ないのか到着が早かったよう気がし
ます。
トイレと一緒に「K-RAIL」というコンクリート製のバリケードも一緒
に注文しましてみました。こちらは断面が三角形の様な形状で、プレ
キャストのコンクリート製品が日本でも道路車線の絞り込みや構造
物、建造物の防護に使われています。
トイレ
先週より製作を開始したモジュールの中にバス折返し所が出来るの
で、トイレとバリケードは折返し所の中で使用します。
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

トイレ事情

日本のストラクチャーでトイレと言えばGM定番の「トイレと物置」くら
いしか思い浮かびません。数年前にKATOから「公園駐車場セット」
の中にも公衆トイレが出ましたがその2種類くらいです。
ところが、レイアウト王国の海外ではトイレも各種類出ているばかりで
なく、今年に入りNゲージサイズで「用をたす人」も出たから驚きです。
ドイツ「NOCH」社のフィギアシリーズからのリリースで、同社は日本
では樹木やカラーパウダーで有名なメーカーです。
トイレ1
▲左がトイレで便器もついてます.HO用は2006年に発売されてます.

洋式に腰掛けているおじさんとお姉さん等が入っていて、見えないアク
セントというか・・・マイクロ伊豆急のトイレにピッタリです。
トイレ2


こちらはイギリス「HORNBY」と言うメーカーの仮設トイレです。この
メーカーのストラクチャーはレジン製で殆ど再生産をしないメーカーで
すが、『イギリス』のためデザインがオシャレな建物が多いです。
トイレ3

このタイプのトイレは工事現場やバスの折り返し所などに見かける様
な感じです。日本の仮設トイレとは若干雰囲気が違いますが、特徴を
捉えているので我が家でもバス折り返し所に設置予定です。

ちなみに、コレとほぼ同じものがアメリカのBLMAというメーカーから
も新発売になりました。こちらはプラ製で、広告を見る限り材質の雰囲
気もいい感じです。最近、円高傾向なので注文してみましたが、船便
で頼んだので到着は11月になると思います。
BLMAは先日の「踏切材」のメーカーですが、今月の海外模型誌広告
に出ているタイトルは、社長とおぼしき人物の上に「彼は逝っちゃって
ます」の見出しと共にトイレが新製品として発表されています。

レイアウト王国でもトイレをだすのはちょっと変わってるのかなぁ?

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:29 | コメント(8)| トラックバック(0)

軌道材料

今週の吉沢は停滞気味(今まで以上に進捗が遅い)なので舶来品の
軌道材料について載せてみようかと。
踏切やコンテナ基地、路面軌道まで色々と応用の利く軌道材料です。

アメリBLMAとうメーカーから出ているもので、都会の踏切でよく見
かけるコンクリート板の踏切材です。実物は連接ブロック等とよばれる
もので、コンクリート板をPC鋼棒で緊張させています。
PC
▲1枚10センチ弱で$6.75と、ちょっと高めです

踏切以外にも、現代の路面軌道でも多用されています。道路下の軌道
を保守する際、コンクリート板を外すだけで軌道面が現れ復旧の祭は
またコンクリート板を置けば元通りになる便利なものです。
グリーンムーバー
▲広電でも.ちなみに、車両はグリーンムーバーマックス とか言うそ
 うで、ヘッポコも出来高が上がればヘッポコマックスとかに改名かも.


これはかなり特殊な使い方で、踏切内のポイントに対応したバージョン
です。真鍮製なので模型でココまでの使い方はちょっと無理かも。
連接分岐

こちらもBLMAから出ている軌道材料で、上と同じものですが、ゴム
マットバージョンのヤツです。
ラバー

安治川口のコンテナホームでは一面に敷かれていてこちらの方が迫
力ありそうです。
安治川口


意外と面倒な木製踏切ですがこちらもアメリカでは製品化されていて、
形状もかなり細かく作られています。Blair Lineというメーカーから出
ていて、3線分の踏切材が入り$6です。
木製
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

夏終了

既に先週末といいますかJAMが終わった次の週、つまり先日の日曜日
に同じビックサイトでコミケが行われました。コミケは3日間行われヘッ
ポコのお目当ては最終日の3日目でして、突入してきました。
ビックサイト
この混雑を見て頂ければ人出はJAMの比では無い事が分かります。
17万人とか言っていた様な・・・ゆりかもめは改札規制、りんかい線は
ホームがパンパンです。
何で行くのかというと、アニメの同人誌ではなく、交通系同人誌の購入
が目当て。ココでしか買えない資料があるからです。前もってブースを
チェックをしておき、今回は貨車の資料色々のほかホキ800の資料本
その他、上田交通昇圧前のCD-ROM写真集などをゲットしました。
資料本は内容がギリギリだったりなので写真は無しで・・・
看板
で、ワンフェスの比でないのがこの看板です。こちらは同人誌系の方々
なのでマジでヤバすぎます。今回写真は載せられません。この看板で
ご勘弁を・・・

松屋にはじまり、JAM、ワンフェス、コミケとヘッポコの夏はこれで終
了です。次はプララジショーまで少し休息です・・・って別に出展してる
ワケではありませんが(汗)

さて、少しは色々いじらなきゃならなのですが、暑くてどうにも塗装を
する気にならず、ストラクチャーいじりです。
アパート
JNMAにてアイコム原型師さんのブースで購入したレジンパーツとJ
AMで購入したアイコムの欧風フェンスを組み合わせてアパート前の
フェンスを製作。
禁断モジュールにアパート増築の準備です。

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

トミーテックのジオコレシリーズ「ザ・樹木」の中で一番気になってい
た「竹」が入荷したとの事でリトルジャパンへ取りに行って来ました。
リトルジャパン店内に完成サンプルがありましたが・・・
「うーん」と唸ってしまいました。まだイマジンの「竹」の方が竹らし
かったなぁっと。
竹1

コツとしてはフォーリッジをほんの少しだけ、枝につける様にした
方がいくらか実感的になるらしいです。
竹2
▲中身は枝とフォーリッジと竹を挿すベースがそれぞれ3セットあります


ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:29 | コメント(6)| トラックバック(0)

ワイヤー昇開式踏切

ホビダスからリリースされたハイパーパーツシリーズの「踏切A」が
ようやく届きました。これはワイヤー昇開式踏切の遮断機部分のエッ
チングで、洋白?ステンレスでかなりシャープに出来てます。
ヘッポコ駅脇にある踏切は第1種手動踏切を考えていたので、まさに
グッドタイミングなリリースです。まぁ、着手は夏くらいになります
が・・・
ちょっと昔の駅前の大踏切といった感じです。夕方なんかは自転車や
ら歩行者が、ドバーッっといて踏切が開くのを待っているようなイメ
ージです。工場専用踏切を除けば関東からは殆ど姿を消してしまい
ました。
fumikiri01

fumikiri02

▲支柱はH型プラ材で加工するつもりですが、遮断機部分は良くでき
ています。



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:08 | コメント(4)| トラックバック(0)

跨線道路橋

今製作中の車庫入口モジュールは、前作までのバス通りが線路を越えて
行く構造になります。橋を考えたんですが、GMのはスパン的にちょっと厳
しいんです。エバーグリーンやプラストラクトの素材で作ろうと思ったんで
すが、今後拡幅する雰囲気を出したくて悩んでました。
やはり、舶来品に頼るしかなくアメリカのRix Products製の「モダンハイ
ウェイ オーバーパス」というPC桁をプロトタイプとする橋を選定しました。

スパン的にも丁度いい感じです。

キット内容は、PC桁が5本と橋の本体とも言うべき床版部分と、一
般には側壁等と呼ばれている地覆(ぢふくと読みます)部分がセットに
なったモノです。
組み立ては簡単で10分くらいで組みあがりました。
$6.99なので800円強というところです。

hasi01
▲写真のとおり中間橋脚などもシリーズで出てます

hasi02

hasi03
▲組あがった状態。但し、せっかくの桁断面は橋台で隠れてしまいます。
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:30 | コメント(2)| トラックバック(0)

携帯アンテナ

携帯アンテナといっても電話機のアンテナではなく、基地局のアンテナのことです。
写真はBLMAというメーカーから出ている「Cell Phone Antenna Tow-
er」という携帯電話基地局のアンテナ塔です。
cell tower
丸プラ棒とアンテナ部分を再現したエッチングパーツが付いた物で、日本でもそれらしい形状の物がビルの屋上や公園のはずれ、高台などに建てられています。現代を表現するレイアウトでは必要不可欠なストラクチャーかもしれません。
ただ、値段が$12.5とちょっと高めです。

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:51 | コメント(2)| トラックバック(0)
<<  2011年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]