ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

架線柱と周辺のお話-後編-

最後はまとめとなり、レイアウトに設置する参考項目です。
一番最初に架線柱のスパンは決まっていないと書きましたが、これは
設計条件により異なるからです。会社によってはある程度決めている
こともありますが、地盤や風荷重、構造物によって必ずしもその数値
にはなりません。
下の写真は東武鉄道ですが望遠で見ると、まるで京都の伏見稲荷の
鳥居のようです。
東武
大ざっぱに書くと、直線では30~40mおき、曲線では20~30mおき
に架線柱を設置すればほぼ問題ありません。ちなみに東武も信号機、
踏切近くに柱上トランス設置されているようです。写真でも右側にうす
緑色のトランスが見えます。
昨日鎌ヶ谷の帰り野田線の六実駅まで行きました。この区間はき電線
は1本のみで、西武線と同じように架空地線が張られていました。
右の電柱には信号機のための柱上トランスがあります。
六実駅

架線柱は線路条件がよければ50m以上スパンを開ける事もできます。
こちらは高架橋上の架線柱ですが、高架橋の柱は近年一般的に9m
スパンが用いられてます。高架橋の場合柱と架線柱の位置を同じに
する事で設計条件を有利にする事が出来ます。
高架橋
こちらの区間は5スパン開いているので、約45mおきに架線柱があ
ることになります。この辺の考え方は鉄道会社によっても異なります。

次に信号高配線を構造物条件で見てみます。トンネル付近では信号
高配線は1本にまとめられ壁伝いに送電されています。
トンネル内に入ると車窓から波打つケーブルが視界に入ってくるのを
ご覧になった方もいらっしゃると思います。
トンネル入口1

き電線も同じく壁伝いに入りますが、コンパウドカテナリーの場合き電
線を省略できる場合もありますが、この辺は難しくなるので今回は割
愛します。
トンネル入口2

トラス形状の橋梁で送電する場合、トラフに入れたり、トラスの上にフ
レームを建てて送電したり、この辺も会社毎に考えが違うので参考に
したい橋梁を観察してみて下さい。
会社の事情は信号高配線などもその例で、西武秩父線では5本の信
号高配線があります。
秩父線
上の写真は横瀬駅構内ですが、左側の架線柱の上には5個の碍子が
並んでます。

秩父線内の駅設備では電気室の様なモノは見当たらず、柱上トラン
スが良く見受けられました。
3相交流のほか、単相交流も送られているようでそのため通常の3本
+単相交流の2線が加わり5本となります。
秩父線内では気象条件の影響かあるいは駅での電気設備を簡素化す
るための措置と思われますが、この辺の事情は分かりません。
横瀬

こちらは吾野駅ですが、同じです。建設費の影響か、駅施設の軽減の
様に思われますが、両駅とも写真は2009年に撮影したモノなので現
状と違っていたらごめんなさい。
吾野

車庫内を見てみると車庫内にはき電線のみで、高配線はあまり張ら
れていません。信号高配線は降圧されトラフなどで送電されている
のが一般的です。
新川崎

新川崎2

さて、最後に模型化にあたり設置すべき標識のうち「電車線区分標」
があります。
この標識は送電区分の切れ目に設置するモノで、変電所の付近でも
送電系統の切れ目に設置されます。
区分標

Aパターンは図の左右に送電されるほか、中央部に独立した中立区間
が存在します。一般的にはデッドセクションとなり送電事故が発生した
場合この部分の送電を切る事で電気的に独立させる事ができます。
ここのセクションに跨って列車が停止した場合、大きな電位差が発生
し、架線を溶断する可能性があります。中立区間はその線区を走る
列車編成長以上の距離をとる事になってます。
Bパターンは平行送り出しのみで、この場合電車線区分標は1カ所の
みとなります。
区分図

この標識はビームに取り付けられていたり、電柱に取り付けられていた
り鉄道会社によって異なります。
また上下一括き電でない場合は渡り線の中間にも設置される他、大き
な車庫の入口などにも設置されています。
下の写真は相鉄線の相模国分信号場ですが、ここの渡り線部分にも
設置されています。但し、コチラも2年前の撮影なので現状と違った
らごめんなさい。
セクション

ここまでやる方はいないと思いますが、柱上トランスに配線を施す場
合です。配線する場合は3本ある信号高配線のうち、どれでもいいの
で2本から配線を引き出し、トランスに取り込んでください。
図1

また、吾野駅や横瀬駅の様に柱上トランスで駅配電設備を製作する際
1つだけ約束事があります。それはトランスは2個以上と言う事です。動
力電源と電灯電源という2種類の電源を必要とするためです。

設計のまとめとして
○架線柱間隔は直線30~40m、曲線は20~30mおき
○上下一括き電か、上下線別き電方式の違いで渡り線に「区分
標」の有無が出る
○信号保安設備への給電を柱上トランスにするかトラフ送電か


っといったまとめになります。トミックスの架線柱で、柱上トランス給電
ではちょっとおかしいかもしれません。この場合はトラフ内に低圧
送電されているとした方が自然です。東武鉄道も改良工事区間など
では柱上トランスの数が減ってました。


最後は駆け足でしたがいかがでしょうか・・・
最後までお読み頂きありがとうございました。

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:44 | コメント(12) | トラックバック(0)
<<  2011年 1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]