ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

ワム

最近暇さえあれば紙輸送のワムを撮りに行ってます。が、先月くらい
から休日は結構人が出てくるようになりました。
今までマッタリ撮れていたのですが、人を切ろうとすると、ワムも切れ
ちゃいます。
ワム

EF66牽引というのも魅力なのでしょうか。
ワム

ワム後

午後から会社へ行く時によく利用していた踊り子104号は、今月の改
正で平日走らなくなってしまいました。いつも戸塚駅付近でワムとすれ
違ってましたが、この車窓から見られなくなり残念です。
踊り子




貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 01:30 | コメント(8)| トラックバック(0)

身延線の砂利ホームを訪ねて-井出駅-

うちから身延線沿線までクルマで行くと、新湘南BP→西湘BP→箱
根新道→R1→西富士宮道路と、今なら無料区間だけでたどり着け
ます。まだETC1000円の恩恵は受けてませんが、無料区間の恩恵
は受けました。

トワイライトゾ~ンマニュアル15には載ってませんでしたが、井出駅
に側線が1本だけあるのがわかりクルマを止めて下りてみました。
ポイントは横取り装置になっていますが、昔は普通転轍機だったの
でしょうか・・・
井出1

駅は崖、線路、道路、富士川と猫の額のような土地に、ちっちゃな駅舎
があるだけです。
井出2

井出4

貨物ホームか砂利ホームか、土地の高低をうまく利用した貨物ホー
ムがあります。
井出3

井出5

これが砂利ホームだったらかなり面白い造りだと思います。


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

身延線の砂利ホームを訪ねて-内船駅-

風邪っぴきになってます・・・
先月中旬甲府へ行ったついでに身延線の砂利ホームを訪ねてみまし
たが、若干の痕跡は発見出来ました。甲斐岩間駅で日没となったため
後日再調査となり、先日行ってきました。

トワイライトゾ~ン15に載っていた砂利貨物列車の記事を頼りに探索
です。
駅舎


現在も上下副本線の他、側線も1本あり設備的に大きな駅ですが、当
然貨物列車はやってきません。
内船1

内船5

一般貨物ホーム跡はありましたが、奥にあった砂利ホームは跡形も
ありませんでした。
内船3

左側にも砂利ホームがありましたが、こちらも痕跡はありませんでした。
内船2

駅構内には砂利を彷彿させるモノは見つけられませんでしたが、近く
を流れる富士川の河川敷には砂利屋さんが操業してました。
選別

選別3

今は川砂利では無く、山採石をダンプで運んできてそれを選別機で振
り分けているようです。
選別2

機械の古さから見ると昔はこの地で川砂利を採取して、それを内船駅
に運んでいたのかと思われます。


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

安善と米タン

つかささんより「そろそろ米タンのタキ38000も危ないッスよ」と先日話
を聞きまして、まだ記録していないタキ38000を見に行ってきました。
数年前に行ったその時の写真と比較してみます。

向かうに際し、乗った東海道線がクロスシート車で、珍しくボックスに
座れたため横浜駅で乗り換えず、一旦新橋駅まで行きました。
鶴見駅中間改札口で発券される緑地紋の乗車券が欲しく、わざと乗
越しになる乗車券を購入して戻りました。
乗車券

鶴見線に乗る事10分ほどで安善駅に到着しました。
駅舎

安善駅前の踏切から構内を見た写真ですが、右側にタキ1000の米
タンが見えます。
並び現況

こちらは5年前ですがさほど変わりません。
5年前並び

安善駅から奥にある昔の浜安善駅方面へ歩いていきます。5年前に
はまだあった浜安善駅の駅本屋が無くなっていました。
浜安善現況

こちらが5年前で、この時側線の途中に第4種の車止めが設置された
ばかりで車止めは新しく、うしろの道路上にはまだレールが残ってま
す。
浜安善駅舎

駅名板には東京南鉄道管理局と書かれていました。
駅名

浜安善駅構内にはクム8000が留置されていましたが、先日行った
時にはありませんでした。
クム8000

さて、今回の米タンは一番海沿いの油槽所から搬出されまして、安善
通りを係員さんが自動車などを止めてから横切っていきます。
踏切らしくありませんが、「日石カルテックス踏切」のプレートがありま
した。
引き出し

踏切の係員さんを最後尾に乗せたりする関係で一旦停止もあり、速
度も低く小走りで追いつく程度です。
橋

安善駅へ戻っていきました。
後

拝島からの定期貨物列車の到着に合わせ、入換開始です。
DE入換

引き上げ線からの引き出しは定期で牽引してきたカマがそのまま持っ
て行きます。
EF入換

5年前はEF64が牽引していました。
64入換

貨車はタキ35000から38000になりました。


35000

そして、今度はタキ38000からタキ1000になろうとしてます。
38000

JP

遠くに見えたタキ1000。これもきれいなウチにに撮っておきたいです。
タキ1000




貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 00:57 | コメント(8)| トラックバック(0)

乙女坂駅界隈

まるで少女漫画にでも出てきそうな名前の乙女坂駅ですが、実際には
殺伐としている貨物駅です。
乙女坂常備

写真中央部付近が乙女坂駅です。線路をまたぐベルコンやパイプ、
そして脇のホッパーが何とも言えません。
乙女坂

上の写真から180度後を向いた所でして、コチラは猿岩駅になります。
左の黄色○のある辺りが乙女坂駅と猿岩駅の境界と思われます。
乙女坂2

この付近はホッパー施設より貨物ホーム形式の積み込み設備跡が多
く、当時出入りしていた西濃の有蓋車や国鉄の「テム」などが袋詰め
製品の出荷に利用されていたのでしょうか。
猿岩1

ホームは倉庫の棟毎に独立していて棟毎全て会社が異なってます。
猿岩3

現在も倉庫として利用されているようで、中には袋詰めの製品が山積
みされていました。
猿岩2

猿岩6

こちらは猿岩駅の最遠部で、ホッパー施設が残ってました。
猿岩4

上の写真から180度後を向いて少し進んだ場所で、この付近から市
橋駅になると思われます。この付近ではレールが撤去され軌道敷き
は舗装されて構内道路になってました。
この先は草むした敷地が広がるだけで夏はなんだか分かりません。
RMライブラリー99号によると、美濃赤坂-乙女坂-猿岩-市橋
の順に駅があり、猿岩-市橋間は廃止のようです。
市橋駅

ちなみに、袋詰め製品は今も有るようで、美濃赤坂駅の貨物ホームに
うずたかく積まれていて、コンテナにより運搬されているようです。
復路

付近の道路は石灰粉で白くなってまして、丁度「石灰組合」とレタリン
グされた散水車が通過していきました。定期的に撒かれていのかと思
われます。
山水

かつての東武鉄道葛生駅の先も石灰業者の貨物側線が入り乱れて
ましたが、ここも5社くらい看板がありました。
清水工業

金生山

河合

上田

矢橋

もうこの付近だけで1時間以上観察してましたが、次は昼飯線の方へ
移動し、美濃大久保駅へ向かいました。こちらも夏草が生い茂りちょっ
となんだか分かりません。
乙女坂駅付近で時間を取りすぎてしまい、昼飯駅へは向かいません
でした。
美濃大久保

秩父鉄道の石灰石積み込み場とはまた違った魅力タップリの西濃鉄
道です。モジュール製作にはかなり鼻血モノの刺激でした(^^)
ちなみに・・・漫画に出てきそうな乙女坂のイメージはこのくらいです。
坂

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:57 | コメント(4)| トラックバック(0)

中京地区へ-後編-

清洲駅のデンカセメントタンクを見た後、再び東海道線に乗り名古屋
駅で下車。大須のクロスポイントへ行く事にしました。
セメントタンク

途中の矢場とんで昼食を摂ろうとしましたが、平日なのに大行列。。。
Oさんは翌々日食べたそうですが次回にチャレンジです。
矢場とん

大須店にて横浜で買えなかったパーツを購入♪
GM

再び名古屋駅から東海道線上り列車に乗り笠寺駅へ。側線にはカー
ラックコンテナのコキ71が長らく放置されたままですが、前回来た時
とは留置位置が変わってました。
笠寺

笠寺駅の側線では赤ホキの組成が丁度終わった所でして、形式写真
を撮って再び上り方面へ移動です。
笠寺赤ホキ

笠寺駅から飛び乗った上り列車はなんと2編成しかないクロスシート
の211系でした。この区間で初めて乗りました。クモハ211-1もしっ
かりと抑えておきたいです。
クロスシート

大府駅で下車のため残念ながらC2編成はチョロ乗りで下車します。
211-0

大府駅での狙いは白ホキことフライアッシュのホキ1000です。編成
のうち半分は大府駅の側線に止まってました。ここからは、武豊線で
衣浦臨海鉄道との分岐点を目指します。
白ホキ

武豊線は近々電化のウワサもあり非電化の初乗車も兼ねてました。
軽快な加速でキハ75は単線を走ります。
キハ75

10分そこそこの乗車で衣浦臨海との分岐点、東浦駅に到着します。
臨海鉄道との分岐駅ですからさぞスゴイ駅かと期待してましたが・・・
東浦1

単なる交換駅で、有効長の長い本線の奥にシーサスがありそこから
チョロリと分岐してるだけでした(-_-;
東浦2

下り普通列車が行くと、程なく上りの貨物がやってきました。ここでの
お目当ては衣浦臨海のKE65です。
白ホキ運転

出発信号が停止現示だったので止まった時形式が撮れるかと思いま
したが、引き出しが大変なのかソロリソロリと徐行し進行現示と共に
加速して行ってしまいました。
衣浦臨海

次の上り列車で、KE65の撮影をするため大府駅へ戻る事にします。
しかし、東浦駅は近くに高校があるのか、列車の時刻が近づくとホー
ムは高校生でイッパイになりました。
上り学生

大府駅へ戻ると期待も虚しく、KE65は柱の後に・・・模型化用に詳細
写真は撮れました。
大府駅構内

衣浦

さてさて、これで今回の目的は全て完食♪ガツガツと普通列車で帰宅
します。やってきた上り豊橋行きの列車は座席が埋まっていてこれ幸
いと一番前にて展望。知らない新駅とか結構ありました・・・
野田新町駅

豊橋駅で今度は折返し始発の浜松行きに乗り換えです。ヘッポコの
乗ってきた列車と、接続列車はありましたが座りたいので1本見送りま
す。
浜松行き

セメントのシメに西浜松のタキ1900をカメラに収めようとしましたが
在来線からは新幹線の橋脚で撮れず、ヨ8000でシメとしました。
西浜松

浜松駅に到着し、ここからは熱海行き普通列車に2時間半揺られる事
になります。この時以来ですが、やはり根性が無いヘッポコでして、横
を走る新幹線が愛おしくなりました。
で、こだまが20分弱でやってくるので熱海駅までの特急券を携帯で購
入♪
乗車券
▲ポチッとな!で購入しましたが,こんな区間は滅多に買う事ないです

お土産や駅弁を買い新幹線ホームへ上がります。
下り新幹線

矢場とんが食べられなかったので、浜松で「ひつまぶし弁当」を購入
して、新幹線内で夕食を摂ります。このお弁当はひつまぶしとすべく、
昆布だしも付属し容器は電子レンジ対応になっていてお土産で買って
帰るにも最適です。お茶はサービス品です。
ひつまぶし

熱海駅に18時58分到着。ここからは伊東線からやってくる19時10
分発の東海道線普通列車に乗り換えます。熱海駅は構内にあったお
土産屋さんが全て無くなっていて買い物がちょっと不便です。
いい加減くたびれたのでまたもやG車で日没後なので空いている1階
席を選び帰宅となりました。
熱海駅

長々とお読み頂きありがとうございました。



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 18:41 | コメント(6)| トラックバック(0)

中京地区へ-中編-

美濃赤坂駅へ行ったのはこの時以来ですが、駅の雰囲気は全く変わ
っていませんでした。
赤ホキ

発着線の反対側には西濃のクラがあり、カマが表に出ていました。
車庫

DL

美濃赤坂駅から乙女坂駅方面へ移動します。途中、個人用踏切など
もあり怪しい雰囲気になってきました。
踏切

有名な鳥居と第4種踏切です。
鳥居

乙女坂駅に初めて到着。ワクワクする光景です。
乙女坂

乙女坂駅の外れで線路は終わってますが、かつてはもっと奥まであ
ったようです。
車止め

美濃赤坂は中仙道57番目の宿場まちとかで、古い建物が沢山保存
されていました。こちらは都市景観賞とやらを受賞した「矢橋邸」の建
物で、江戸末期から明治初期に建てられたそうです。赤ホキの「矢橋
工業」と関係ありそうです。
矢橋邸

さて、数時間探索した後再び上り列車を乗り継ぎ、今度はずっと新幹
線の車窓から気になっていた清洲駅のセメント基地跡へ。駅構内に
は数本の側線がまだ残っています。
清洲駅

駅から数分歩いた所にあるデンカの取り卸し設備跡です。この写真は
乱入ではなく、低い擁壁に足をかけウデをうんと伸ばした格好で撮っ
てます。
電化セメント

地下道をくぐり線路の反対側へ行き、施設を観察です。丁度DD51
の牽くタキ編成が通過していきました。
DD

続く・・・
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:58 | コメント(8)| トラックバック(0)

中京地区へ-前編-

36時間労働のあと、3日続けて朝3時半起きが続き家に寝に帰って
くるだけでくたばってました。

先日知人より「7日渡しになるから、18切符の残1日1500円で買って
よ」っと言う事で喜んで買いまして、昨日名古屋方面へ行ってきました。
大船駅5時10分発の下り始発に乗り込みます。この時間下りはボック
スもガラガラでした。
始発車内

一路名古屋へ!途中211系のトップナンバー見掛けましたがかなり
久々に見ました。
トップナンバー

で、小田原に到着。下り始発は熱海行きですが、根性がないのでここ
から名古屋駅まで新幹線ワープです。
小田原

新横浜始発の「ひかり493号」へ乗り継ぎますが、今まで新横浜駅
から利用してましたが、大船からだと新横浜も小田原も移動時間が
さほど変わりません。
新幹線

時間的には4時間ほどワープできまして、ここから大垣行きの特別快
速に乗り換え、美濃赤坂駅を目指します。名古屋駅は朝の7時半で思
いっきり朝ラッシュ状態ですが、首都圏よりは閑散とした感じです。
名古屋

大垣駅に到着する頃には乗客は名古屋駅の約半分程度です。18切
符シーズンでそれらしい方々が沢山いまして大垣駅に着くと名物の
ダッシュ!
ヘッポコは美濃赤坂支線への列車を待つため比較的のんびりしてま
した。
大垣着

ホームの外れから美濃赤坂行き列車に乗り換えます。18切符利用
者が1名とホントの?利用者が4名ほどで列車は発車しました。
美濃赤坂

東海道本線と支線の分岐箇所である南荒尾信号場。
分岐

程なく到着~!
美濃赤坂列車

美濃赤坂駅舎

改札を出て反対側の踏切へ。
並び

続く・・・

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 07:41 | コメント(6)| トラックバック(0)

サービス券消化

リトルジャパン鶴見店のサービス券期限が近づいていたので消化利
用で何を買おうかと悩んでました。
で、結局DCC化出来れば次回のDCCオフに持っていけるかな?と言
う事でEF64-1000の更新色にしました。
64

DCCちゃんと組み込めればいいのですが、自信ないです。

帰りがけに更新色か何かいるかな?と新鶴見でなく根岸駅へ寄り道。
神奈川臨海のDLが入換やってました。
根岸

カマよりこっちの景色にクラクラ来ちゃいました。
根岸2

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:08 | コメント(4)| トラックバック(0)

小野上へ-後編-

昨年の8月の時と違い今回は帰りも「荷」がある運用でして、小野上駅
側線にあるホキを今度は連れて帰ります。ヘッポコが期待していた砂
利の積み込みは残念ながら見られませんでした。
帰路

先日みっすーさんの素晴らしいウエザリングのカマを見せてもらった
りしたので屋根上の汚れ具合をちょっと観察。
屋根



工臨出発。


曇り男のヘッポコですが、工臨が去った後薄日だった小野上駅は段々
曇ってきました。ちょっと前に同僚A氏より「今日は旧客の訓練もある
よ~」とのメールが来ましたが天気が心配です。ここ1週間ほどの北
関東界隈の天気の悪さと言ったら半端でなくちょっと迷っていた所、
帰りの吾妻線が渋川駅で旧客とすれ違いまいた。
旧客

旧客の帰りを高崎駅で待とうか悩みましたが、雨がパラついてきたの
で諦めます。代わりに、来る時岡部駅で見かけた、チキとトキを撮る
ため岡部駅へ向かう事にします。車内でいつも通り鳥メシ弁当を頂き
ました。
鳥メシ

そして、本庄駅を出た頃から雨は本降りに・・・岡部駅に着くとかなり降っ
てました。
岡部

岡部駅の電光掲示板では西武秩父線が運転見合わせとかでてまし
て、ちょっとビビリながらサササッと撮影。
チ
▲チ1000

トキ
▲トキ25000

このあと激しい雨の中湘南新宿ラインで帰宅となりました。
薄曇りで若干日焼けした顔が今日は痛いです・・・


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 09:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

小野上へ-前編-

会社の同期A氏より「小野上あるよ~」っと言う事で、今日は群馬県の
山あいにある小野上駅まで約1年ぶりに工臨を見に行ってきました。
小野上山

前回は昨年8月で暑い中でしたが、今日も蒸し暑かったです。上野駅
から特急草津号で今回も奮発してG車に乗りました。
草津

特急券

EXPRESS185と踊り子号のG車では客室とデッキの仕切部分等に
若干違いがありました。どちらかというと、上越特急の方が内装など
豪華でした。
仕切
▲草津号の仕切

東海道仕切
▲踊り子号の仕切

マット
▲マットもさりげなくロゴが入ってます

1時間半ほどの乗車で新前橋駅に到着しました。前回は食糧難にあ
いましたが、今回は車中で食事と新前橋駅でパンを買い込みいざ小
野上駅へ!
新前橋

家を出てからずっとどんよりした曇り空でしたが、小野上駅に到着す
るとうっすら日がさしてきました。山あいをDD51が7両のホキを牽引
してやってきました。
小野上到着

直ぐに入換が始まりました。
入換1

入換2

押込

今回も国鉄~っ!
交換

ホキとの連結シーン。



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

西下終了!?

「最近関西、九州に出掛けないねぇ」などと言われる事がありますが、
行く用事が無くなってしまいました。

それも見たい列車が無くなってしまったからです。九州の銀タキ、黄
タキ、共にコンテナ化で見に行っても・・・っという感じです。
九州の情報を持ち合わせて無かったので、銀タキ、黄タキ編成を初め
て見た時は強烈な印象を受けまして、通い始めました。
この頃←です。


そしてEF65-0一般色に関しては100号機のみとかRMに書いてあ
るのを見てビックリです。


もう撮りたい列車が無いので、西下の必要が無くなりました。と言って
も十分撮れたので珍しく後悔はしてませんが。

これからは、近場で貴重な岳南などに向かうワムに通う予定です。
併走

ワム80000の少なさ、改めて考えると恐ろしい事です。
EF66

大抵はワム+コキです。
ワム・コキ

が、たまにワムだけの編成もあり、オールワムの編成だったりすると
ちょっと得した気分です。
ワムテール

後悔しないための日々の努力・・・怠らない様にしないと(^^)

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 00:03 | コメント(8)| トラックバック(0)

ワフが急に見たくなった

富士急の下吉田駅に放置してあるワフが急に見たくなり、今日そぼ
降る雨の中富士吉田を目指してきました。
休日で高速が安くなると混んでますが、今日は雪の予報も出ていた
ので「さほど混まないだろう」と判断。予想通り渋滞に巻き込まれるこ
となく見に行けました。が、天気悪すぎでした・・・

今日も御殿場側からのアプローチでしたが、先日とは違いもの凄い
霧の中の走行となりました。
霧

早速下吉田駅に到着。かつては貨物線と農業倉庫?があった佇まい
も観察しておきます。
下吉田駅

駅構内

構内にはもう既に使われていない松山製14tモーターカーがサビサビ
でいました。逆転機が付いた以降の機体のようです。
松山14t

で、目的のワフですが・・・雨が酷くなってきました。。。
ワフ1

ワフ2

やっぱ晴れか曇りの日にもう一度見に来直します。あまりの寒さに電
車もこの1枚撮って終了。
電車

雪にこそなりませんでしたが、クルマの外気温計は0~1度を行ったり
来たりで、マジ寒かったです。吉田名物のうどんをと思い、スープカレー
うどんで暖まり帰宅となりました。
スープカレー


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:47 | コメント(4)| トラックバック(0)

2010西下はじめ-まとめ-

2010年最初の西下は天気予報との睨めっこでした。北陸・東北方面
が大雪だけにとどまらず、九州北部などでも雪の影響があったとかで、
旅行開始直前まで最終目的地を決める事が出来ませんでした。

のぞみ99号
のぞみ99号の指定券はとりあえず広島駅まで予約してあったのです
が、小倉駅まで行こうか悩みましたがやめて結局広島駅で下車する
ことにしました。

品川駅発車からずっと天気良かったのですが、岐阜羽島駅を過ぎる
と急に真っ暗になり雪が降っていて、スプリンクラーのしぶきで窓がビ
ショビショになりました。
関ヶ原

広島駅に定時到着。ホームで113,115,103系などを観察。
103系3連
▲クモハ103-48

非ユニット窓もまだ現役なんですね。
クハ111-91
▲クハ111-91

105系
▲クハ105-12

その後は再び新幹線で岡山駅へ向かい、下りのEF65-0牽引の貨
物列車をどこかで見ようと在来線に乗り換え上ります。
岡山駅ではアンパンマン号が止まってました。
アンパンマン側面
▲マイクロから出ないですねぇ・・・

アンパンマン

上り瀬戸駅で下車してみましたが、駅前に何もないです。
瀬戸駅

駅前には古めかしい橋と、その昔旅館であったであろう佇まいの建物
がありました。
瀬戸駅前

EF65が入る運用の貨物列車が長時間止まる上郡駅を目指して、再
び上り山陽本線の普通列車に乗りました。
到着した貨物列車この日は原色ではありませんでした。
118号機
▲EF65 118号機

ちょっとガッカリしまして、再び上り普通に乗ろうと思いましたが、スー
パーはくとが約40分後にあるためこちらへ乗る事に。
スーパーはくと

今回はまだ乗っていないスーパーはくとのG車1列席に乗車。ビジネ
ス客3人とフルムーン利用と思われる方2人の5人が乗車してました。
室内

窓には若干スモークが貼られていて、外が雲などでちょっと暗くなると
室内が反射して景色が見にくかったです。
グリーン座席

その後は梅田に戻り、模型屋巡りと行きたかったのですが時間的に
マッハ模型のみしか寄れず散財・・・
翌日はスルッと関西2dayパスにて南海難波駅からサザン指定席に
乗車して和歌山市駅へ。
さざん

車内はちょっと古めかしく感じます。
室内

特にリクライニングの押しボタンがちょっと古風です。
リクライニング

和歌山県との県境近くにあるみさき公園付近は眺めも良いです。
みさき公園

和歌山市駅からはJRで和歌山駅へ向かいます。これが異端車だった
とは!
和歌山支線

ここでしばらく形式写真を撮る予定でしたが、予報が外れて晴天にな
ったので猫駅長か貨物か悩み貨物へ!
阪和線
▲阪和色2本いました

スルッと関西のパスなので南海で戻っても良かったのですが、風が冷
たいのでやって来た大和路快速で大阪へ・・・行くつもりが貨物まで時
間があったのと、環状線内で弁天町駅に止まったので思わず下車して
交通科館へ。
科学館

今回の貨物と言っても配給貨物で、形式写真を撮りたいため待避駅
である大久保駅へ向かいました。
が、編成短すぎで形式は撮れず・・・
西日本では有名な配給で最初は知りませんでしたが、この時この列
車を知り運転日でタイミング合えば撮りたい列車の1つでした。
配給

ZM8Cもよく見たかったのですが、ご覧の通りブレブレでしかも停止
位置は編成が短すぎホームの外れでした。
黒崎からのレール運搬などがあるといつもの黒崎駅搬出からこの列
車に継走されるようです。
ZM8C

さて、曇りどころか小雪がちらついてきたので梅田へ逃げ込む事にし
て、明石駅から山陽電車で。その後は日本橋へ向かいまた散財。
山陽

あまりにも寒く買い物でお金も使い果たした翌日は、バスで大阪市内
巡りで気になる所を徹底的に降りて撮影。道路に張り出した祠とかワ
クワクします。
太融寺

お昼過ぎの新幹線で帰宅しました。



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:50 | コメント(4)| トラックバック(0)

黒崎チキ連結

昨日は世界の山ちゃんで今年最初の忘年会となりました。今年はあと
2件しか予定がありません。不景気のせいですかね・・・
山ちゃん

手羽

先週、九州の黒崎へ行った時チキ同志の連結作業が見られたので
デジカメの動画で撮ってました。ヘッポコのデジカメ動画は画角を一
旦決めてしまうとズーム出来ないのが痛いです。
牽引はEF81 301号機です。



今週は工場移転のため製作が出来ず、画像いじってます。

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:41 | コメント(4)| トラックバック(0)

黒崎銀タキ過去帳

貨車の魅力がまた一つ無くなってしまい寂しい気持ちでイッパイです。
旅客列車のみならず貨車も同じです。

ヘッポコ工場長が通う様になってから、黒崎駅へ出入りしていた銀タ
キで記録できたのはタキ7500、タキ10450、タキ29000、タキ29
100の4形式でしたが、タキ10450を見かけたのは1回だけでした。
今年初めにインフルエンザにかからなければあと2回は行ってました。
入換

古典的な感じのタキ7500。
タキ7521
▲タキ7521

タキ7535
▲タキ7535

タキ7500

1回しか見なかったタキ10450。
タキ10471
▲タキ10471

タキ10450

そこそこ数のいたタキ29000。
タキ29001
▲タキ29001

タキ29015
▲タキ29015

こちらもそこそこ数のいたタキ29100。
タキ29115
▲タキ29115

タキ29100

もう少し通ってまだ他の形式がいたのか知りたい所でした。置き換わ
ったタンクコンテナはコキ200に積まれています。
コキ200

タンクコンテナは1両に2個ずつ積載され、奇数から始まる連番で積ま
れていました。写真のは8040ですが、これと8039が一緒と言う様に、
隣のコキには8013,8014と積まれていました。
タンクコンテナ
▲UT13C-8040

博多駅でサラリーマンの横を通過する銀タキですが、この時他の旅客
も殆ど貨物を見ている人は居ませんでした。
通過




貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:49 | コメント(4)| トラックバック(0)

黒崎貨物まとめ-後編-

続きです・・・
遠賀川駅で鯛焼きを食べて暖を取り、少しカラダが動く様になったヘッ
ポコは再び黒崎駅を目指します。
遠賀川
▲気取って撮っていたら工臨でした(-_-;

EF81重連運用の貨物が来る時間に合わせて黒崎駅に着くと、程なく
やって来たのは先頭が452号機、2両目に304号機が入っている編
成でした。
重連
▲門司の450番代は両方見られました

この貨物列車は、いつも福北ゆたか線ホームからはみ出て止まるの
で道路側から撮るのがベストですが、4分停車で切り落としていくので、
時間ギリで行動していたヘッポコには改札の外に出る余裕もなく行っ
てしまいました。
304
▲もっと余裕もって折尾から帰ってくれば良かったです・・・

切り落とされたコキはいつも通り三菱35t機で押し込まれて行きます。
押し込み

次のメインディッシュまでは30分ほど開くので、福北ゆたか線運用で
来る817系の屋根なんかを撮影して時間つぶしです。
817屋根

そして、やってきました!たしかに銀タキの姿はありません・・・
この日はコキ200が5両+黄タキ2両で、海コンは繋がってませんで
したが、海コンは廃止なんですかね?
黄タキ
▲列車そのものが廃止にならないだけ良かったです♪

昨年の10月に行った時は海コンくっついていて賑やかな編成でした。
海コン
▲2009年10月20日撮影

入換風景はなんだかサッパリした気がします。
入換

15時過ぎいつものスイッチャで工場内へ押し込まれていきました。
押し込み

第1目的が終了した所でハラが減り始め、遅い昼食を摂るのですが、
折尾名物「かしわめし」の駅弁を購入し、ソニックの到着まで待ちます。
が、なんだかまたダイヤが乱れています・・・
ヘッポコの乗るソニック33号は前日のひかり号と同じく3分遅れです
が、全く問題ないです♪
案内盤
▲発車順序が変わり特急が2本続くようです

有明の発車後、後続が見える形でホームに入ってきたソニックです。
ソニック
▲今回はトップナンバーのAo1編成でした

そして、車内にはいるとG車は誰も乗っていませんでした。前回ソニッ
クG車に乗った時、日豊本線内はG車が下り先頭になる事を知り、下
りで乗ってみたいと言うのが今回の目的その2になりました。
室内
▲革張りシートが豪華です!

展望
▲展望ラウンジも貸切状態♪

せっかくなのでココで駅弁食べようかと思いましたが、ちょっと落ち着
かないので座席で食べる事に・・・
展望駅弁

折尾名物「かしわめし」650円を食べ始めた所で、ソニック弁当にすれ
ばよかったかな?っとちょっと後悔しました。
かしわめし

やがて小倉駅から進行方向が変わり、コチラが先頭になりました。黒
崎付近は薄曇りになってましたが、日豊本線に入ると晴れてきまして、
来たかいがあったと言う感じでしばらく先頭の展望を楽しみました。
運転席

振り子車体の高速運転でビュンビュンとばしメーターはトップスピード
の130km/h♪
100キロ以上の再力行でもグングン伸びる感じで、車両性能的には
まだまだ出せそうです。
速度計
▲四国以来の堪能です♪

この2時間程前、工場長さんから「小国駅で雪が降ってきた」とメール
を受け取った所でしたが、雪どころか紅葉なんてなんのその!まだ
まだ緑溢れる豊後の国の夕暮れをソニックは快適に飛ばしていきます。
豊後

ソニックは定刻通り16時51分別府駅に到着。向かい側のホームに
はソニック33号と接続をとるにちりん号が停車中で、国鉄色485系に
にりにんのマークでちょっと感激でした。
にちりん
▲東京だったらもう真っ暗です

しかし、後部車側はレッドエクスプレスのマークになってました。ソニ
ックの4分後に発車のため、直ぐに動き出してしまいました。
RE

九州とは言え、夜は冷え込むので大分名物「だんご汁」でカラダを暖
め関さばを食べ温泉に入りカラダを休めました。
だんご汁
▲だんごというより超極太ひもかわうどんです

明けて3日目はバスで温泉巡りなので、鉄はコレ「にちりんシーガイア
号」でくるハイパーサルーンだけで終了。
シーガイア

とは言っても昼過ぎの飛行機なので、早々に空港へ向かう事に!大分
空港名物ホーバークラフトで乗り付けるのが第3の目的でしたが・・・
ネットをあまりやらない性分・・・こういう所で情報入手の遅れが露呈
しました(泣)
運行終了
▲先月で廃止になっていたとは・・・

仕方なしに別府駅前から大分空港行きのバスに乗りました。所要時間
約55分で運賃は1450円です。ホーバークラフト無いなら、ソニック
で博多へ行っても所要時間的にはさほど苦にならなかったかもしれま
せん。
バス

地方空港は駅や市街地から遠い事が多いので、滅多に利用しません
で大分も同じです。利用客が少ないため出発カウンターは超小さいで
す。
カウンター
▲コレだけです(^^)

雲がちょっと出てきまして景色が見えるか心配になってきました。
さすが地方空港と言うか、発車の10分前には全員搭乗していた様で
離陸の順番待ちもなくサッサと飛び立ちました。途中機長からのメッ
セージでは羽田に早着するとコメントありました。
大分空港

四国上空になると薄い雲と低い大きな雲に覆われ始め、先日の高野
を上空から見ようと思っていたら丁度雲に邪魔され、雲の切れ目で
見えたのは吉野線の下市口駅上空でした・・・残念!
下市口

伊勢湾上空付近になると雲も厚くなり、シートベルトサインが点灯し、
羽田に着く頃は揺れっぱなしで、約15分早着で無事着陸しました。
羽田
▲大分と違い寒い雨の中到着しました

いつもはここから京急空港線で帰りますが、今月いっぱいで廃止にな
る「羽田空港-日吉駅」間のリムジンバスに最初で最後の乗車をして
帰る事にします。
日吉行き

空港交通、京急、東急の3社運行の路線ですが、利用客が少ない様
で廃止が決定しました。この日も車内はご覧の通りで、前の方に8人
乗っているだけでした。空いていてゆったり乗れるのでヘッポコ的に
は嬉しいのですが・・・
室内

っと言うわけで2泊3日の黒崎確認旅行は終了しました。
今回も長々とお読み頂きありがとうございました。


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:18 | コメント(6)| トラックバック(0)

黒崎貨物まとめ-前編-

火曜日から2泊3日で九州入りし、昨日帰宅しました。今回の目的は
銀タキが連結されていた黒崎三菱化学の貨物と、ソニックの展望乗
車、そしてホーバークラフトを目的として行ってきましたが、ホーバー
クラフトは・・・。

火曜日は朝イチで仕事があったので、お昼の新幹線に乗車して西下
ですが、そのまま九州行くのも勿体ないので、新大阪駅で一回下車し
て関西の模型屋さんを回る事にしました。
久々の300系ひかり号に乗車するため新横浜駅に向かうと・・・上り
列車は軒並み50分遅れで運転中、下りも15分ほど遅れていました。
発車盤
▲静岡駅下りで触車事故があったようです

最近旅行中にダイヤ乱れに遭遇する機会が増えた気がしますが、ヘ
ッポコが乗車するひかり471号は約3分遅れで出発となりました。
300系の揺れ具合と、G車で座席背面にテーブルのない不便さがま
た300系らしくてこれを堪能してきました。
300系車内
▲座席背面のテーブルが無いため逆にシートに高級感があります

のぞみよりは当然時間のかかるひかり号に3時間ほど乗車し新大阪
駅に到着。ここから御堂筋線で梅田に出て阪急に乗車し、豊中にある
模型屋さんを覗いてきました。
阪急は京都の紅葉を宣伝する「もみじ」のヘッドマークが一部列車に
付いてましたが、雨の中まともに撮れる列車は来ませんでした。
もみじ
▲待ってましたがヘッドマーク付きはこの後しばらく来ませんでした

その後は再び梅田に戻り阪神から野田駅経由で市営地下鉄の千日
前線に乗車し、阿波座へ向かいレールクラフト阿波座に寄ります。
千日前線

2ヶ月ぶりに訪れて、店長さんとの楽しい会話で、あっと言う間に3~
40分ほど経ってしまいました。関東では見かけなくなったものを買い、
会計しようとした時店長さんが「今日はこちらです」っと指をさしたのは
『店長気まぐれセール』の張り紙!!!
全くの気まぐれでやるそうで、セール期間は1日の時もありゲリラ的
です。通常の在庫店での割引セールですからヘッポコとしては迷って
いたモノは背中一押しされ追加購入で散財しました。
阿波座
▲寄って良かった!といった感じです

再び市営地下鉄を乗り継ぎ、大阪駅に着くと17時過ぎですがもう真っ
暗です。暗くて写真はまともに撮れないので軽く夕食をすませ、大阪
駅で環状線の写真だけ撮ってました。
環状線

新大阪駅19:45発ののぞみ49号に乗車し、自分の城を作って夜の
乗車を楽しみました。22時前に小雨降る小倉駅に到着し常宿へ。
のぞみ49号

明けて水曜日、まずはいつもの黒崎レール運搬へ向かうためカマの
単機回送を狙いにスペースワールド駅へ。
300番代の単機だと思っていたら・・・あぎゃーっ、何か後に付いてま
した(-_-;
81301回送
▲珍しくチキ6000が2両ぶら下がってました・・・

下り普通列車に乗り、黒崎駅へ直ぐ追いかけていくとチキは荷受装置
がありません。こんな状態のチキ6000は初めて見ました。しかもEF
81はコレを置いてレールを取りに行ってしまい???な状態です。
チキ6000
▲トミックス貨車の様に上回りがスッキリ

車票の様なモノが刺さっていてよく見ると「試運転」とあって納得です。
試運転
▲たしかに車体はピカピカに整備されていました

しばらくすると、工場からレールを積んだチキ60002両を連れて301
号機が戻ってきました。
入換
▲ちょっと荷が少な目で残念です

これで300番代は301,303,304が撮影出来ました。
81301

組成

再び試運転のチキもぶら下げて4Bとなったので、またスペースワー
ルド駅に戻り撮影。
スペース
▲薄曇りになって来ちゃいました

ちょっと遅めの朝食を摂りに再び黒崎へ戻り松屋八幡黒崎店へ。前か
ら気になっていたのですが、ココのみそ汁は油揚げとわかめではなく
「おふ」とわかめで不思議です。
で、お聞きしたら九州の松屋は殆どが「おふ」とわかめのみそ汁になっ
ているそうです。
みそ汁

だいたい貨物の時刻は覚えてしまい余裕が出てきたので、817系の
詳細を撮りに折尾駅へ向かいます。
817
▲やっぱ模型ほしくなりました

標記

EF81の貨物次は遠賀川駅で撮ろうと思い移動すると・・・今日はコレ
で、しかも単機でした。
81451
▲しかしよく見るとライト周りとか格好いいです!

薄い雲が広がり冷たい風が強くなってきました。遠賀川駅改札横にあ
る鯛焼き屋さんで鯛焼きを買い暖を取る事にしました。
鯛焼き

後編に続く・・・


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:05 | コメント(8)| トラックバック(0)

西下中その2

明けて昨日~本日は目的その1の黒崎貨物とその2のソニック乗車
で本日は温泉巡りです。
81300
▲いつものレール運搬はEF81 301でした

重連
▲重連運用の貨物は2両目に304号機が入ってました(-_-;

つかささん、Oさんから聞いていた銀タキのタンクコンテナ化をこの目
で確認するのが今回の目的の一つです。
銀タキ
▲タキ29100は廃車になったようです

そして次の目的はソニックG車で日豊本線の下りに乗る事です。
ソニック
▲黒崎駅から乗車したらなんとG車はヘッポコ一人でした♪

17時ちょっと前に別府駅に到着しましたが、さすが九州というか日が
長いです。
にちりん

そして別府泊となり本日は温泉を楽しみました。
別府


まとめは明日から前編後編にて。

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:00 | コメント(4)| トラックバック(0)

再び吾妻線へ

乗り鉄と工臨ばかりになってきて、模型が全くです・・・
中央東線修行はツーデーパスを利用し先週の木曜日でしたが、また
会社の同期A氏より翌金曜日に工臨があると聞き、ツーデーパスの
翌日分で吾妻線へ行ってきました。

いつも通り湘南新宿ラインで高崎駅に到着し、小野上駅は駅舎内どこ
ろか駅前にもお店が何もないため、食料を買い込もうとホームをうろつ
いていると、なにやら怪しいモノが推進で入ってきました。
客車推進
▲うおっ!っと心の中で叫びました!

前から一度撮りたかったEF60と旧型客車が、急に出てきてビックリ
しました。旧客のサボ差しには「指定席」の緑色サボがささっていて、
何かの団体が使うのかな?なんて思っていましたが・・・翌日JAMで
つかささんのデジカメ見せて頂き、大井工場への展示回送と知りまし
た。
編成

で、EF60や旧客の形式写真を撮ったり・・・
EF60

急いで外に出て屋根上撮ったり・・・
EF屋根

旧客屋根

で、突然の旧客編成に驚いて写真を撮りまくってると既に工臨の発車
時間となってましたが、中線はコイツが占拠中で全く来る気配なしです。
「ウヤか~」っと落胆していると、1番線の出発信号機が進行になって
いたので来ると察知。待つ事2~3分・・・通過していきました。
工臨通過

本当はココで撮って、この後の列車で新前橋まで追いかけて撮る予
定でしたが、もうしばらく旧客を撮影しギリギリの吾妻線へ乗る事に
予定変更。
旧客の細かい部分も撮り、吾妻線に乗車。新前橋で工臨を抜かしたと
ころで、食料を買っていない事に気が付きまし(-_-;
吾妻線
▲小野上駅を発車した吾妻線

断食の始まりです・・・小野上駅に到着すると降りたのはヘッポコも含
め5人だけ。通学の学生さんばかりで皆さんお迎えの車に消えていき
駅に残ったのはヘッポコ1人でした。
小野上駅は山間の小さな駅ですが、とりあえず自動販売機だけあっ
たのが幸いでした。
小野上
▲駅舎とトイレは立派です!

小野上側線
▲魔境に吸い込まれそうな側線

程なく新前橋駅で抜かした工臨が到着し、到着した線と反対側に砕石
の積込線があるため入換を観察します。
工臨到着

一旦大前方に移動し、現場扱いで電気転轍機を転換して積込線に転
線します。
入換1

入換

入換2

そして山の麓にある砕石積込場へ押し込み・・・
押込

本日は「荷」が無いため終了!DD51はそのまま単機で帰路につきま
す。
終了

先日はお召し機とお召し予備機のPPでしたが今回はノーマル897号
機でした。
DD

国鉄~!っといった感じですが、下り列車との交換が終わりしば
らくするとDD51は発車していきました。またセミ時雨の山間でヘッポ
コは1人ハラを空かし、上り列車が来るまで30分ほど待つ事になり
ます。
国鉄
▲まさに国鉄!

高崎行き上り列車に乗車して「高崎に着いたらまずメシ!」っと思いつ
つも、高崎駅に到着し八高線のホームを見ると、キハ110の3連が停
車中でまさにドアが開く寸前でした。
「今なら座れる~」っと思い、食料の事はまた忘れて乗車しちゃいまし
た。
キハ110の3連というのもなかなかでして、ここから再び八高線の乗
車を堪能。途中、用土駅、明覚駅から遠足とも林間学校ともとれる子
供達がそれぞれ1駅づつ乗車してきてその度に車内は満員に!
で、お菓子食べてる子供を見て急に何も食べてない事を思い出しまし
た。高麗川で何か買えばいいやっと・・・
遠足
▲みんな楽しそうに夏休み満喫してました

今回は寄居駅までなどとケチな事は言わず、高麗川駅まで乗り通し
ます。
キハ110
▲高麗川駅に到着しキハ110を観察

幌も格好いい!
幌

キハ110の写真も撮り終え、キオスクか駅前のコンビニ辺りでパン1
個でもいいから喰おうと・・・高麗川駅はキオスクどころか駅前にコンビ
ニもありませんでした。
高麗川駅舎
▲断食修行は更に続きます

あとからzuppeさんにお聞きした所、少し歩けばスーパーがあったよう
ですが、この時点で愕然としもう歩く元気もありません。川越線・埼京
線経由で帰宅することにし、20分ほど川越線を待ちます。
川越線に乗る頃には気持ち悪いとか通り越して、空腹感はどこかへ
行ってしまいました。
川越線の川越行きに乗車し、川越駅で通勤快速新宿行きが止まって
いてコチラに乗り換え帰宅する事にしました。が、・・・
通勤快速

携帯で東武の時刻表を検索すると、副都心線渋谷行きが2分ほどで
くることが分かり、何も喰わずで疲れ切ったカラダで新宿駅を乗り換え
る元気もないため、急遽副都心線にて帰る事にしました。
副都心線
▲埼京線の通勤快速の方が30秒ほど早く発車していきました

乗り鉄も意外と楽ではありません・・・

本日の移動距離261km


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:25 | コメント(6)| トラックバック(0)

中央東線修行-後編-

塩尻駅からは中央東線ではなく篠ノ井線になりますが、列車の運転
系統が松本駅までいくことからこのまま修行をすすめます。

次の目的地は村井駅です。島式ホーム1本の1面2線で、上り線側
には石油の取卸し基地が併設されていて下り線側にもタンク車の留
置線が広がります。
村井

塩尻駅方向を見た写真で、上り線側には直接入線できず石油を取卸
す際にはスイッチャで本線上を転線します。
村井起点方
▲画面左手が取卸設備のある側

スイッチャ共々休憩中でした。
スイッチャ

村井駅から進み次は南松本駅です。駅の7~800m手前から下り線
の脇に専用線が延びていますが、これはOT松本油槽所への専用線
です。
南松本下り場内
▲左側がOT松本油槽所で正面が南松本駅

駅ホームが近づくと上り線側にはコンテナの着発線が見えてきます。
南松本ホーム進入
▲右のDE10のいる所からコンテナの着発線

ホームは島式ホーム1本の1面2線ですが、コンテナヤードが広がり
コンテナ着発線は20番線まであり18本の着発線があります。
南松本あずさ
▲スーパーあずさが通過中

駅舎は古風な造りの新しい駅舎で、委託駅の様でした。
南松本駅舎

下り線側にもタキの着発、機回し線があります。ここも時間帯によって
は1時間に1本程度しか普通列車がこない閑散区間でして、ヘッポコが
降りた時も次の列車は50分後という状態です。しかし、貨物がひっき
りなしに入換をしていたので全く飽きず、あっと言う間に時間が経ちま
した。
南松本DE

待っている間East-iも通過していきました。
East-i

終点方の貨物ホームを見ると倉庫代用?のワム80000もいました。
南松本終点方

さてさて、50分が過ぎいよいよ次は終着の松本駅です。ホームは島
式ホーム4本の4面8線で0番線~7番線まであり、6番線は大糸線が
メイン、7番線は松本電鉄専用ホームとなっています。
駅進入の左手には松本車両センターがあり、右手には主に篠ノ井線
車両の留置線があります。
松本起点方
▲塩尻駅方面をみる

松本車両センターにはE351系やE257系が留置されているほか中
央東線の115系なども整備、留置されてました。
松本車両センター

コチラは電留線側で4本の電留線がありました。線名は上り1~4番
線のようです。
松本電留
▲篠ノ井線の2+3などが留置されてました

E257系の付属編成切り離し作業なんかも観察できました。
切り離し
▲はじめてみてちょっと感激でした

この後2連で車両センターの方へ走っていき更に感激しました。
付属編成
▲前照灯も点いてます

さてさて、これで中央東線系統の第1回目の修行は終了です。かなり
歩き回ったのと暑さで少々バテ気味です。
帰りはまたまた奮発してスーパーあずさのG車で新宿駅まで一気に
戻ります。
スーパーあずさ

座席指定のMV機で購入するとG車1人用座席が開放されていたの
でこちらの席を購入。どちらかというとE257系の方が好きなのです
があえてE351系に・・・
1列シート

初めてE351系のG車に乗りましたが・・・テーブルはこれだけですよ!
前の座席背面にもテーブルは無く、お弁当食べるのにもちょっと困り
ものです。多分今回が最初で最後のG車の乗車です。
しかも、振り子車体なのでかなり揺れるし・・・やはりE257系の方が
好きです。
夏休みシーズンで自由席はめちゃ激混みで、車内販売も通るのが一
苦労らしくなかなか車販が来ませんでした。
机
▲マジ狭っ!

中央東線はD席側は終日、日が当たりヘッポコ的にはあまり取りたく
ない席ですが、こちらの方が景色がいいのでD席側で景色を楽しみな
がら帰宅しました。
景色

普通列車に乗っている時車内検札が来ましたが、見ていると1両のうち
1/5位が18切符を所持していました。普段の3連なら甲府から先で
も余裕で座れるのですが、納得しました。18切符シーズン終わってか
ら次の修行に出ようかと思ってます。

第2回目の修行に続く・・・


今回の移動距離393km

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 09:40 | コメント(4)| トラックバック(1)

やはり曇り男

西下のまとめ後編のではなく・・・本日は工臨です。日頃から「工臨工
臨」と騒いでいていたら会社の同僚A氏より「29日工臨あるよ~」との
こと。車扱い貨物が少なくなった今日、工臨はとても魅力を感じます。

で、今朝始発で東京駅へ向かい「とき301号」に乗り、高崎駅を目指
します。東京駅で待っていると、やってきたのは原色200系でした。
200系

高崎駅に着くと15分ほどで中線に本日のお目当て、チキの工臨が入
線してきました。本日の工臨は、吾妻線中之条駅までのレール運搬で
す。
高崎
▲DD51 888を先頭にチキ4両の編成

チキ5200、4両編成のうち2両だけに40Nレールが積まれていてコ
レが本日の荷物です。
チキ

しばらくするとホイッスルが聞こえ、中線にDD51が入ってきてプッシュ
プルの編成となりました。先行する吾妻線115系にのり新前橋駅へ先
回りします。しばらくするとプッシュプルの工臨がやってきました。
新前橋
▲後部はDD51 842号機でした

両方お召し機の様で、よくわからないから同僚A氏にメールすると88
8号機は予備機だと言う事を知りました。
言われてみればたしかに細かい仕様は違いました。
842
▲DD51 842

888
▲DD51 888

予備機の方は手摺りなどが銀色塗装なのに、本務機はステンレス仕
様でサイドの飾りもステンレスになっていました。
842端梁
▲842号機の手摺りはステンレス

888端梁
▲888号の予備機は銀色塗装の手摺り

新前橋駅で工臨を見送りこの後来る「特急草津1号」にて中之条駅へ
追いかけます。15分ほど遅れて中之条駅に到着すると既にレールの
取り降ろしが始まっていました。
取卸し
▲ホームの横でレールを取り卸してました

高崎、新前橋では傘をさすほどでは有りませんでしたが、小雨が降っ
ていました。しかし、中之条駅に着くと雨は上がりました(^^)
中之条

一通りレールの取り卸しなどを見物したあと、吾妻線の115系に乗車
して帰宅します。
115系

高崎駅に着くと約20分ほどで八高線の接続がありました。熊谷駅か
ら秩父鉄道経由で帰る予定でしたが、八高線も乗ってみたく予定変更
です。1時間に1本なのでいつも乗れず仕舞いでした。
キハ
▲八高線の気動車がやってきました

2両編成の八高線は、発車時間まで少しありまだガラガラです。エン
ジン真上の座席に座り、群馬、埼玉県境の関東平野の景色を楽しみ
ながら帰宅しました。
田んぼ
▲子供の頃の夏休みになった気分でした♪


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:21 | コメント(4)| トラックバック(0)

米タン

昨日、米タンタキ35000の廃回があると言う情報があり、今年度4度
目の秩父入りを決意した所、zuppeさんつかささんも出動とのことで
ご一緒させて頂きました。

いつも通り上野駅からラッシュとは反対方向のガラガラ高崎線に乗車
し、熊タへむかいます。つかささんが乗るであろう電車に乗車予定でし
たが、先行が211系だったので1本前に乗車。いつものG車でのんび
りと・・・上野駅から籠原駅まで4号車2階席の乗客ははヘッポコ一人
でした。
G車
▲平屋があればそちらに乗車予定でしたが・・・

家を出る頃は曇っていましたが、上野駅に着くと薄日が射し、熊谷で
は青空が広がっていました。
で、早速zuppeさんの案内で熊タへ。65と64-1000が待機中。
熊タ

64-1000にはコキ110が連結されていて、ISOコンが載っていま
した。もう既にこの辺で満腹率が40%くらいです。
コキ110

熊タで米タンとお迎えのデキを確認し早速撮影地へ!
麦畑

おやま

広瀬川原ではD16+スム+米タンという失神寸前で、更に東急8500
系と米タンの並びで満腹率118%!
スム米タン

8000系並び

その後は模型屋巡りとなり、更に満腹のまま帰宅となりました。


移動距離208km
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

宇部の赤ホキ

今月発売のRMに今月いっぱいで宇部岬の石灰石輸送が休止とショッ
キングな記事が載っていました。
昨年の秋、九州へ行ったついでにつかささんから色々レクチャーを受け
宇部岬周辺の下見をして、今年の秋にじっくり回ろうとしていた矢先でし
た・・・

実は会社の事情通同期A氏より数ヶ月前に廃止を聞かされていました
が、行程的に大阪へ行ったついでに足を伸ばせなかったのが残念です。
これからいってもお祭りの中に行くのは苦手な性格でして・・・

美祢
▲始発のぞみを乗り継ぎ厚狭駅に着くと大抵1本は止まってました

赤ホキ
▲昨年秋に行った時はどしゃ降りでした

ベルコン
▲重安駅前の商店街を横切るベルコンは異様な感じでした

A-B機スイッチャも好撮影地をOさんからレクチャー受けたのに彼ら
はどうなるのでしょう・・・
宇部岬
▲A-B機撮ったのはこの時だけです

今週に入り仕事がメチャ忙しくメシ時以外は休憩なしで14~16時間
労働で家には寝に帰ってくるだけです。次の休みも31日までお預け。
時間が取れれば厚狭に行きたいのも本音ですが、仕事のヤマが7月
7日に来る長期戦です・・・

模型も実物もあるモノはあるウチに・・・
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:11 | コメント(6)| トラックバック(0)

春日井訪問

12日ぶりのお休みは3連休でして、昨日名古屋圏へ日帰りで行って
きました。

まずはあまり乗らない目黒線4時台の始発電車に乗り、武蔵小杉始
発の東横線に乗り換え新横浜駅へ向かいます。
発車案内
▲お客さんは3人だけで発車!

のぞみ99号に乗車する時もそうですが、新幹線は5時半過ぎになら
ないと改札が開かないようで、新横浜駅もシャッターが降りてました。
改札

新横浜からは前々から乗りたかった新横浜始発の「ひかり493号」に
乗り、一路名古屋へ!
新横浜駅を出る時は薄曇りでしたが、静岡付近から快晴になりました。
493
▲改正前は393号を名乗ってましたが変わってしまいました

名古屋駅に着くと7時半で丁度ラッシュの真っ最中!中央線は1本見
送り快速に乗車して発車を待ちます。発車して金山を過ぎる頃には満
員になりましたが、3駅ほど行き大曽根駅で半分くらい降りてしまいま
した。
中央線
▲211+211+313の10連とか豪快です!

しかし、名古屋駅に着いて一番目についたのはマスクを付けた人々が
多いと言う事・・・ここもヤバイか!?
30分ほどで最初の目的地春日井駅に到着しました。貨物側線はガ
ラーンっとしていますが、上りの通勤客でホームはいっぱいです。
貨物側線

春日井駅から下車して目指すは王子製紙専用線!正門に到着したの
は8:25で奥野さんの時刻表を頼りにココで待つ事に・・・
踏切警報機は1機のみで電鐘式でしたが、ヘッポコの好きなM型では
なくA型でちょっと残念でした。
閉扉

脇の駐車場に回るとスイッチャいましたが・・・ボンネットが開いたまま
で「ネピア」のロゴが見えず怪しい雰囲気です・・・
ロゴ

8:40中でスイッチャのエンジンがかかり8:45に係員さんが門を開け
に来ました。遮断機が無いのでどの辺で撮ったら良いか訪ねたら「近
よらなければOK」とのことで、程々の距離で撮る事にしました。
開扉
▲左のクラの中にももう1台いました

スイッチャは一旦奥に入りワムを連結してすぐに出てきました。しかし、
ボンネットは開いたままで予感的中でした(>_<)
スイッチャ

その後1時間ほどいて2往復撮れました。
春日井
▲新緑の専用線をヘロヘロと走ります

さて、ボンネットのリベンジはありますが、とりあえず満足したヘッポコ
は一旦名古屋駅まで戻り今度は近鉄線に乗り換えます。目指すは塩
浜駅です。
近鉄名古屋

急行に30分ほど乗車し塩浜駅に到着。構内には石油タキしかいませ
んでした。前回来た時は黄色のタキもいましたが、終わってしまったよ
うで残念です。
塩浜陸橋

近鉄側を覗くと程なくコヤツが発車していきました。
近鉄

そして、またまた奥野さんの時刻表を頼りに11:20永久連結のスイ
ッチャがやってきました!
塩浜

永久連結

ポイント切替

入換を観察してましたが、タキ43000黒が塗りたてで1両だけ混じっ
ていました。
タキ43000

DD51

40分ほど塩浜駅界隈を彷徨いたあと、三岐鉄道へ向かう事にしまし
たが秩父と同じく、休業の可能性もあり迷いながら再び近鉄線に乗車。
が、
迷いのせいか寝過ごしてしまい気が付くと弥富駅・・・もう戻る気力もな
くそのまま名古屋駅まで乗車しました。
大須のクロスポイントとジョーシンへ寄り、大高駅と坂祝駅へも寄る予
定でしたがなんだか疲れてきたので模型屋だけ寄り、早めに帰宅する
ことにしました。

帰りの新幹線くらいはマスクをしようかと、薬局を見つけるたびに立ち
寄りましたがどこも品切れ!名古屋駅の売店でちょっと高めですが購
入して帰宅となりました。新幹線ホームに上がると丁度赤ホキが通過
していきました。
赤ホキ

西下はしばらく自粛します。

本日の移動距離714km

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:42 | コメント(16)| トラックバック(0)

沼津

先日1日の金曜日、仕事が午前中で終わったため午後から沼津へ行
ってきました。
14時前に新横浜駅を出る新幹線に乗車し三島駅へ向かいます。GW
前半ということもあって、こだまはかなり混んでいました。しかし、小田
原、熱海で降りる人が多く、三島駅はさほど混雑はしていました。
三島ホーム
▲到着2分後にはご覧のようにホームはひっそり・・・

在来線のホームから伊豆箱根を見ると・・・西武からの新車ではあり
ませんでした。
伊豆箱根

今回の目的は、三島にいた東レのA-B機が沼津にいると奥野さんか
らお聞きしてそれを見るためでした!
東海道線で1駅移動して沼津貨物駅へ向かいます・・・スイッチャどこ
ろかJRのカマもありません。
沼津

その時、かすかに軽めのエンジン音が聞こえてきました。DE10等と
は明らかに違うエンジン音です・・・居ました~!
ヤマシタさんからも「沼津貨物駅にはいないはず」っとお聞きしていて、
いたのは向かい側の明電舎専用線でした。
青と白の塗装とは異なり、赤と白の塗装で日本AEパワーシステムズ
のロゴが入っていました。
A-B
▲手前奥にももう1台姿が見えました

周りの線路を見渡すと、明電舎側引上線部分の砂利が新しくなって
いて、ここの使用頻度が高いのか?あるいはここからA-B機を搬入
したのかと思われます。
引上線

さて、満足したヘッポコは帰りは在来線経由で帰る事にしました。沼津
始発の東京行きまではまだまだ時間があるので、一旦熱海まで移動。
熱海駅に着くと伊東線ホームにはR-2編成がいました。
R-2

そして帰りの電車は2本見送り3ドア表示のある快速アクティーに乗車。
やはり211系の方がいいです。但し、乗車車両は毎度お馴染みのG車
でゆったり乗車。
G車

アテンダントの車内販売でNRE限定の3袋入り「トッポ」をつまみなが
らの乗車です。
トッポ

夕暮れ迫る海を見つつ、普通電車でのんびりと帰宅・・・
海

が、
途中、平塚駅付近で踏切支障があり電車が15分ほどとまってしまい
ました。
抑止
▲ATOSが抑止表示中

そんなわけで、帰りは東京駅まで購入した乗車券で、鶴見駅にて途中
下車!リトルジャパン鶴見店にてカトーEF64新更新色を購入して帰
宅となりました。

本日の移動距離 332km

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:12 | コメント(6)| トラックバック(0)

西下まとめ-その1-

念願の四国・伊予三島へ行って来ました。辰野の石油輸送の様に知
らないウチに終了する所も多く、気になる所へは早めに行くようにしな
いとダメです・・・っと言うわけです。

品川始発「のぞみ99号」で一路岡山駅へ。もう6時でも外が明るいの
でこの時期の99号は乗車しても憂鬱ぢゃないです。新大阪駅発車後、
宮原にはトワカマが2台いました。
宮原
▲以前は銀河編成がいましたが・・・

岡山駅に到着すると向かい側のホームには・・・8両の500系が停車
してました。
500系

乗換時間15分ほどで接続の「しおかぜ5号」に乗車します。新幹線→
在来線で新幹線が遅延した場合、よっぽどの事がなければ在来線は
待ってくれるので、こういう時は乗換ギリで設定します。
しおかぜ
▲四国なのに電車と言うのがちょっと残念

最後部車両の1人用座席を確保しまして、瀬戸大橋を渡り2回目の四
国入りです。前回は小雨でしたが、今回はピーカン!
瀬戸大橋

宇多津駅で高松からの「いしずち5号」と併合し予讃線を下ります。予
讃線内では130Kmと言う速度。しかもロングレールではないから聞き
慣れない世界のジョイント音です。今回PCMレコーダーを持って行っ
たのでそのうちアップします。
速度計
▲気動車ぢゃ精々90kmなのである意味新鮮でした

あっ、と言う間に伊予三島駅へ到着。目的地の専用線は駅から結構
距離があるので向かい側のビジネスホテルを頼りに、帰りはタクシー
呼んぢゃいました・・・駅まで700円ちょっとくらいです。
大王製紙

早速スイッチャを撮り満足。65は電柱がぢゃまでして・・・
スイッチャ

タクシーで駅に戻り、65-0の入換を待ちます。程なくやってきて入
換が終わると、まぁベストポジションでお昼休憩に入ってくれました。
65
▲こういう時曇っていてくれれば良いのですが・・・

屋根周りなども観察しました。
65屋根

スイッチャとEF65とほぼ予定をクリアしたので、特急「いしずち」に乗
車して高松駅へ向かう事にしました。特にアテは無いので、ホームで
観察してました。
高松
▲やっぱ気動車にも乗りたかったです

小腹が減ったので、構内にある讃岐うどん?のぶっかけ冷やうどんで
腹ごしらえ。
うどん

快速マリンライナーの2階席を取り、岡山経由で宿のある大阪へ向か
う事にします。
マリンライナー

岡山駅でふらついてると「アンパンマントロッコ号」に遭遇。こういうの
をみるにはやはり土休日に限ります。
あんぱん

ドラえもんはマイクロエースから出ているのに、アンパンものはNゲー
ジでは全く出ないです。ダイキャスト模型は出ているのに・・・フレーベ
ルと折り合いがつかないのでしょうか・・・
あんぱん側面
▲フレーベルからは最近素晴らしい鉄おもちゃの本が出てますし・・・

トロッコ列車なので室内外の隔たりがなく・・・乗客ゼロでした。こんな
ので瀬戸大橋渡ったら気持ちいいと思いますが、大人1人で乗車とい
うのも怪しいので、見るだけです。
あんぱん車内
▲厳密には乗車区間が決まっています

この後、大阪へ戻り模型屋巡りとなりました。
続きは明日・・・

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 09:30 | コメント(6)| トラックバック(0)

西下2日目

本日は真夏かと思うような陽気の中、スルット関西2Dayパスの消化
も兼ねて私鉄の乗り歩きをしてきました。
早朝6時に宿を出発し、じっくり乗ってみたかった京阪へ向かいました。
気が向いた箇所で途中下車をして、9時過ぎに河原町へ到着しました。
ひらパー

一番気になったのはひらかたパーク付近で、ヘッポコモジュールにあ
るバス通りをのこの先どう配置すればいいか?・・・っと悩んでいました
が、似たような景色でヒントを得ました♪
京阪

明日帰宅予定です。
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:30 | コメント(2)| トラックバック(0)

レール運搬

トータンさんの疑問リクエストに知っている限りの知識を・・・

こちらの写真は東京の越中島のレールセンターです。写真に写って
いる貨車が全てチキです。この中で左から2本目の貨車がロングレー
ル輸送用の通称ロンチキです。
越中島

ロンチキも全てチキですが、編成の最前部、最後部にレール取り卸し
の機械が取り付けられて編成を組んでます。レールの長さは通常25
mが基本ですが50mの時もあり、ロングレールは大体200mの長さ
で運搬されます。工事箇所についたあと、現地でエンクロ溶接などで
1km以上のロングレールに仕上げます。
ロンチキ
▲この車両はロンチキ編成中間部のレール縦送り装置

こちらは福岡・遠賀川駅のレール加工所にいたロンチキです。200m
のロングレールを運ぶ時の長さは大体これよりもう少し長いです。
遠賀川

ロンチキを持たない私鉄だと、このようにロングレール運搬用の台車で
モーターカーに牽引されて運ばれます。この時ロングレール運搬台車
の連結器は使用せず、レールが連結器の代わりをします。レールに
貨車を括り付ける感じです。
モーターカーロング
▲この時のレールは120m程の長さで作業中は全台車に人が張り付
 きます(ストロボ撮影の許可を得て撮影)


レールはかなり柔らかく、左右にはしなります。レールには柔らかさが
何種類かありましてカーブ用は柔らかく作られています。レールの断
面を見ると青く塗られていますが、3両目のチキに積まれたレールの
断面は赤く塗られています。
どっちがどっちだかは忘れましたが(汗)、このようにレールの断面に
色分けする事でレールの柔らかさが一目で分かるようになってます。
レール断面

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:03 | コメント(8)| トラックバック(0)

303の続きです

タダでさえ写真の腕前がないヘッポコ工場長ですが、夏目さんからの
リクエストにお応えして303の続き・・・っと言うかボツ写真です。

八幡駅でレール運搬があるかどうか張っていた時に来た単機です。
単機
▲逆光でサイドは陰もかかってます

単機でやってきたので確証をもって黒崎へ向かう途中、新日本製鉄の
スイッチャが出ていました。
新日本製鉄
▲車内からでブレブレ

で、最後の最後に追いかけて西小倉で撮った303です。
西小倉

最後尾のチキには後部標識が省略されていました。
最後尾

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 04:44 | コメント(4)| トラックバック(0)

九州まとめ-後編-

昨日は疲れて寝てしまいまして続きです。
西鉄2000系貴重だったようですが、古いヤツが来たくらいにしか思わ
なかった罰当たりなヘッポコです。G13型電車さんによると絶滅危惧種
だったようで、車内とりあえず撮っておいて良かったです。
西鉄
▲ちなみにガラガラ・・・

病み上がりなので疲れやすく夕方前には引き上げました。
翌日は朝から張り切って行くはずが・・・鹿児島本線で人身事故があり
乗った列車も40分動かず・・・ダイヤがズタボロで九州に何しに来たか
分からない状態になりました(T_T)
時間通り列車が動かないので、新幹線で小倉へ向かい北九州貨物タ
ーミナル付近を散策することにしました。お昼前にやっと小倉に着くと
小豆色がいました。
FM5
▲天気予報が外れて晴れに・・・

門司駅から歩き始めると今度はにわか雨・・・今回は黒崎貨物が全滅
だったので黄色のタキもこれしか見られませんでした。
黄タキ

その後福岡貨物へ向かう途中、福間駅で304が待避線にいるのを見
かけ途中下車。改札を出て踏切へ向かっている最中に発車してしまい、
撮れたのはこの1枚だけ。
304

とりあえず304が見られたのでここから予定変更して、コメントを頂い
てる「ナウな店」さんのお店へ向かう事に。
「お店にNゲージ飾ってありますから~」っと言われて行くとビックリ!
想像をはるかに超える量のNゲージが飾ってありました。はじめてお会
いしましてお土産まで頂いてしまいました。
ナウな店さんのお店
▲ちなみに模型屋さんではありません・・・

その後ナウな店さんのお仲間で運転会をやられていると言う事で、ちょ
こっと覗かせて頂きましたが、関東の車両が多くちょっとビックリでした。
しかし早々にお別れをし、博多駅で「はやぶさ」を見てこの日も終了。
はやぶさ

翌、最終日の昨日は朝から黒崎のレール運搬を狙うため黒崎駅へ。
八幡駅で単機回送を待っているとやってきたのは303で、早速ハイ
テンションに。ちなみに、前回は304でした。
黒崎駅から少し歩いた踏切へ移動し、レール置場からの搬出を待つ
事に。
搬出
▲黒崎駅構内扱いなので入換運転で逆走してきました

機回し
▲黒崎駅へ急いで戻り機回しも観察

今回は日鐵運輸のチキ5500が3+3でその後ろにチキ5200×2と
チキ6000×2の豪華10Bで、チキ5200と5500-1のトップナンバ
ーが入ってました。
チキ5500

303

その後、いつものスペースワールド駅で撮影し、ほぼ併走する快速に
乗車し西小倉駅でも撮影できました。
スペースワールド

飛行機の時間もあるので、新幹線に乗り地下鉄で福岡貨物駅を目指
すつもりが・・・今度は新幹線が信号故障でダイヤズタボロ・・・
遅延

貝塚駅から西鉄に乗り福岡貨物へ行くと、304は出ちゃった後でした。
西鉄

飛行機には余裕で乗れましたが、なんだか疲れた九州旅行でした。
富士山
▲帰りの飛行機では富士山がちょこんと顔をだしてました

今回もお読み頂きありがとうございました。まだ疲れが抜けない・・・

今回の移動距離 2565km
1月分 1363km
2月分 1202km


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:42 | コメント(12)| トラックバック(0)

曇りの南甲府

先日奥野さんのブログに南甲府駅が載っていて、撮りわすれていた貨
物施設があったのを思い出し、昨日行ってきました。
っといっても、ヘッポコの祖父母の家がこの南甲府駅から歩いて15分
ほどの所なので、いつも気合いを入れて行かなかったのを後悔してい
ます。
身延線は本数が少ないので、電車で祖父母の家に行く時は甲府駅か
らタクシーを利用していたバチが当たりました。

今回は仕事の都合で横浜線経由となり、八王子から「かいじ」で甲府
をめざします。早速八王子駅でホキ800の観察です。
ホッパー
▲奥の建屋も古くて興味あります

丁度、ホキ工臨の組成をしていました。おそらく初狩駅の採石場まで
砕石をとりに行く工臨だと思います。
砕石

しばらくすると115系の「快速むさしの」が入線してきました。115系
のスカ色なのでとりあえず観察。
快速むさしの
▲一度乗ってみたいですが時間的にキツイです

この編成には貴重なサハ115が組み込まれており、これまたサハを
しばらく観察します。
サハナンバー

サハ

幕
▲こういう国鉄チックなのも好きです

かいじの到着まで色々撮りながら時間をつぶしてましたが、結構あっ
と言う間に時間が過ぎました。255系と並んでE257系も好きなので
今回は往復かいじです。
行きかいじ
▲253系以降も結構すきです

1時間少々で甲府駅に到着。ここから313系ワンマンの身延線に乗
換え5分足らずで南甲府駅に到着。
広い構内は線路が残っているものの、ガラーンとしていてちょっと悲
しいです。ヘッポコが小学生の頃は構内が貨車だらけでした。
南甲府構内

かつて専用線は、セメント、石油、ガスと繋がっていて、そにに見合う
数の貨車が構内を埋め尽くし狭く感じるくらいでしたが、今では専用線
部分の線路は全て撤去されています。
鈴与
▲鈴与や合資会社へ伸びていた線路.鈴与の基地は今も健在.

遊亀川橋梁

セメント線
▲奥野さんのブログにもあったセメント線も今ではブッツリ・・・

もうちょっと昔からこの分野に興味があれば・・・っとまた後悔です。東
花輪駅の専用線が無くなる時は写真を撮りに行きましたが、南甲府駅
の時はいつも見ていたからと腰を上げませんでした。
ヘッポコが小学生の頃、たしか50kmまでの子供急行料金は350円
で、南甲府駅で貨物の入換を見た後、急行富士川に乗車し、甲府駅
でも貨車の入換を見て、バスで田舎の家に戻るというコースが定番で
した。大人になっても目に焼き付けるだけで、写真は撮りませんでした。
今回は墓参りによってから、再び構内の観察です。
南甲府駅
▲駅は貨物の取り扱いが多かったため結構大きいです

今回は、もう無くなったと思っていた検重線を2年程前に車窓から発見
し、写真に撮ろう撮ろうと思っていましたが、これをまた撮ってなかった
のを奥野さんのブログ見て思い出しました。
この写真のアングルから撮るとき、晴れの日は思いっきり逆光で、夏
場は草が生い茂ってます。なので冬の曇りしか撮りに行け無いなぁ・・・
っというのが本音でした。
検重線
▲無轍差転轍器という変わったポイントです

検重線とは高速道路の料金所脇にある、トラックの積載量を計る設備
の鉄道版で貨車のまま秤に載せて過積載かどうかを計量するための
施設です。
現在の鉄道貨物がこんな状況ですから、今現役の検重線は無いと思
いますがどこかの専用線にひょっとしたら残ってるのかなぁ・・・
検重設備

貨車が通過する時は直線側を通り、計量する時は分岐線側を通り
ます。計量装置が開きッぱになってましたが、秤はそのまま入って
ました。こんな設備もモジュールに欲しいです。
計り

さて、撮影も出来て帰ろうっとした所、常永駅で異臭がするということ
で身延線が運転見合わせになっちゃいました。消防からの情報提供
があったとかで20分ほどした後、常永駅通過扱いで運転再開。しば
らく駅構内でうろついてました。
313,373
▲373系は間合いの留置中で313系は回送でやってきました

過去の教訓を生かし、ギリギリの乗換設定をしないようにしていました
が、今回は教訓が生かされました。かいじの指定券は予め購入してい
たのであぶなかったです。
かいじ
▲甲府駅では接続するあずさではなく1本後のかいじを事前に購入♪

さて、今回行きも帰りもかいじで乗車したのは8号車の半室普通車サ
ロハE257です。座席定員が少ないから静かかな?っと思いMV機
で一番端っこの座席を購入。
車内
▲予想どおり静かでした

本日の帰りも定番の「高原野菜とカツの弁当」を食べながら帰宅と
なりました。
弁当

本日の移動距離は往復207キロ。今年のお出かけはこれが最後だと
思います。ちなみに、今年のお出かけ距離は2万5千キロでした。



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 05:50 | コメント(10)| トラックバック(2)

車掌車

さわやかな秋の夜長が続き、模型製作にはもってこいの時期です。
よって翌日は寝不足になる悪循環の季節でもあります・・・(-_-;
秋の夜長にコーヒー飲みながらの製作はサイコーです。
東海道新幹線で車内販売のお姉さんからホットコーヒーを買うと季節
でコーヒーカップの色が変わります。赤のカップになると秋を感じるの
はヘッポコだけでしょうか・・・

9月29日に九州へ行った時は青カップでした。
青
▲モーニングでこのセットを買うと100円引きになります

10月9日に名古屋へ行った時は赤カップになってました。
赤
▲青カップは夏だけの期間限定でそれ以外はこの赤カップです

さて、昨日運転会をして貨物列車を走らせたヘッポコでしたが、貨物
列車の最後尾には「ヨ」「フ」の車掌車が連結されていないと納得が行
きません。模型ではヨ8000,ワフ29500を取っ替え引っ替えでした
が、そろそろ固定編成で揃えたい所です。
実物はもう殆ど見かけなくなりましたが、昔のアルバムを含めちょっと
整理がてら出してみました。
先日、北九州ターミナルでヨ38000が捨ててあるのを見かけて、とて
も悲しかったです。
38000

1997年頃、川崎の塩浜界隈で見かけたヨ8000。この時はしばらく
同じ位置に止まっていました。
ヨ8000

1982年頃の甲府客貨車区脇に止まっていたワフ35000。奥には
「ソ」と救援車の旧客が止まってます。本当はこの「ソ」を撮りたかった
のですが、昔はこういう留置貨車によるカブリで目的の車両が撮れな
い事が結構ありました。
ワフ

で、高い所から撮ると架線だらけ・・・
ソ

ロンチキの最後部にもしっかり車掌車付いてました。こちらはヨ6000
です。ヨ6000もテールライト付きが出ると嬉しいのですが・・・
1982年木曽川駅で撮影です。
ヨ6000

私鉄貨物にも車掌車ありました。小田急のトフ100で、奥のホームに
は荷物電車も写ってます。デニ1304で配送のサボぶら下げてました。
トフ

やっぱり模型では車掌車ははずせないです(^^)

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:29 | コメント(2)| トラックバック(0)

西下のまとめ(後編)

2日目は台風接近による前線活動が活発化し朝から雨です・・・

雨なので写真は諦めてビデオメインに切り替えました。まずは富士は
やぶさの分割シーンを撮りたいのと、乗ってみたいと言うのもあり門司
駅へ向かいます。EF66を先頭にやってきた富士ぶさは下関駅でEF
81に付け替え関門トンネルに入ります。門司駅へ到着すると富士、は
やぶさにそれぞれ分割し、ED76が牽引していきます。
ビデオメインに撮りましたが、はやぶさの方はホームからはみ出して
いて撮れません。
富士
▲平日でもかなりの撮影者がいました

富士を見送った後、小倉へ向かい30分ほど後に来る0系に乗車し新
下関駅へ向かい、そして今度は何も無いのを承知で重安駅へ向かい
ます。
重安待合い
▲模型にピッタリの佇まいですが山の中で何もありませんでした

今度は宇部岬駅へ向かいます。目当ては宇部岬にいるA-B配置軸
のスイッチャですが、お昼休み中というのと雨が酷いためすぐに退散。
宇部新川
▲列車の時間もあるので先を急ぎました(原版をトリミング)

今度は黒崎駅からの回送になるEF81を撮りに小倉駅へ再度向かい
ます。昨日に続き黒崎貨物はEF81-303を先頭に走っていたよう
ですが、雨が酷くぶれちゃいました。
EF81
▲303が2日続けてでした

そして小倉駅で特急列車を撮り、最終0系に乗車するため博多駅へ
向かいます。しかし、ヘッポコには全く分からない九州の特急列車で
した。
ソニック
▲ソニック

有明
▲有明

ゆふデラックス
▲ゆふデラックス

かもめ
▲かもめ

分かったのは「かもめ」くらいでした(-_-;
ヨドバシへ行ったり、食事を摂ったりして0系の時間まで待っていた
ら・・・100系が代走してました。とりあえず乗り、新下関駅へ向かい
またまた関門トンネルを通り小倉の宿へ戻りました。。
100系
▲こだま724号が0系ですが,100系のため4両の表示になってます

最終日は台風の接近でさらなるパワーダウンを予想していましたが、
日の出と共にグングン天気が回復!宿を6時半にチェックアウトして
小倉駅へ向かい500系の「のぞみ6号」と0系こだまの撮影です。
500系
▲ほくろ付きのW1編成がやってきました

0系
▲露出が怪しいです・・・

そして再び富士ぶさに乗車するため下関駅へ向かいます。10月1日
で定期券の切り替えが多い様で、前日よりみどりの窓口が混んでまし
たが、到着15分程前には購入出来ました。
立席特急券
▲立席特急券でも列車名が入るため良い思い出になりました

昔は地方の特急停車駅へ行くと、何個も蛇口が並んだ洗面台と駅弁
屋さんが必ずホームにありましたが、いつの間にか無くなってしまい
ました。下関駅のホームにはまだ健在です。ふと昔を思い出しました。
夜行列車が着くと、顔を洗っているお客さんが沢山いたのも記憶にあ
ります・・・
下関
▲平成になった途端見かけなくなりました

ふじぶさ
▲下関駅に入る富士はやぶさ号

富士
▲前日と同じく分割後の富士号

2日間とも最後部の車掌室の前で関門トンネルの後方展望ビデオを
撮影してました。そのうち編集してアップします。

今度は小倉駅で原色415系を待ちます。運用では0系と並ぶ時間帯
の様でして、門司港寄りに原色が付いている事祈りつつまちます。
並び
▲光線状態とかはともかく二昔前の並びが実現しました

そして、門司港駅まで乗車しました。
415系
▲これなら曇りか雨の方がよかった

昼間
▲昼間の門司港駅は堂々として見えます

415系で締めくくり素晴らしい秋晴れの中、のぞみ号で4時間半かけ
て品川駅まで乗車し帰宅しました。
岡山県
▲稲刈りが終わった山口県内の車窓

コンビナート
▲徳山のコンビナート地区を通過する車窓


本日も長々とご覧いただきありがとうございました。





貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:38 | コメント(4)| トラックバック(0)

身延線の貨物列車再現?

ちょっとココ最近バタバタしていて更新ペースが模型製作ペースの様
に落ちています。
でもって、今日は韮崎まで行って来ました。韮崎駅から1キロ程行った
ところに韮崎中央公園があり、ココには身延線の砂利貨物を再現した
様な貨物列車の編成が展示されています。
先日の碓氷鉄道文化村に引き続き、EF15の観察もしたいと思って
いながら、なかなか寄る事が出来ませんでした。

今年の5月に韮崎へ行った時も寄ろうと思ってましたが、仕事と時間
の都合で寄れず今日に至ってます。
さて、EF15ですが・・・改修中?まるでさび止めのような茶色1色で
どうしたモノか・・・
パンタまでこの色です。改修中なら良いのですが、この塗色がデフォ
ルトだとちょっと悲しいです。
EF15
▲イメージピッタリの編成です!

EF15の他にもトラ70000×3両とヨ5000が連結され編成として展示
されています。

トラ70000まで従えて正に、身延線の砂利貨物です。現在製作中の
砂利積込場モジュールの起爆剤になればと、自分へ見せに行って来
ました。
トラ

最後部にはヨ5000もしっかりと連結されていて、往事の雰囲気満点
でした。
ヨ



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:42 | コメント(4)| トラックバック(0)

タキ色々

先日の名古屋でタキ7750やタキ5450をタップリ見たので、JAMで
も河合商会のブースで直販品やら、バラ売り店で貨車買っちゃったり
してます。
タキ5450がトミックスからしか出ていなかった頃は、特に興味も無か
ったのですが、やっぱり実物みると欲しくなります。百聞は一見に如
かず・・・かな?
タキ5750

タキ7750も今まで全く興味なかったのですが、以下同文・・・
ヘッポコ鉄道の設定は関東なので、この車種が以前関東まで遠征し
ていたかどうかは分からずですが、黄色のタキなんてしょっちゅう見
かけていたからOKと勝手に解釈です(^^;
無難なところで、NRSとか日石輸送も購入しちゃいました。
タキ7750

リトルジャパンに予約したのも含めると、相当な化成品ヤードを作らな
ければならないです。

で、名古屋臨海の東港で見かけた秩父のタキ1900は廃車待ちの状
態です。横の重機で「エィ、ヤァー」っとやられるのでしょうか。
秩父
▲こういうモジュールは作りたくないです(^^;

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:52 | コメント(8)| トラックバック(0)

速星のスイッチャ

もともと、貨物もスイッチャも好きなんですけど、最近はその傾向が加
速してます。とくにスイッチャを追いかけていたわけではありませんが、
奥野君の専用線日記というブログにであってから、時間情報が手に取
る様にわかるため、調査しやすくなった、というのがあります。

で、新貨車工房のスイッチャを製作するために色々な所の機体を観
察していたわけですが、むしろ機体に会える、会えないで一喜一憂
するどころか変な達成感というかムキになりつつあり、かなりやばい
病気になりかけてます(^^;
安中辺りでおとなしく終了していれば良かったのですが・・・

で、コチラ速星のは日立の25t機です。
サイド
▲L形なら新貨車の20tとさほど変わらないかな?

下回りはスポーク車輪でした。
車輪

スイッチャ製作出来るのかしら?
速星

でも、サッサと撮らないと来年あたりまたゴッソリ無くなってしまうなん
て事態になったりしても困りますし・・・
現にモタモタしていたから、今年の3月で激減して後悔してます。

模型用にスイッチャまとめたページ作ってもあんまり役に立たない
かな?
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

伏木界隈

伏木については、ヘッポコの勘違いでご迷惑をおかけしました。

なんと言ってもはじめていった場所。運河挟んで、地理関係がよく分
からず・・・まぁ、いつもの事でお許し下さい。
RM7月号にも伏木駅からの発送が9月で廃止になる記事が載って
ました。

こちら、氷見線の伏木駅からコンテナホーム側を覗いた所です。たし
かに、コンテナまだいっぱいいますね。
伏木駅

伏木駅で「おっ、スイッチャ」っと思ったのはモーターカーラッセルで
した。
モーターカー

で、こちらが高岡貨物駅です。コンテナ専門の駅として開業しました。
高岡貨物

高岡貨物駅の本屋には、日通の他に、伏木海陸運送高岡貨物駅営
業所も併設されていました。河合のホキ9300も欲しくなってきたり
します・・・
高岡本屋

そういえば、新潟の焼島貨物にある北越製紙はコンテナ専用の貨物
ホームを新設したそうです。N-9という工場を新設したものによる
増産とかですが、ワムが将来怪しくならなきゃ良いのですが・・・

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:26 | コメント(2)| トラックバック(0)

今日は現役

昨日は貨物輸送が終了した場所をメインに回ってましたが、今日は
早朝から現役施設の訪問です。

名古屋~四日市辺りはいまでも臨港線がバリバリの現役で活躍して
います。JR東海フリークのヘッポコ工場長ですが、中京地区の貨物
目当てに腰を据えて行ったことが無く、今回じっくり回りました。

まず、宿を朝早く出て名古屋駅6時半過ぎの関西本線に乗車し、四日市
駅を目指します。四日市駅到着後色々撮りすぐさま太平洋セメントの
取り降ろし設備がある四日市港へ向かいます。
四日市
▲やっと現役のセメント取り降ろしがみられました

スイッチャの入換等もビデオに撮り、今度は塩浜駅へ向かいます。広
い構内にはタキがいっぱいいました。
塩浜
▲端っこに黄タキがいます

その後、近鉄に乗車し近鉄富田駅経由で三岐鉄道藤原駅を目指します。
前回5月に行ったときはセメント工場が点検で操業がなくその時のリ
ベンジ戦です。
東藤原
▲秩父のDDが色褪せて・・・

東藤原駅で貨物の入換や突放を見て再び四日市駅を目指します。今度
は四日市駅構内に黄タキが2両もいました。
黄タキ
▲走っているところも見てみたいです

そして、南四日市駅でスイッチャを見た後伊勢鉄道経由で津駅まで乗
り鉄を堪能し、再び紀勢線、関西線経由で名古屋にもどりました。
南四日市
▲スイッチャは捨てられいるのでしょうか?

名古屋に戻った後、GM大須店へ向かい宿へ戻りました。
明日帰宅です。



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

墓参り

昨日、初めての北陸乗車で富山・高岡へ向かいました。墓参りです・・・

っといっても本当の墓参りではなく、もう貨物輸送が終わってしまった
場所や、鉄道輸送の終了したセメントサイロなどを見て回る旅です。
上野23:03発の寝台特急北陸に乗車です。しかし、途中沼田駅付近
で豪雨のため運転見合わせの先行列車に近づき、こちらも遅延になっ
てしまいました。結局高岡駅には5分延で到着しました。
北陸

明けて今朝、高岡駅で氷見線に乗り換え、伏木、高岡貨物、能町とま
わりましたが、能町ではスイッチャが6台もだるまさんになってまして
すかさず合掌!
スイッチャ
▲15t4台に10tが2台も!

その後、越中大門でセメント工場を拝み、その後速星駅へ。銀タキも
マークがほとんど外されてましたが、2両だけマーク付きがいてまた
合掌!
速星
▲マーク付きは2両だけでした

越中八尾からワイドビューひだに乗りましたが、またまた集中豪雨で
焼石駅で1時間も運転見合わせです。
なんとか動き出して、美濃太田乗り換えで坂祝駅へ向かい、またまた
セメント工場の残骸に合掌。
坂祝
▲小雨の中悲しい墓参りです

今日の夕方は東海道新幹線も止まったようで・・・本日は名古屋泊です。
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:30 | コメント(6)| トラックバック(0)

荒川沖のサイロ

今日は荒川沖駅にあったセメント取降ろし施設を見に行ってきました。
既に鉄道でのセメント輸送は終了していますが、サイロと施設はまだ
そのままでした。

ヘッポコはまだ乗ったことのなかったE531系常磐線快速に、上野か
ら乗車し荒川沖を目指します。常磐線にも昨年からG車が組み込まれ
いるので毎度ながら2階席へ着席します。
E531
▲行きのG車は2階に4人しかいませんでした

普段乗り慣れない常磐線の車窓は、とても新鮮に映ります。
車窓

1時間ほどで目的の荒川沖駅に到着。改札をでて目当てのサイロへ
向かいますが、外側からは収穫ナシ。再び改札を入り、上りホームへ。
側線はセメント輸送があった頃のままで、一部分岐器が撤去されてい
た部分もそのままでした。
荒川沖

セメントの取り降ろし施設と側線の雰囲気が、昔の南橋本駅に似てい
て、なんだか懐かしく感じました。取り降ろし部分の写真なんかも撮り
モジュールの参考にします。
サイロ

しばらくうろついた後ホームでサイロを眺めてると、通過列車の放送が
入り進入方向を見ると貨物の様です。
で、やってきたのは東邦亜鉛のトキを従えた安中貨物でした。
安中貨物
▲トキ25000の5両のみでタキは付いてませんでした

現役の頃にもっと通えばと今日も後悔し、帰りもG車に乗車します。
柏駅を出た頃車内放送で「NREより~」っと新幹線などでもお馴染み
の放送が入りました。
「NREより~、グリーン車をご利用のお客さまに車内販売のご案内で
す」っと。聞けば、G車のみで発売するハンドタオルや、当時の味を復
元した「食堂車のカレー」なるモノも限定販売とやらで回ってきました。

東海道新幹線の100系食堂車で、遂にカレーライスを食べる事が出
来なかったヘッポコ工場長はとりあえず購入してみました。
1個400円という決して安くないカレーですが、お味はどうかな?
カレー

G車の車内販売は東海道、湘南新宿ライン、高崎・東北線と各線行わ
れていますが、「限定品販売」というのは今日の常磐線が初めてでした。
帰りのG車もヘッポコを含め3人しか乗車しておらず、他線に比べると
日中の乗車率は著しく悪い様に思いまた。

限定品販売はその巻き返しでしょうか?

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

安中貨物

すっかり忘れていた安中貨物のビデオです。スイッチャが行ったり
来たりで8分間ほどありますのでお暇な時に見てください。

ビデオ見て頂くと、このスイッチャのライトがカタツムリの様に突
き出ている理由がわかります。

東邦亜鉛安中貨物
東邦亜鉛安中貨物[アメーバビジョン]
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 16:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

セメント三昧

いよいよ夏休みが始まり18切符のシーズンにもなりました。今回も赤
券の18切符を入手しまして早速消化開始です。

行く場所に悩んでいましたが、武州原谷のタキ1900が移動すると聞
き訪問先を秩父に選定です。今月1日に訪れた時と同じ感じでして武
川駅へ向かいます。

前回は秩父セメント+日本セメントでしたが、今回は日本セメント+明
星セメントということで、まだ撮った事のない明星タキの形式を撮影で
す。日本セメントとタキは先日と同様カサカサ塗装でしたが、明星タキ
は現役のように黒々としてました。
明星タキ
▲埃は被ってましたが塗色はキレイでした

常備駅
▲もっとマメ通えばと後悔

駅で形式を撮り終えた後、同目的で訪れていたつかささんと合流する
ことになり、秩父の師匠と呼ばれているzuppeさんの車に乗せて頂き、
さらに西武の神と呼ばれているヤマシタさんとのお仲間にいれて頂き
撮影地へ案内して頂きました。
日本全国駅撮り以外知らないヘッポコとしては、車に乗せて頂いて撮
影地に行けるという贅沢さも堪能しました。
カーブ
▲定番カーブの撮影に大満足です

カーブでの撮影を終え武川駅に戻ろうとしましたが、せっかく~とのこ
とで三ヶ尻線から工場へ案内して頂き、石炭ホキの入換風景を撮影
です。zuppeさんは数え切れないほどいらしている様で、「あの入換は
今度こっちの線路通ります」っと的確に指示を頂き、チャンスを損ねる
事無く撮影できました。
三ヶ尻
▲秩父の師匠を目の当たりです!

皆さん次の予定が一応ある様でして、私は影森へ向かう用事があった
ので足を引っ張る訳にもいず失礼しようとしましたが、なんと!これま
た影森まで車で案内して頂けると言う事で、甘えてしまいました。
が・・・肝心な用事が空振りに終わり・・・皆様にご迷惑をおかけしてし
まいました。
影森は午後休業でした。
影森
▲途中撮影地なども教えて頂きながら影森到着

いい加減これ以上皆様にご迷惑をおかけするわけにはいかず、昼食
を摂って私は失礼させて頂きました。
昼食も、皆さんの秩父定番「おそばやさん」へ案内して頂きここでも秩
父を堪能しました。
影森駅でお別れしてヘッポコは次の目的地、上越線八木原駅へ向か
います。熊谷から再度高崎線~上越線を乗り継ぎ八木原駅へ。目的
はデンカセメントの取り降ろし施設です。線路も若干残っていて前から
気になっていまして今回訪問観察となりました。
八木原遠景
▲側線の雰囲気もいいです

八木原
▲線路は手前で切れてますが,奥に軍配マークのタンクが見えます

ここは塀などが無く、トラロープで仕切られているだけでかなり近寄っ
て見る事が出来、モジュールの参考になりました。
こちらは東海道線清洲駅に併設されている、同じくデンカセメントの施
設でして、東海道新幹線の車窓からいつも気になっています。
清洲

八木原で詳細なセメントタンクの写真が撮れたので大満足で帰宅です。
安中へも向かおうと思ってましたが、実は東武「りょうもう」が特急にな
ってからまだ乗ったことが無いため、丁度良い機会なので帰りは「りょ
うもう」で東京へ向かう事とし、新前橋から両毛線で足利駅へ向かいま
した。

前回両毛線に乗った時、足利駅前になにやらEF65の様なモノが飾ら
れていたためコチラも気になっていました。しかし、EF65ではなくEF
60の最終タイプでした(-_-;
EF60
▲反対側には上る階段もありキャブが公開される事もある感じでした

JR足利駅から東武足利市駅まで10分少々歩き、足利市駅に到着で
す。特急券を買う際「当日券は隣の券売機でお求め下さい。座席の位
置など
細かい指定がある場合は口頭で係員にお申し出下さい」と張り
紙があったので迷わず窓口へ!
どうしても進行方向右側に座りたかったので、その旨窓口の係員にお
願いし希望通りの席がとれました。

つかささんから「りょうもうには渋いシートの車両もありますよ」と伺って
いたのでちょっと期待しましたが、残念ながら来たのは高級「タイプ」の
シートを装備した車両でした。
シート
▲一般客にはこちらのシートの方がいいに決まってますが・・・残念

足利市駅をでると70キロそこそこですが、単線のため交換駅ではポ
イントで速度低下が続きます。沿線風景も殆どが平野の中でしたが、
東武和泉駅などは駅前に農業倉庫らしきものと側線の跡などがあり、
館林駅などと共にまた訪れたいとおもいました。
館林駅を出ると85キロ程度で快調に飛ばし、南羽生を過ぎた頃には
95~100キロ程度と心地よいスピードで浅草駅へ向け走ります。

つかささんたちは、上州名物焼きまんじゅうを堪能されていたようです
が、ヘッポコは浅草駅到着後駅前の「松屋」(牛丼屋の方の松屋)でい
つもの食事を摂り帰宅しました。
りょうもう


ムリな注文でお付き合い頂いたつかささん、zuppeさん、ヤマシタさん
ありがとうございました。
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:41 | コメント(6)| トラックバック(0)

石灰石

かつて南武線で走っていたED16+ホキ2500の石灰石貨物編成を
再現するためチョコチョコと各車両をいじくってます。
ED16はマイクロセットばら売り単品を購入し、ホキはGMの3両セット
のヤツです。全部年代がバラバラで購入してるので最初からマイクロ
のセットを買えばなんの事は無かったのですが・・・

ところで、積荷の石灰石は載せた状態にしたいのでモーリンの石灰石
N用を購入して載せてみようと思いました。で、どんな積み方かな?と
写真を眺めていたら、石灰石の大きさが採取地によって違うみたいな
んです。
秩父鉄道のヲキによる石灰石ですが、コチラのは小粒なんです。
ヲキ
▲ヲキ100による石灰石輸送

秩父石灰石
▲秩父・武甲山の石灰石は小粒でした

そして、美祢線から小野田へ向かう石灰石編成のは砕石のように大粒
です。
ホキ9500
▲コチラはホキ9500による石灰石輸送

美祢石灰石
▲美祢線の石灰石は線路に使う山砕石くらいの大きさ

どちらも石灰石ですから、採取時の工程で大小があると思うのですが
実際にはもっと深い理由があるのかはヘッポコには知る術がありませ
ん。そうなると、西濃鉄道のはどうなんだろう?
かつてSLの石炭で美唄と夕張の石炭が、熱量などで優れた石炭と言
われた様に、石灰石にも土地のクセによる良否があったりするとなる
と、なお一掃奥が深く積荷を考えてしまいます。

こちらは西国立にあったED16のネグラです。今ではマンションが建ち
引上線の車止め残骸がちょっとあるだけで跡形もありません。南武線
での走行写真も何枚かあったはずなのですが、ネガが見当たらず・・・
目指すは奥多摩産の石灰石です。
ED16
▲西国立駅に併設されていた立川機関区


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:34 | コメント(8)| トラックバック(0)

セメント病とキハ30

鉄道によるセメント輸送が激減してるなか、モジュールでセメントサイ
ロを作りたい・・・しかし、輸送終了箇所ばかり・・・と言う状況です。

セメントサイロの詳細が全く分からなく困ってまして、矢板もサイロが
無いという話しも飛んできましたが、知人に問い合わせた所、矢板は
セメントヤードとしてまだサイロが残っている事が判明!早速今日サ
イロの写真を撮りに行ってきました。

関東地方の天気はあまり良くない予報でしたが、全然はずれでして
全く降られませんでした。
東京駅7:40発のやまびこ205号に乗車し宇都宮駅を目指します。
やまびこ205号
▲今回は自由席で行きました

宇都宮駅で東北本線の普通列車に乗り換えましたが、宇都宮以北で
普通列車に乗るのは、先日の小山に続き今世紀初です!
107系かと思ってましたが、ホームに止まっていたのはボックスシート
の211系5連です。30分ほどで矢板駅に到着です。しかし車扱いコン
テナが終了した矢板駅は寂しい感じでした。
矢板
▲貨物線側は枕木が置かれ使用停止になってます

そしてまず最初の目的セメントサイロに到着です。サイロは現在も発送
基地として機能していまして、線路が無くなった以外は昔のままでした。
隅田川などと違いここは間近で荷役が見られたので、10年ほど前は
何度か通ったのですが、サイロの写真なんて全然撮ってなかったです。
サイロ
▲屋根の付いた箇所の荷役設備も観察できました

サイロの写真を撮りに来たついでに、矢板駅界隈のセメント基地も押
さえようと思い帰りは寄り道です。こちらは矢板駅の3つ隣の氏家駅
に併設されいた住友セメントの専用線です。
氏家駅
▲ここもセメント輸送は終了してます

荷役設備が見られるかなぁ?と思いピットの方へ向かうと、中にはま
だスイッチャが入っていました。しかし、本線と貨物線はレールがもう
つながっていないので、このスイッチャーが動く事はなさそうです。し
かも後ろ向きなので詳細が分からず・・・です。
スイッチャ
▲どんなスイッチャなのか気になります

そしてもう一つ隣の駅の宝積寺駅でもセメント専用線が残ってました
が、こちらはあまり写真の撮れる場所ぢゃ無かったので、車内からパ
チリと撮りそのまま通過乗車です。
宝積寺

そして次の確認箇所である川島駅へ向けて、宇都宮駅で水戸線へ乗
換ます。
水戸線

しかし、川島駅の側線は草ぼうぼうでサイロはナシ・・・そのまま乗車
して下館駅を目指します。2番目のお目当てはキハ30です。

近々、DCで大好きなキハ30系列がでるので、そのお勉強として関鉄
のキハ100を観察しに行きます。
下館駅に到着すると関鉄線で待っていたのは・・・レールバスタイプの
キハ2200でした。
関東鉄道
▲残念!

単線でDCに揺られる事約1時間!水海道駅に到着です。すると反対
側ホームに区間折り返しのキハ100こと元キハ30がいました!
すかさず下車しスカ色キハ100を撮影。このキハ100は補強板のな
いタイプでした。
キハ
▲個人的には補強板ある方が好きです

今朝から何も食べて無く、ハラが減ったので駅前で何か食べようとグ
ルリと見回すと・・・あったのは「お人形屋さん」だけでした(-_-;
コンビニはありましたが、とりあえず車庫を目指して歩き始め県道を
歩く事約8分。地元の定食屋さんがありそこで腹ごしらえです。

満腹な割には足取りも軽くなり再度車庫を目指し歩き始めます。更に
歩くこと5~6分ほどで水海道の車庫に到着。
キハ30系いました!関鉄色の他、首都圏色や撮影用の水色まで沢
山いまして、あちらこちら部分的に撮影もし、発売に備えます♪
キハ

この直後、外れていた天気予報が当たり始め辺りは真っ黒な夕立雲
が出てき始めました。降られてはかなわないので、足早に水海道駅へ
戻り、取手駅から常磐線経由で帰宅しました。

セメントサイロとキハ30はしばらく病気になっちゃいそうなくらい、気に
なります。

ホント模型はどうなった?

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:24 | コメント(16)| トラックバック(0)

コキ107続き

先ほど無事帰宅しました。明日帰る予定でしたが、所用の都合により
1日前倒しになりました。

東邦亜鉛のトキでは、鉄ヲタのパパさんへ説明不足によりご迷惑おか
けしたのでとりあえずお土産でコキ107です。
兵庫駅、甲南山手駅と20人くらいいました。普段こういう撮影は慣れ
ていないヘッポコにはちょっとヘビーでした。
甲種
▲牽引機のDD51 1802は先日の223系の甲種も担当のようでした

で、以下パーツです。
コキ107

連結器

フレーム上面

端梁

台車

107-4

端

端

台車の銘板は「FT3A」とありました。
今日吹田に入っているのを見かけましたが、あっと言う間に増殖するの
でしょうか・・・
そんなわけで、コレを見たあと模型屋さんに寄り我が家にはまだ配置
されてなかったコキ50000グレー台車を購入して宿へ戻りました(^^;


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:23 | コメント(2)| トラックバック(0)

広島へ

今日の広島はむせかえる様な暑さで、かなりバテてます。
今日は貨物メインではなく0系メインで、岡山~広島で行動です。

とりあえず広電で様子を見てから・・・
広電
▲お約束で広電めぐりです

その後福山へ移動し、東福山のコンテナ基地を覗いてみました、
東福久山
▲とりあえず初めてきました

とにかくひたすら0系の旅でした
並び
▲あと4ヶ月少々で終わりかと思うと・・・



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

コキ107出場

コキ出場と言ってもヘッポコ工場ではありません。
コキの新形式コキ107の量産車が今日、兵庫の川崎重工から出
場しました。そんなわけで、今日は朝から関西に来ています。
乗車した品川始発の「のぞみ99号」が大雨のため、熱海で運転見合
わせになるなどありましたが、無事到着です。

さて、1時間ほど新幹線が遅れましたが、無事兵庫駅和田岬線ホーム
へ時間通りに着けました。
DD
▲川重から出場してきた甲種編成

コキ107-1は先行試作で出場しているので今回は2~4の3両でした。
コキ107
▲今回は107-2~4の3両

107
▲まだピカピカのグレー車体?です

その後は甲南山手でEF65狙いで待ちかまえます。1時間半ほどの
間に3本は通るハズでしたが、下りは静岡地区の悪天候のため5~6時
間の遅延で、結局上りの1本しか撮れませんでした。
今夏は運用も事前勉強したのに・・・明日以降にリベンジです!
EF
▲やっと撮れました


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:49 | コメント(6)| トラックバック(0)

再び秩父へ

もう今年も半分が過ぎてしまいました。模型はなにも進捗無しです。

先週の金曜日に引き続き、今日も秩父~安中へ行って来ました。い
つも湘南新宿ラインではつまらないので、今日は東京駅8:24発の
Maxとき309号で熊谷駅まで乗車です。
マックス

自由席でも良かったのですが、MV機で久々に座席取ってみたかった
ので敢えて指定席です。しかも、1階の3列席という絶対今後は、こん
な席は取らないだろうという席を選びました。
窓が小さくしかも、窓枠に飲み物を置く事ができないです。
マックス車内
▲案の定窓の外はずっと防音壁でした

熊谷駅到着後秩父鉄道へ乗換えとなりますが、今日は1駅だけ急行
に乗車して武川駅へ向かいます。窓口で急行券200円の硬券を購入
し、9:31発の急行三峰口行きに乗車し、程なく武川駅に到着です。
武川駅に到着すると丁度、石炭のホキ10000がいました。
武川


一旦改札を出て、窓口で1000系の記念乗車券などを全種類購入し
て再び駅構内へ。
そして・・・やってきました!本日のお目当てコタキ車12両編成です!
貨物到着

首都圏ではセメント輸送が壊滅状態で、タキ1900も大量に余ってし
まってます。気が付くといつも無くなってるパターンになってしまいま
した。
タキ1900は久々に見ましたが、武州原谷駅に留置してあるままで、
カサカサ塗装のちょっと悲しいバージョンです。
秩父セメント

コタキ
▲三峰口寄りには1両だけ日本セメントのタキが付いていました

その後録音がてら、1時間ほど乗車して影森駅へ向かいます。影森
駅では乗ってきた旅客車の1本後をくっついてくる貨物があったので
それを撮影し、再び熊谷駅へ戻ります。
改札出て昼食を・・・と思いましたが、駅の外は何もナシ。キレイになっ
た公衆便所をみつつ再びホームへ上がります。
影森

今回もカラフルな1000系には乗る事が出来ませんでしたが、熊谷駅
へ着くとウグイスとブルーが仲良く並んでいました。
1000系
▲やはり混色も見たいです

で、せっかく秩父まで行くので安中もついでに・・・っと。

今回の乗車券は大井町→安中でしたが、先日車窓から見た渋川駅が
気になったので一度乗り越し扱いで渋川駅を目指します。
やはり貨物輸送の終わった渋川駅構内は閑散としていて、かつて線
路があったりトラックがいっぱいいた場所は駐車場に転用されてました。
渋川
▲寂しい限りです

渋川駅から安中駅を目指します!
そして、今日はビデオカメラも持って行ってたので気合いをいれて安中
貨物の到着を待つ事にします。
安中駅でぐるりと構内を見回しましたが、今回もL型スイッチャは見当た
りませんでした。
安中運輸
▲右側のトラックと同じ塗色の安中運輸スイッチャ

今日も定刻通り安中貨物がやってきました。今日のカマはEF81 87
で今日も流れ星付きです!
8187

で、今日はビデオメインの撮影でしたので貨物の写真はココまでです。
帰路は高崎駅から駅弁を食べながら湘南新宿ラインで帰宅です。
ビデオも編集後近いウチアップ予定です。

今日も模型いじれませ~ん・・・


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:17 | コメント(8)| トラックバック(0)

安中貨物

3日目までお付き合いありがとうございます。
安中貨物は福島臨海の宮下から遙々やってくる東邦亜鉛の鉱石貨
物です。昨年までの貨物時刻表には臨専貨で日中の設定もあったよ
うですが、現在は夜間発着の1本だけです。
写真の時刻的には、夏至を挟んだ2週間程度しか撮れそうにないた
めちょっと粘ってみました。

1時間半待つ事ようやく、流れ星EF81に牽引され到着しました。到着
後すぐにカマだけ切り離され下り旅客が1本行った後入換開始です。
貨物到着

カマ

下り旅客が行った後、入換信号機によりカマのみ転線しその後ポイン
トが貨物側に切り替えられます。
ポイント

今回のスイッチャは、貨物自動車と同じ塗色の安中運輸の凸型三菱
35t機です。L型もいたはずですが今回は山の中でしょうか・・・
スイッチャ
▲後部標識はLEDの眩しい角形です

あっとう間にやってきてサッサと連結です。
連結

そして亜鉛焼鉱のタキ15600を3両だけ切り離してサッサと山の中へ
消えていきました。
発車

と言う事でタキを山の中に捨ててきて、35t機が再び下りてきたのは
19時ちょっと前です。もうこれ以上撮影はムリなのでこの辺で引き上
げてきました。
昨年は2回訪れましたが昨年より貨車が減って構内がガランとした感
じでした。

安中に出入りする貨車です。
こちらは東邦亜鉛の亜鉛精鉱積載のシート付きトキ25000です。
トキ
▲東邦亜鉛のトキ25000-1トップナンバーがいました

そして亜鉛焼鉱積載の小ぶりながら40t積タキ15600。ウエザリング
も参考になりそうなくらい茶色いです。
タキ15600
▲上部のデッキがタキ1900みたいです

昨年見た時は、タキもいっぱいいたのですが・・・
濃硫酸積載の伊藤忠商事タキ4000。古めかしいタキでスポーク車
輪を履いてます。この時は東邦キャリア㈱が第三使用者となっており、
東邦亜鉛の輸送部隊がレンタルしてた模様です。
タキ4000
▲こちらは35t積

そして、NRSで岳南富士岡駅常備の濃硫酸積載タキ29300です。
タキ29300
▲岳南に出入りしてる時に拝んでみたいです

で、前に見掛けたL型スイッチャ日車の25t機です。まさか貨物減少
で廃車になったとかは無いと思いますが、以前はアントで取り込んでい
ましたがアントは何台か表に捨ててあります。
L型スイッチャ
▲しばらくは岳南と共に通わないと・・・

18切符シーズンにもう1度行ってみようかと思ってます。
いい加減模型もやらないと・・・

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:19 | コメント(10)| トラックバック(0)

日本セメント専用線

廃止後に訪れた写真がありました。廃止直前に行った時はポジで撮
ったのでスキャンが・・・
高麗川駅を出た専用線は、川越線と八高線の間を単線で右カーブを
描きながら日本セメントの工場へ向かいます。高麗川駅付近は住宅
が疎らにありますが、ちょっと行くと畑の中を線路が貫いてました。
専用線
▲非電化の単線です

約1キロほどで日本セメントの工場に到達します。正面に見える高い
建物が日本セメント埼玉工場で、この線路の延長上に東武の西大家
駅からくる専用線が繋がってました。
セメント工場
▲工場には専用のスイッチャーがいました

こちらは日本セメント埼玉工場内にあった機械式入換信号機で、工場
の信号機とポイントは全て機械テコ式の旧型で、特に機械式入換信号
機は国鉄で用途廃止になった後は、この専用線にしか存在していませ
んでした。
機械式入信
▲入換進行を現示したままボロボロに錆びた状態です

写真は2003年5月に撮影。日本セメントは現在太平洋セメントに社名
変更しています。

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

三岐

10年程前から行ってみたいと思っていた三岐鉄道。しかし、ヘッポコ
の用事からすると通り道には無く、なおかつ泊まりがけで行く距離で
もないため行く機会をずっと伺ってましたが、先日の一畑の帰りにやっ
と寄る事が出来ました。
三岐ではまず、平津駅付近にある電鐘M型の旧型踏切へ音撮りのた
め向かいます。しかし、脇に用水路があるためクリアーな音撮りがで
きませんでした。
後ろにある平津駅の場内信号機には通過信号機が付いていて、一畑
と共に観察できました。
三岐踏切
▲余り見掛けなくなったM型

その後クルマを置いて、山城から富田まで乗車したあと、再びクルマ
でセメント工場のある東藤原駅へ向かいます。
東藤原駅に着くと駅前には小野田セメントのホキ5700が展示されて
いました。
駅舎
▲小野田セメントホキ25767

構内で写真を撮るため入場券を買い求めに駅舎へ入ると、中にはセ
メント工場の輸送に活躍した貨車の写真パネルが展示されています。
貨車博物館もある三岐だけのことはあります。
駅内
▲小野田セメント時代からの写真があります

ホームへ上がると構内はタキ1900でギッシリです!奥の方にホキ
10000が数両と秩父のカマが居ました。
構内でウロウロしていると、駅長さんと思われる方から「貨車マニアで
すか?」っと好意的に声をかけて頂きまして、お話を伺うと5月は第1
工場?が点検中だそうでセメントの発送量が大幅減だと言う事でした。
東藤原
▲タキがギッシリ!

「残念だね」と言う事で帰ろうとした時、哀れなヘッポコに「あと10分す
ると白いホッパ車が降りてくるから、せっかくだからそれを撮って行い
きなさい」と。
あのホキ1000か!と期待してホームで待つ事約10分。やってきまし
た。
ホキ
▲ビデオで撮ったので走行写真はありません・・・

更に色々お話を伺う事が出来まして、マニアにとても好意的な鉄道会
社でした。今後もこの好意を裏切ることなく我々も、安全にマナーを守
りマニア活動をして行きたいです。

帰りがけに丹生川駅に併設されている貨物鉄道博物館を横目で見な
がら保々駅の車庫を覗きつつ三岐をあとにしました。
また近いウチに訪れたいです。
博物館

保々


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:16 | コメント(4)| トラックバック(0)
<<  2011年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]