ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

バス上屋改修完了

先日鶴見のリトルジャパンへ行きましたが、鶴見駅の駅ビルが無くな
っていてビックリしました。
以前は模型屋さんも入っていた駅ビルでしたが、なんか寂しいです。
鶴見1

駅出入り口が南側にずれているため、リトルジャパンへの歩行動線は
良くなってます。
鶴見2

さて、モジュール内にあるバス折返し所の上屋がなかなか完成しませ
んでした
が、道路管理者と排水系統の協議がまとまり工事完成となり
ました。
改良1

歩道との段差部分にエプロンの塗装をします。
改良2

改良3

改良4

バスの上屋ポールは一般的に車道側に来るようですがヘッポコの家
のそばにあるヒルズ南戸塚の停留所は逆でした。
ヒルズ

ケースバイケースでしょうが、バス停に詳しい知人のバスターミナル
さん
によると柱が道路側でないと単純に上屋にぶつけやすいからとの
ことでした(^^;
ヒルズ2

尼崎

完成1

このあとバス停のポールを建てますが、長尺のバスだと乗降にちょっ
と厳しいです・・・(-_-;
上屋





保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:38 | コメント(2)| トラックバック(0)

セメント取卸しモジュール2期工事

今年6月の西武フェスタの際、4番ポイントのトングレール部分が取れ
てしまうと言うアクシデントが発生。とりあえず修理しても弱点となりそ
うだったので、ポイントごと交換するこにしました。
カッターで砂利ごとくり抜きそっくり交換です。
ポイント

交換後再び砂利で周りを埋めます。このあと、茶色の錆色を吹き付け
終了となります。
ポイント

そして、2期工事のメインセメントタンク付近の修正です。まずはタンク
の基礎嵩上げから。バルサ材で下地を作り、上をスムース・イットで覆
います。
基礎嵩上げ




保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:44 | コメント(4)| トラックバック(0)

修正中

451の前面塗り分けがずれてしまいまして、ちょこっと修正してました。
大体見られる様になりましたが、巨匠のと並べられるとかなり酷さが
分かります・・・
まぁ、これ以上はヘッポコ工場長にはいじれないです。
451

屋根をねずみ1号で塗ろうと思いましたら、塗料が切れてしまいました。
っと言うわけで、車両が作れないのでモジュールの修正を開始。
バス折り返し所の上屋が位置関係的にちょっとおかしかったのと、待
合いスペースが狭すぎたので拡幅工事中です。
トラックで乗務員用のトイレも届きました。この際、折り返し所にトイレ
も設置します。
バス折り返し所





保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:27 | コメント(4)| トラックバック(0)

こぢんまり

セメントモジュールのポイント切替スイッチを自作スイッチ回路にする
ため色々いじってました。回路は簡単なディスチャージ型で量産には
アキバへ行かねばならずちょっと先になりそうです。

ヘッポコのモジュールは路モジも含め、モジュール上の建物は殆ど取
り外し式にしてあります。土台を埋め込んだヤツでも、建物自体は両
面テープだけで付けてあったり取り外し簡単構造となっています。
モジュールは持ち運ぶたびにどこかを壊すので、修復を簡単にするた
めです。で、セメントモジュールの取卸し建屋を取ってみたら・・・なん
かちょっとした留置線にみえました。
並び

入口側

3両ってこぢんまりしていて、有効長もさほど必要なくいい感じです♪
今更ですが、ちょっと感激しちゃいました。
時代はスペースもECOに!
上から
▲モジュールの構想が固まってきました

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:52 | コメント(4)| トラックバック(0)

袋詰セメントホーム竣工

順番が逆になっちゃいましたが・・・
袋詰セメントホームの続きです。前の地面を切り出した部分とセメント
ホームの隙間に、プラスタークロスを詰め込み下地処理、ターフ撒き
を行い境目を消して完成です。
隙間
▲地面は電車の隙間埋めるよりも簡単です

土曜日の朝、飯能付近で山をバックにいつもの借景で写真撮ろうと思
っていましたが生憎の雨で撮れませんでした。
ホーム上には奥野さんの様に自作が出来ないため、イマジンのセメン
ト袋と、アイコムのパレットとフォークをおいて完成です。
ホーム

急遽このモジュールに電気仕掛けを行ったため、竣工が遅れました。
しかも、実験中はAC100V剥き出しで実験していたため、腕の上で
電線がショートし火傷しました(-_-;
まぁ、この電気的な火傷は1回や2回ではありませんが慣れてはいな
いです・・・
電気工作


武蔵丘のイベントは入場者数が1万2千人とかで、もの凄い人気でし
た。そして、まだ疲れが抜けないです。今日は会社から早く帰ってき
たので、以前映像会社でバイトしていた時のやり方で、フィーダーコー
ドの被服掃除してました。
コード


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

セメントホーム

袋詰セメントホームの土台は先日、アキバで切り売りしていたスタイ
ロフォームを使ってみる事にしました。
ヒートカッターの使い方が悪いのか、硬い分発泡スチロールより切り
にくい上、スムース・イットも載りにくかったです。
剥がし
▲最終的にはカッターで高さ調整しました

上屋部分はプラストラクト社と京商の素材でそれらしく組み上げます。
骨

組み上げ

テキテキ・・・とまた念仏のように言ってましたら、ヤマシタさんから
ワールドのキットを譲って頂き、工場長補佐師匠からはE851セメント
列車のセットも譲って頂き感激中です♪

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 07:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

セメント側線-その8-

年度内に二期工事着手です。そう言えば、今年度新造車両の竣工
出来高はゼロでした・・・キハ30の塗り替えだけでちょっとヤバイで
す(-_-;

コンビニ駐車場の車室枠からスタート。前回同様クラフトロボにマス
キングテープを切らせますが、今回はMrTさんから教えて頂いたマス
キングシートを使用して製作。
マスキング

相変わらず機械さんの作業は早く、マスキングシートの切り出しは1分
弱です。コレを使って秩父デキのヒゲマスキングも作れそうですが、マ
スキングテープ、ロボにセットするとき付けたり剥がしたりで保存が利か
ないのが弱点です。
剥がし
▲リキテックスにて白を筆塗り

続いて西岐鉄道から到着する袋詰めセメントの取り卸しホームも作業
開始。テキの長さが分からないのでトキ車体長+アルファでOKかな?
カッターで地面をザックリと剥がしました。
ホーム


どこぞのミサイルが落下する可能性があるとか・・・コレって戦争なの
?とか思っちゃいますが、思想的には中道のちょびっと右かな?
我が家も配備~っと思ったのですがPAC3の様な高価な機材が有り
ません。
セブンイレブンの駐車場に鎮座したのは、1/144食玩の92式地雷
原処理車。
地雷

こちらはかみコロ製のレジンキットによる81式短SAMで我が家での
防空はコレが最高レベル。かみコロはメーカーが富田林辺りで関東だと
なかなか入手できないキットで苦労します・・・
短SAM

趣味が違う方向に行く事は無いです(^^;

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:56 | コメント(10)| トラックバック(0)

モジュオフと設計変更

今年は秩父元年を掲げてますが、西武の巨匠、秩父の巨匠がヒヨコ
にもならないヘッポコをモジュオフにお誘いくださり参加させて頂きま
した。

っと、言うわけでユニトラ規格はこちらのモジュオフに参加させて頂く
のに急遽製作した物でした。念願の専用線の神・奥野さんにもお会
いできまして、とても楽しいひとときを過ごせました。
皆様巨匠の域に達した方々ばかりで、ヘッポコはちと場違いかと・・・
コチラにも詳しく・・・
ヤマシタさん
つかささん
とにいさん

101
▲裏テーマ西武101!圧巻です!

つかささんの上石寺井駅。LEDでないから均一な光がとても印象的
です。車止めが西武仕様で一発で分かりました。
ホーム

ヤマシタさんの橋梁部分はフィギアも多く、建物も細かく作り込んで
あります。意外と面倒な表札も表現されてました。
川

趣味誌にも載ったzuppeさんの雄大なモジュール。実物を見るとやはり
素晴らしいです。走るはヤマシタさんの三岐貨物。
Sカーブ

奥野さんの貨物線はとても大きく迫力あります!しかも小物達が泣か
せる配置になってます。昭和が漂います♪
廃コン

zuppeさんの100形と並べて気分は寄居。トミー仕様のモジュールで
は走行しなかったキハ35系ですが、カトーモジュールでは楽勝に走り
ました。
寄居

上のホームは将来大きなバスターミナルを持つとにいさんの駅となり
ます。バスは既に置ききれないくらいの台数!
バス

そしてヘッポコのセメント基地。元々三菱鉱業なので西武仕様です♪
セメント

スイッチャ用の引込線を敷設したつもりが、奥野さん曰く「ここは袋詰
セメントのホームだよ」っと!うおっ!実物をよく知らないヘッポコは頭
をハンマーで殴られた気持ちでした。目から鱗・・・実物を見ているから
そう言う構想が直ぐ出てくるんですよね。
テキ
▲早速奥野さんテキを留置・・・テキが欲しくなりました(>_<)

袋詰めセメントのホームが残っている場所を伺うと・・・皆さん即答で
狭山ヶ丘にあると!現地調査をせねばと言う事で、早速昨日行ってき
ました。
狭山ヶ丘

当然袋詰めセメント輸送は終わってますが雰囲気タップリです。奥行
きの関係もあるので上屋をここまで大きく出来ませんが、感じは掴め
ました。セメント側線モジュールは設計変更を勘案して二期工事に入
ります。
狭山ヶ丘遠景

帰りは西所沢駅から歩いて5分の所にある山田うどんに寄って、池袋
線経由で帰宅しました。
山田うどん

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:59 | コメント(10)| トラックバック(1)

セメント側線-1期工事竣工-

ちまちまと時間を見つけて・・・会社行く前の20分とか、寝る前の30
分とか、小学校の夏休み以来「家での時間割」を作り作業に専念して
とりあえず見せられるレベルになりました。

手前側はコンビニと道路を途中まで製作して、残りはプラスタークロ
ス、土色ブレンドターフ、緑色ブレンドターフをそれぞれ撒き空き地と
します。
本線部分は砂利を撒き終えたあと、エアブラシで#43ウッドブラウン
を軽く吹いてウエザリングを施してあります。
石膏

セメントサイロの塗色は、三菱鉱業セメントのコーポレートカラーにす
ると秩父や小野田が置けなくなるので横瀬の発駅に敬意を表し、#28
西武アイボリーで塗装。
基地
▲止まっているホッパトラックは太平洋・・・

レール側面はいつも通り、ハンブロール#62MATTを筆塗りし、進捗
率89%で1期工事竣工・・・しかし、設計変更が入ったため役所に設計
変更届を出し2期工事の調査開始・・・進捗率は76%に後退です。
全景
▲この後レール側面を塗装

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:55 | コメント(6)| トラックバック(0)

セメント側線-その6-

一日の労働時間が12時間以上という日が続くばかりか、休日出勤も
かさなり家には寝に帰るだけに近い日が続きます・・・

セメント側線モジュールは空き時間を見つけてコツコツと進行中です。
セメント基地の部分は広範囲にスムース・イットを流せないため、区画
を切り分けて流し込んでます。
上

本線部分の砂利撒きは終了。
真横

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:52 | コメント(6)| トラックバック(0)

セメント側線-その5-

砂利撒きは85%程度終了。ポイント部分への砂利撒き開始前に一
度掃除機を全体にかけたかったので、今日は乾燥の日でお休み。会
社へ行く前や帰ってきてからもチョコチョコ撒いてましたが、進捗悪い
です。

建屋はもう一度屋根部分を塗装し直して、内側の扉などを設置予定
です。外側はシャッターや車両出入り口の枠を取り付け完了です。
ピット

サイロもそろそろ着手し始めないと・・・
全景

っと言う事で今回はモジュールの残面積の関係もあり、ちょっと小型
なサイロになりますがこのタイプを2個設置します。
使用するのはプラストラクト社のラーニングキットにあるNゲージ用
オイルタンクです。ラーニングキットと言う事で入門用の簡単なストレ
ージタンクキットですが、余計な物は全て省いてセメントサイロに変身
してもらいます。
キット

高さが1ミリくらい違うので削り出しからスタート・・・
サイロ


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:47 | コメント(4)| トラックバック(0)

セメント側線-その4-

さぁ、一日模型を作るぞ!っと意気込むと、誘いのメールがあったり
頭痛持ちの頭痛が発症したり・・・枕木間の砂利撒きが亀さんペース
です。
ハマ線をイメージしているのでDD51+三菱です。三菱鉱業って横瀬
発だったような気が・・・?先日の夜横瀬駅の脇でまだ三菱マテリアル
が操業しているのをみてちょっと感動でした。
全体
▲この位置でカプラー解放させたいです

DDだと本線支障していてあり得ない配線になってます。最終的には
スイッチャで押し込みたいなぁ。
三菱

これもアリな様にしたいです。
秩父




保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:31 | コメント(10)| トラックバック(0)

セメント側線-その3-

一昨日、八王子まで行ったついでにまたまた閉店間際の道楽ぼーず
へ行ってきました。また店主さんエレキ弾いてました!
で、道楽ぼーずへ行ったついでにせっかくなので秩父鉄道の鉄分補
給に秩父へ向かう事にしました。乗務員の習熟訓練のため秩父駅に
7000系が留置されているとの情報が知人より数日前にあり、ついで
で向かって見る事にしました。

とても寂しい県道と、かなり不気味な山伏峠と言う所をとおり約45分
ほどで秩父に到着しました。
標識

しかし、構内には・・・翌朝の4000系が2本留置されているだけです。
すぐさまZuppeさんにメールを送ると熊谷に回送されたとのことでし
た・・・最初からZuppeさんに聞いておけばよかった・・・
貨物が1本あるとの事でしたが、夜10時に秩父で待ちかまえるのも寂
しく、翌日も仕事のため退散しました。
秩父

さて、あんまり進んでいないセメント側線です。ユニトラックの線路は
道床厚が厚いため工場側の地盤嵩上げからスタートです。3ミリのバ
ルサを咬ませて地盤嵩上げをし、取り卸し設備の部分は作業員の作
業効率化のためコンクリートたたき仕上げとします。
セメント2
▲コンクリート部分はいつものスムース・イットを流し込みました

セメント1

バラストを撒いてから手前側は考えます。

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:02 | コメント(6)| トラックバック(0)

セメント側線-その2

48時間労働が一日おきに2回続きバテ気味です・・・

今日は昼過ぎから外気温が上がってきたので、ユニトラ仕様のモジュ
ールに使用するストラクチャーの組立と塗装を行いました。キットはア
メリカのRix Productsのシリーズを使用します。
キット

右のエンジンファクトリーは言わば機関庫ですが、この際サイロへの
取り卸し施設に化けてもらいます。左のエレベータはサイロへ汲み上
げ、振り分けるエレベータでセメント基地には不可欠です。

説明書等は全てアチラの言葉ですが、絵がしっかりしているので全く
読まなくても読めなくても作れます。
組立中
▲パーツはそんなに多くないです

コーナー部分は芋付けではなく、特殊な断面形状の角材に貼り合わ
せ隙間無く組み立てられとても出来がいいです。
角

窓、ドア、シャッターなども全てはめ込み式です。
はめ込み

とりあえず外壁の塗装まで済ませましたが、日没と共に外気温が下が
ってきたので今日はココまでで終了。
完成

イメージはこの辺の寄せ集めと、昔の南橋本を足して割った感じです。
この時の放浪もイメージです。
設備

矢板

やはりエレベータは目立つので設置させたいです。
坂祝



保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:22 | コメント(6)| トラックバック(0)

余り物で・・・

急遽、ユニトラック規格のモジュールを1台だけ作る事になりました。
600ミリだと作りたいアイデアが浮かばず、900ミリの台枠をリトルジ
ャパン祐天寺店にて購入。

元々お座敷用にユニトラックの線路を持っていたので、その中からチ
ョイスして配線を計画。
着手
▲ポイントなどは箱に入っていた時代の物

作りたい場面は色々ありますが、側線を交えてこんな感じに・・・
敷設
▲タキ1900が似合う風景にしたいです

昨夜、飯能の先にある道楽ぼーずへ行ってきました。着いたのが閉店
15分ほど前できっと常連さんがいっぱいいるのだろう、っと思って行く
と店主さんエレキ弾いてました(^^;
店内もブライアンセッツァーがBGMで流れてるしいい感じのお店でした♪
アンケート配られ、「近いですか?」の問に、「東京ですがまた来ると
思います」と答えてしまいました。
道楽ぼーず

帰りは一般道でR299→五日市街道→東八道路→R20→多摩堤通
りでウチまで2時間半かかりました(汗)

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:00 | コメント(6)| トラックバック(0)

勉強中!

Zuppeさんに教えて頂いた秩父鉄道のバイブル!鉄道ピクトリアルの
秩父鉄道特集号を先日、アキバのポポンで購入しました。ちょっと高
かったですけど、ビニールに入った美品だったので迷わず購入。
そして、西武、東武特集号も、一昨日のワールド工芸帰りに神保町の
書泉グランデで購入しました。
本

そして素材も勉強中です。バラストやカラーパウダーの固着には、今
までウッドランドシーニックスのボンド水溶液を使っていましたが、今回
からはモーリンのスーパーフィックスというのを使用してます。
界面活性剤が入っているようで謳い文句どおり、バラストやパウダー
に垂らしてもダマになりません。
ウチでは今後コレが標準の固着材になりそうです。
ボンド

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:53 | コメント(12)| トラックバック(0)

砂利積込モジュール

枕木掘りでつかれまして、放置気味だった砂利積込モジュールです
が、架線柱のパイプを埋め込みました。
ヘッポコ鉄道では架線柱の破損を防ぐため、建植位置にΦ1.4の真
鍮パイプを埋め込み、架線柱にはΦ1.0の真鍮線を埋め込んで脱着
式にしてあります。
埋め込み

架線柱

使用していたパイプは恵比寿のミスタークラフトで購入してましたが、
お店が廃業してしまったようで困ってます・・・
末期にはこのパイプを作っていた工場もやめたとかで、ストックを多め
に購入できませんでした。
途中から真鍮線の径を替えたりすると、今までの架線柱と互換性が
なくなりこれも困ります。
パイプ

また作業止まりそうです(-_-;
全体


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:57 | コメント(2)| トラックバック(0)

進捗憚らず

枕木の発掘作業に手こずってます・・・

石膏の流し込みは、次回から方法を考えないとダメです。精密ドライ
バーで擦っていましたが、新兵器「千枚通し」も導入し発掘作業を継
続。
写真では上から下り線、上り線、材料3番線、同2番線、同1番線とな
っていまして、一番有効長のある材料2番線はほぼ発掘作業が終了
しました。
モジュール
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:58 | コメント(4)| トラックバック(0)

発掘中

出掛けてばかりで模型にあまり手を出してませんが、枕木発掘作業は
継続中です。
砂利積み込み施設で線路が土に埋まった状態を再現するため、石膏
を線路一面に流し込みましたがやりすぎてしまいました。しばらく枕木
の発掘作業が続きます。
石膏

発掘の終わった箇所は土の表現をするためグレインペイントの「地面
(明)」を薄目に塗ってみました。
グレイン
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:47 | コメント(4)| トラックバック(0)

電線

我が家のモジュールは基本的に持ち運び仕様なので、架線などの類
は設置してません。壊れちゃうし、調整難しいし、運転の邪魔になるし・・・

しかし、外へ持ち出して横側から写真を撮るとなるとやはり間抜けです。
もっとも、モジュールで唸らせる様な技術があればどうって事ないので
すが、そんな技術は無いので緻密性に頼るしかありません。
写真撮影用に架線も作らなきゃと思う1枚でした。
横
▲非電化みたいで上空がちょっと間抜けです
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:01 | コメント(8)| トラックバック(0)

妄想スパイラル

いい加減に模型いじらないと・・・

妄想し始めると止まらないです。仕掛かり品をなんとかしなきゃなら
ないのに飽きやすいと言うか、根気が無いというか、次のモジュール
の妄想中です。
アメリカの素材メーカーである「プラストラクト社」のラーニングキット
を購入してから一向にイメージが湧きませんでしたが、三菱タキも出
たのでセメントデポに決定。
セメント2

セメントタンクは複数組み合わせてみます。さて、実物を観察に・・・
と思いきや、渋川とか実物のセメント輸送が昨年からほぼ壊滅状態な
のでもっと撮っておけばとこれまた後悔です。
どうしよう・・・

車両を並べるともう完成した気分で妄想中毒中です(-_-;
セメント1
▲もう少し大きいタンクも必要です
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

高床ホーム

仕掛品ばかりになってきてます・・・今年度も3ヶ月が過ぎようとしてま
すが竣工車両がゼロだったり・・・

先日ちょっと出してみた砂利積込場モジュールですが、引っ張り出し
た勢いで工事が進捗し始めました。高床ホームのペーパーかけを行
いサブテレインの「コンクリート」色を塗り無垢のコンクリートホームっ
ぽくしてみました。
ダンプアップ

角っこの弱い所は石膏が剥げてしまったので、硬めのスムースイット
でリペアして見た目を整え直します。
今後は積込線部分の土と化した道床を、プラスタークロスとスムース
イットで製作していきますが、表現をうまくやれるか心配です。
ダンプアップ2
▲ダンプアップするホームの高さとしてはOKです!

無蓋車の砂利はウッドランドのB74を使用していますが、取り外しが
出来る様ラップで貨車と縁を切ってからボンド水溶液で固着してます。
ラップ


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:18 | コメント(2)| トラックバック(0)

砂利積み場モジュール

貨物側線のモジュールは、仕掛かり品が何台かありましてブログには
アップしていない物も少しあります。仕掛品シリーズとしてその中の1
台であります砂利積み場のモジュールです。
砂利計画
▲側線はトキ,トラ5両分位の有効長

むか~し昔、ヘッポコ工場長が小学生の頃身延線で見掛けた砂利積
み込み施設が異様に頭に残っていました。高床ホームから無蓋車へ
砂利を積み込でいる光景です。
当然現代には無蓋車に砂利を積む光景は、地方私鉄の一部だけでし
か見掛ける事は無くなりました。それでも真鶴駅に隣接した砂利積み
込み施設などは何度となく訪れ、記録しましたがこちらも今はもうあま
り使われていないようです。
真鶴1
▲真鶴工臨でも有名だったホキ800

真鶴2
▲積み込み場のストックヤードには山盛りの砕石

その後トワイライトゾーンマニュアル4に載っていた西武多摩川線是
政駅の砂利積み込み施設で目が点になり、同じくマニュアル13に出
ていた東武の無蓋車、マニュアル14に出ていた小田急の貨物列車と、
本が出るたびに驚きマニュアル15に出ていたズバリ「身延線の砂利
列車」で失神しそうになりました(笑)


そんなわけで、ちょっと思い入れのある砂利積み込み場が題材で、現
代にも生き残る無蓋車への砂利積み場をモデルとしたモジュールです。
当初、山間部にある採石場として作るつもりでしたが色々詰め込み過
ぎても仕方ないので、付近の山から山砕石をダンプで運んできて、こ
の高床ホームから無蓋車へ積み込む想定に変更しました。

写真上の白い長方形の部分が高床ホームで、あとは無蓋車とホキの
留置線。上から4,5番目が本線です。
ホームは発泡スチロールと石膏で製作して、地形に合わせてホームが
出来た様にするため周りを高台にしてます。
砂利現状
▲この状態で一年以上止まってます・・・

そして、手前側には更に別の貨物線へ線路が延びていた想定の廃線
跡を設置し、線路を途中でぶった切った先に、建物コレクションの狭小
住宅を置いて建て売り風にしてみます。
狭小住宅
▲実際は北側斜線の絡みで屋根の向きが揃ってないと不自然です

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:54 | コメント(3)| トラックバック(0)

展望画像

先日、1年半ぶりにモジュール仲間?と集まり運転会を開きました。
RFシステムのカメラカーを持っていき動画撮影も。そのままでは音が
なくつまらないので、吊掛車の音を合成してます。
編集に時間をかけるときりがないので今回はあっさり目です・・・

本当は「世界の車窓から」の音楽をかぶせましたが、ネットでの公開は
著作権の絡みがありますのでちょっと難しいです。


それでは、かっ飛ばす吊掛車でご案内です♪


上の画面をクリックしYouTubeへ飛んだ後、画面右下にある「高画質で
表示」をクリックするともう少し鮮明に見られます。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 14:33 | コメント(6)| トラックバック(0)

久々にモジュール

屋外での作業になるモジュール製作ですが、暖かくなってきて少しは
作業が出来る環境になってきました。
久々にいじったのはバス停上家と公園部分です。

バス停上家は、GM路面停留所の屋根をバルクパーツで購入したも
ので、片持ち支持のため固まるまでマスキングテープで控えを取って
ます。
バス停

公園はアイコム製の手持ちで前作の続きになります。
しかし、休みのたびに天気が悪いです・・・
公園

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

電磁石

舶来物が昨日届きまして、今日開封してみました。ら、1年半ほど前に
注文したキットやらなにやらで、中身はバックオーダーだらけでした。

今回メインで頼んだのはアンカプラーの電磁石版です。「マグネ-エレ
クトリック」とありますが、単なる電磁石です。
電磁石

中身はコイルの他にコンデンサーとブリッジダイオードです。そこへ交
流18Vを入力と書いてあるのですが、コイルがモジュールの台枠より
はみ出る事が判明(-_-;
コイル

コイルから作り直しになりそうです。貨物専用線というか貨物ホームの
中に組み込みたかったので、リアルタイムで操作できる方式にあこがれ
てましたが、ちと時間がかかりそうですので諦めます。
トミックスの解放ランプレールを改造して代用します・・・(T_T)
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:47 | コメント(6)| トラックバック(0)

街道と集落

製作中のバス折返し所モジュールも完成が見えてきたので、次のモ
ジュールの構想を・・・基本的には行き当たりばったりですが・・・

次は稲荷山の反対側に来るモジュールを予定しておりまして、街コ
レ第6弾の消化でもあります。実際の街道沿いをながめるのも好き
なので、思い通りのモジュールにしたいと期待イッパイです。

街コレ第6弾が甲州街道ということで、甲州街道中心に・・・
街コレの建物はなかなか特徴を掴んでまして、街コレによく似た建物
をあちらこちらでかなり見かけました。基本的には鳥沢~笹子峠の手
前位まででしょうか。

こちらの写真は国道20号線の旧道で、その昔は白野宿という宿場町
でした。この集落の沿道で事故が絶えないため、沿道に住む市議会の
議員が、昭和60年頃バイパスの設置を要請し現在は100m程離れた
所をバイパスが真っ直ぐ貫いてます。その後は事故どころか車が通ら
なくなり、集落は静かになったと言う事です。
白野集落
▲白野宿

更に旧道の旧道は道も狭く現在は私道の様になり、舗装も痛みきって
ます。
更に旧道
▲笹子駅付近の旧道

笹子駅付近で笹子餅を食べながらうろついてると、スカ色115系が
やって来ました。スカ色も捨てがたいなぁ・・・
笹子駅
▲かつては賑やかな駅でしたが今はひっそりとしてます

こちらは場所が変わりまして、街コレ第6弾の建物を並べたかの様な
沿道も残ってます。かなり街コレっぽいです。
鳥沢
▲鳥沢宿付近.街コレはこの辺がモデルでしょうか・・・

こちらは街道が変わりまして、長野県内にある北国街道の保存宿場
町です。県、市をあげて江戸時代からの建物を保存してあります。こ
うやって見るとどこも似てるなぁ・・・
北国街道
▲北国街道の海野宿

しなの鉄道の線路と並んだ北国街道の旧道です。スペースの制約上
モジュールでもこんな感じにしないとダメです。
信越線


ブログのカレンダー、時計がおかしい様です。再度アップし直し。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:09 | コメント(3)| トラックバック(0)

バス停上屋

バス折返し所の雰囲気を掴むためとトイレを観察するため、昼間に東
急バスの「道中坂下」折返し所に行って来ました。
折返し所
何の変哲もない折返し所でしたが、上屋、バス停ポール、トイレと見所
タップりでした。待合室があったり自販機があったり、こういう施設は
現地でちゃんと観察しないとダメな様です。
単なる空き地の折返し所もありますが、せっかくなので道中坂下のよう
に、バス停部分に上屋を付ける事にしました。
トイレ
▲気になっていたトイレの目隠し状況もしっかりと観察

上屋は以前、末期GM大山店がストラクチャーセンターと化していた時
バルクパーツで買っておいた「路面電車停留所」の上屋を転用する事
にしました。早速長さ調整から工事開始します。
模型

最近ラッピングバスにかなり興味がありまして、デカールを作りたいな
と思い素材探しに・・・東横特急のラッピングをした相鉄バスに出会いま
した。
東横特急


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

やめた

ジオコレの「竹」を購入しましてようやく組んでみました。が、2本とちょ
っと作製した時点で・・・全然竹に見えません。お刺身に付いてる「シソ
の実」にしかみえませんです。パッケージの写真を見るとそこそこの出
来なのですが、ヘッポコが作ると・・・やはり、作り方が悪いのでしょう。

完成品が出てくれれば良いのですが。
竹

雑木林の入口を竹林にする予定でしたが、どう見ても「竹」には見え
ません。素直に諦めて単なる雑木にします。
竹林
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:17 | コメント(6)| トラックバック(0)

植栽

ターフ類を撒き終えて植栽に入ります。公園側は植える木が決まっ
てますが、農家側はまだ決まってません。色々農家を覗くと表側は
松とか植えて有りますが裏側は、柿の木があったり鬱蒼としていた
り、といった感じです。
農家

農家裏側にも若干植栽をしなければなりませんが、いい木が見あた
らないです。公園はプライザーのベンチを置こうと思い、家中探して
も見あたらない(汗)どこへしまったのだろうと思いつつ半日が経過し
ました・・・
生垣はドイツブッシュ社のHO用をカットして使用。N用のは単なるス
ポンジですが、HO用のはパウダーが塗してありN用より若干見た目
がいいです。日本ではハンズや天賞堂で売ってました。
モジュール

農家と農機具倉庫の間は畑にする予定ですが、これまたブッシュ社
の畑シートを使用します。
モジュール

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 14:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

砂利撒き完了

軌間内の枕木間にも砂利を撒き終えまして、漸く工程の半分というと
ころです。この後はパウダー、ファイバー撒布となります。樹木も若干
植えるのですが、左端が雑木地区になるのでどういう樹木にしようか
と考えてるんですが木は難しいです。ジオコレの樹木は数が少ない植
林だと、ちょっと使いにくいです。
モジュール

線路はこのあと「マホガニー」軽く吹き付け砂利にサビサビ感をださせ、
ハンブロールでレール側面の錆色を塗装します。
砂利


今日品川駅をうろついていたらE655に遭遇しました。話しには聞いて
ましたが露出の難しい車です・・・実際に見た色と全然違います。
E655

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

やり直し(-_-;

稲荷山トンネルを出た反対側で車庫との合流地点のモジュールです
が、全くすすみません。隣接するモジュールが3つになるためどうして
も地形が合わず、稲荷山の続きにはもう1枚別のモジュールを介入さ
せることにして、やむを得ず山を解体しました。
解体前
▲まだ発泡スチロールとプラスターのみだったので解体は楽でした

5分ほどで解体が完了。昔の計画線が出てきて遺構調査してるみた
いでした(爆)
車庫への分岐線の位置をずらし、広がった土地にもうじき発売の神社
を置く予定で一件落着・・・って入らなかったらどうしよう・・・
更地
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

道路工事完了

バス通りは、街渠、路側帯、センターラインの塗装が終了しまして、
接続する細街路の停止線も書き終えました。細街路には津川のイン
レタで「止まれ」を入れる予定。標識と電柱を建てれば道路工事は完
了です。線路は半分程度バラストを撒きましたが、このモジュールに
は初めて地上信号機が付くので取り外しをどのようにしようかと工法
と工程を検討中です。
農地と公園はサラサラッとパウダーを撒くだけなので今回のモジュー
ルは目標通りに11月中に完成しそうです。
モジュール


今朝近くのセブンに行ったら「続・三丁目の夕日」の情景フィギュアがあ
りまして早速4個購入。朝6時半の時点で12個入りのうち2個が売れ
てました。
3丁目
4個の中身は、鈴木オート、駄菓子屋、都電、ミゼットとまずまずでし
た。東京タワー以外は当たりと見ていますが、都電とタバコ屋は何個
か欲しいため帰りがけにまたもやセブンへ。しかし、「情景フィギュア」は
既に完売という状況。次回の入荷も分からないとの事で、他のお店を
探してみます。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:55 | コメント(2)| トラックバック(0)

小変化

製作中のバス通りは、道路拡幅が終わったばかりなので沿道に建つ
家は比較的新しい家が多い・・・と言う設定です。実際に用地切り取り
の他に、現状回復工事等と呼ばれ、公共事業の中で新たに家を建て
直す費用を出してもらえます。そりゃ当然です!
家並み
▲実際に最近4車線に拡幅された道路.家並みが新しいです

比較的新しい家を模型でと思うとまず浮かぶのはKATOの住宅シリ
ーズですが、3種類で色違いを含め6バージョンとちょっと乏しいです。
かといって、家をフルスクラッチ出来るほどのウデはなく、アイコムの
エッチングパーツで小加工と言った感じです。
前作のモジュールから剥がす時、外壁を痛めてしまったため外壁を
切り取りアイコムパーツで車庫にしてしまいました。
二世帯住宅
▲アイコム製エッチングは加工しやすいです

来春にはトミーの建物コレクションから現代住宅が出るそうですが、
全体の雰囲気としては1970年代後半から1980年代までと言う感じ
です。第5弾「C」のみはヘッポコ的には行けそう♪
ジオコレ

家を小加工していて、成金チックな家になったので車庫にはベンツの
Eクラスを配置しました!
ココのご主人が仕事に行く時は↓こんなリムジンが迎えに来ます。
リムジン
▲大型免許持ってないと左へ曲がる時、絶対擦ると思います

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

バス折返し所

今日は気持ちいいくらいに天気が良かったですが、塗装の方は所用
が立て込み余り進みませんでした。午前中から早速蒲田へ!
蒲田
HOメインなのでNであるのはマイクロくらいですが、明日以降アップ
予定です。ちなみに、明日、月曜日はブログ定休日です・・・

バスの折返し所・・・何となくイメージはあるのですが、よく観察したこと
はないなぁ。で、折返し所ってどこにあるんだろう?
あかね台と勝田団地しか知らない(汗)
相鉄バス
ここ1週間程、駅前のバスロータリーなんかを観察してますが、折返
し所とはちょっとイメージが違う感じです。
昔、ヘッポコが社内の異動で工事関係の部署へ配属された時の一番
最初の仕事が、とあるバスターミナルの舗装工事でしたが、もっとよく
観察しておけば良かったと後悔。

折返し所
モジュールの折返し所はバスが2台ほど入るスペースですが、もっと
こぢんまりしたのをイメージしてたのにもう遅いか。
やっぱ計画性がないなぁ。


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:21 | コメント(6)| トラックバック(0)

バス通り

本日は午後から蒲田地区へ潜入予定でしたが、関東地方は激しい
雨・・・ヘッポコの家からは京急のアクセスではないので、駅から会場
までかなり歩く・・・等の理由で明日潜入する事にしました。一応今年
最後のイベントかな?クリスマスには北関東連合会が有ったっけ・・・

さて、雨が激しいので塗装も出来ず、模型ショーも行けずなのでモ
ジュールの続きをやりました。えっ?吉沢ぢゃないです(^^;
バス通りの大まかな形は作り終えたので、今回もサブテレインの塗
料でアスファルトを舗装。線路手前側は隣接するモジュールの続き
でアイコム公園となり、残りの土地は農地として整備です。
真ん中と左側のKATO住宅の間はバスの折返し所になります。
モジュール
▲農家はジオコレ消化! まぁ相鉄沿線という感じで・・・
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:23 | コメント(2)| トラックバック(0)

道路査定

別に道路に甲乙を付けるわけではありません。道路と民有地の境界
を確定する作業を「道路査定」といいます。土地なんかを購入して公
道に面していると、大抵はやる測量作業です。
道路には道路台帳と言うモノのがあり、道路幅員などが確定したもの
については載ってますが、その確認の意味で測量する場合や先祖代
々と続く土地所有者(地主)とのもめ事で測量できず今日に至っている
が相続で物納となり、仕方なく測量をする、というケースもあります。
でも、実は測量し直すと道路がずれていたなんて事もざらにあります。
土地を購入したら道路査定は必ずした方がいいです。

我が家のバス通りも道路査定が終わり、早速スムース・イットにて道
路を作成しました。
モジュール
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

バス通り延伸

我が家にはとてもお見せできない、もう一つのモジュール「新幹線モ
ジュール」がありまして、2年程前地震で立てかけてあったモジュール
が倒れて部分破損し、暇を見ながら修理してました。
が、暇が無いので進まず、ストラクチャーを移設して現在製作中のモ
ジュールへ組み込んでしまおう、と言う事にしました。
新幹線
▲もともとは築堤でしたが、壊れたので高架化にしました

いつものバス通りですのであれこれ考えず、サクサクっと行くのが今
回の方針です。とりあえず、取りやすい建物から剥がしまして、ザザッ
と並べてみました。
バス通り

モジュール1台/1.5ヶ月なんていう目標もありましたが・・・
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:38 | コメント(2)| トラックバック(0)

モデル

吉沢駅の屋根に使うスレート材は倉庫に持っていってしまったようで、
取りに行くまで工事ストップです。

で、信号所の方のモジュールを・・・出入庫線側の山をもう少しせり出さ
せました。
信号所2
▲発泡スチロールで軽く成形
moju-302
▲以前のは擁壁も撤去しました

信号所の出入庫線界隈はモデルとなる場所がなく、なかなか地形が
決まらないので延々と進みません。以前「好きなシーンの空想化で模
型を製作・・・」と書きましたが、「見た事のあるシーンを良い所取り」み
たいな感じでモジュールを製作してます。

ヘッポコ鉄道メインストリートのバス通りですが、このモデルは実際に
ありまして小田急多摩線沿いの通りなんです。場所で言うと川崎市麻
生区白鳥2丁目になります。
白鳥2丁目
▲ヘッポコ少年には何故か印象が強く残っていました

今から30年近く前、ヘッポコ工場長が小学生の少年だった頃、小田急
多摩線から見たこの風景がエラク気に入りまして、いつかこんなジオ
ラマを作りたいと思いつつ早30年と言ったところです。勿論、自分の作
りたい道路拡幅工事も入れ混ぜちゃいました。
昭和50年代前半の小田急多摩線沿線はまだ「街」が未完で、山、空き
地、造成地、新築住宅があり、まさに「模型」を作ってる様に映りました。
モデル
▲実際の通りにはバスは走ってないです

そんなある日、いつもの様に多摩線へ探検に行ったヘッポコは、ある
刑事ドラマのパトカー大行列の撮影現場を目撃しまして、迫力の凄さ
にそのまま気絶する所でした。鎌倉で「俺たちの朝」のロケ現場は2~
3回目撃してましたがそれ以上の衝撃でした。もの凄い人達と車で、人
も車も通行止めにして大がかりなロケでした。
パトカー
▲左端の小学生は子供の頃のヘッポコかもしれません・・・

モデルとなるシーンがあれば、意外と早くモジュール作れるんです。

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:55 | コメント(4)| トラックバック(0)

早速手直し

いつも通り、検討をロクにせず製作してるため製作中に気になる事が
出てきまして、手直しを。

斜め道路に対して線路と民家が平行している単調さが気になり始め、
お手軽で行こうと思っていましたが実物に近づけるべく手前の民家を
斜めにすることに。
民家
▲実物の民家.手前が多摩堤通りで右側が吉沢駅跡地.

このお宅の線路側の塀は砧線が走っていた頃のままで、当時の写真と
同じ塀です。昭和43年頃このお宅は2階建てになった模様.
モジュール
▲街コレを流用しているため、道路側が太ってますがその辺は・・・

土台をバルサにしたため、プラスターがガッチリかんでおりカッターで
地面剥がしをした後、民家自体にも若干角度を持たせ斜めに接着し直
しました.でも、実物の様に鋭角な角度を付ける事は出来ませんが手
前に路地を持ってくる事が出来そうです。

ホームの高さを見るため、購入後一度も箱から出していなかったデハ
80形が登場♪砧線はデハ60形しか入線してませんでしたが、製品が
出ていないので代用ということで。
ちなみに、リトルジャパンの購入検査標の日付が2004/09/19というこ
とで、買ってから3年後に漸くシャバへ出てきたデハ80くんです♪
吉沢駅模型
▲このアングルの現在地が↓です
吉沢駅跡
▲画面奥の信号が多摩堤通り.歩道内マンホールのある所に画面
 左右方向へ今でも水路があります

水路
▲現在の水路.当時は農業用と思われますが、現在は暗渠になり
 都市河川になってます.


ついでに中耕地3号踏切のあった多摩堤通りの様子です。当時の道
路幅員のままでして、当時から相当広い道路を形成していた事になり
ます。
中耕地3号現在
▲右から車が出てきた辺りが線路敷で,左側が吉沢駅のあった場所.
中耕地3号模型
▲もう完成した気分で妄想の世界です.(バスはD-Trainさんから頂
 きました)


やまだたにさんの仰るとおりで、こういう事をやっていると先に進まな
いんですよね・・・(^^)

現地調査の帰りにはお約束「玉電に出会える店 SOVA処 大勝庵」
にて食事をしました.店内には、70形の運転台をはじめ玉電関係の
ものの他に、吉沢駅周辺の当時の写真や航空写真まで飾ってあり大
いに参考になりました♪
大勝庵
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:48 | コメント(2)| トラックバック(0)

工作の秋

ここ数日涼しく過ごせる日が続いていて、模型製作が捗る・・・ハズです。

今日は午前中で仕事が終わってしまったので、午後から製作開始♪
当工場の塗装場は屋外なので、こういう陽気だと塗装なんかも進みま
す。踏切の製作をと・・・以前買ったはずの踏切が見あたらず、リトル
ジャパンへ。どこへ仕舞ったんだろう?
工作したもの
▲手前の家の門を塗装.踏切はこれから製作開始.

昔の東急線の踏切は、遮断機が今の様な細っこいヤツではなくゴッ
ツイ器具箱の後ろからニョッキリ遮断桿が出ているタイプでした。昭和
52年くらいまでは殆どこの形でして、吉沢駅前の踏切もこの旧タイプ
でした。再現すべく遮断機を製作開始です。
踏切警報機本体も昔は器具箱の上にゴッツく乗っかっていたりして、こ
ちらも昭和50年代前半に無くなってしまい、そのゴッツイ器具箱も東急
線にはもう何個も残ってません。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:19 | コメント(2)| トラックバック(0)

地面師

というと、普通は謄本などを複製したり、本人になりすまして土地の
詐欺を働く人を指します。
が、そんなモノとは関係なく、こんな言葉が似合うヘッポコではあり
ません。悪戦苦闘の連続です・・・
ベース嵩上げ

「道床厚」という枕木下から地面(地表)までの砂利の厚さを示す言葉
がありまして、列車の本数や等級によっても変わってきますが、概ね
250ミリと言う数字になります。
しかし、今路モジで製作している砧線や、地方のローカル私鉄などは
道床厚などは存在しなく殆どの場合、地表の上に直接枕木が乗ってい
る状態です。なので、水はけの悪い所だと枕木周りがズブズブになっ
ていたり、乗り心地も酷くなります。

線路の周りが砂利で盛り上がった表現をしないため、周りの地面部分
をユニトラックの線路高まで、若干嵩上げが必要になり、とりあえず、
3ミリのスチレンボードで嵩上げをしました。先日の道路部分も嵩上げ
になります(手戻りばかりなので工作が遅いんです)。
吉沢駅は駅の中を小さな水路が横断しているため、水路部分を嵩上げ
しない事で逆に水路の表現が出来そうです。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

道路作業開始

道路線形が決まりいよいよ道路製作です。
今回もウッドランドのスムースイットによる道路になります。
ベーピングテープですが最近入手したヤツは糊と裁断バリが
酷く、テープに剥離紙が残ったり、剥がすと土台にテープの
糊が残ったりでちょっと粗悪品です・・・

209
隙間の多い発砲スチロールの上なので、今回は少し硬めに溶いた
スムースイットで流し込みます。

210
流し終えた状況です。が、まぁ、真っ白でなんだか分からない
ですが(-_-;
拡幅工事中の仕掛のため下地にプラスタークロスを敷いているため
道路はもう一度流し込みかさ上げする予定です。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 04:57 | コメント(2)| トラックバック(0)

成形完了

山の斜面はなんとか不自然にならない勾配まで下げる事ができました。
山肌部分には下地材としてアンダーコートグリーンを塗布。バス通り
の反対側はどうしようかと思案中です。
多分、お墓だなぁ。
208

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 14:23 | コメント(5)| トラックバック(0)

プラスタークロス

漸く山肌になる箇所全部にプラスタークロスを貼り終え、今後は線路側
の工事にも着手予定です。
道路は相変わらず、拡幅工事中の都市計画道路になる予定です。

206

207
進捗率は5%くらいです(汗)

しかし、今日は天気予報があてにならず困ってます。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

東武百貨店鉄道模型フェア

今年も行われている、東武百貨店池袋店鉄道模型フェアに行って来ま
した。以前は限定「北村くれは」が売られたため初日に行きましたが、今
回は限定モノの予告が特に無かったので、本日出遅れでの潜入となり
ました。
前回の時は、市場から消えたトラコレ、バスコレ等がかなりの量で
販売されていましたが、本日は特に無し・・・初日にはいっぱい有った
のかなぁ?
toubu01
▲デパート売り場内のため全景写真はありません.

詳しくはこちらのページへ

さて、モジュールの方は太らせる山の地面は発泡スチロールではなく、
古新聞を丸めて嵩を取りその上からプラスタークロスを貼る方法ですす
めます。
moju203



保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

山の土留め

車両製作も少しずつ復活しまして、併せてモジュールもちょっとずつ
製作を再開しました。
山の土留めとバス通りで悩んでいましたが、懐部分をせり出し山の斜
面部分をなんとかイメージ出来るようになりちょっとだけ発泡スチロ
ールを削り出しました。
来月中には何とかなりそうな感じです。moju-302
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:42 | コメント(2)| トラックバック(0)

分岐地点

ようやくモジュールが再開できそうです。
分岐地点を移設して山の懐をせり出しました。よって山麓のバス通りが
作れて、法面も緩くすることができそうです。
法面の形状でほぼ10ヶ月近く止まってました。モジュールが3ヶ月で
1スパンの年度目標は達成率0(ゼロ)です。

moju205

先ほど沿線住猫さんからメールを頂きまして、とらえもん鉄道管理局
のとらえもんさんが亡くなられたとのこで、残念に思います。
とらえもんさんとは、十和田観光の旧型車置き換えイベントの時お会
いし私の車で撮影ポイントまでご一緒したのが最初でした。
ご冥福をお祈りします。

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:23 | コメント(2)| トラックバック(0)

信号場

信号システムを構築するにあたり、今製作中?の信号場があの場所に
あるとどうしても信号機が建てられないという事態になってしまいま
した。その他にも崖がかなりの急斜面のため、土留めの表現が出来な
いとかありまして。そのため車庫部分の合流箇所を移設することにし
ました。
本線との合流は次に来るモジュールに設置し、更に車庫への分岐箇所
は信号場の扱いでしたが、停車場(今後作るヤツ)の一部として格上
げしました。

204

203
▲分岐箇所を移設し、信号場→停車場へ格上げさせました

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:56 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]