ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

トラ柵

沿線住猫さんからコメントを頂いたモノがコレです.
JR線では本線に挟まれた安全側線や引上線の終端部分に設置されています.万が一,列車が止まりきらずにココを通過すると,付近にある信号が全て「赤」になる仕組みになっており三河島事故の様な事態を防止する事が出来ます.なので,保線係員が誤って触れたりしないよう注意書きがしてあります.(近年は熟知されてるようですが)
形状はご覧のようにハシゴ状なので,模型の際も乗務員ステップで代用するのがいいかと思います.

列防
車止め | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 18:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

車止めの選定その2

我が家の車庫モジュールに選んだ車止めは3種類で,安全側線は砂利盛りの第1種,車庫内は第2種,保線基地にはレールを湾曲状に加工した第3種2号と言うタイプです.
第1種車止めの場合勾配などによって条件が異なりますが,砂利盛りの長さは20~40mと定義されており,隣接線路との複線間隔も条件により2.5~3.5m以上と定義されています.

車止め1種
砂利盛りの第1種車止め.写真のは砂利盛りに古枕木で出来た砂利止めが施されたタイプですが,安全側線に設置する場合は砂利止めは設けず,そのまま盛りつけたタイプの方が一般的です.

車止め3-2
レールを湾曲状に加工した第3種2号.使用頻度の低い貨物側線の終端部分などに採用されてます.NゲージではキッチンNからホワイトメタル製で発売されていますが,商品名は旧称名の「第3種甲号乙号」(現1号,2号)です.

車止めの名称は民鉄各社で若干異なっており,例えば東急などでは第1種車止めは「車止装置形式1」,第2種は「車止装置形式2」となっていて第3種に相当するものは制定されていないようです.

車止め | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:59 | コメント(6)| トラックバック(0)

車止めの選定

実際に車庫を設計する際,車止めの選定も重要になります.ので,模型でもちょっと拘って選定してみます.JRで現在制定されている車止めは,第1種車止めから第5種車止めの5種類6タイプで,第5種は新幹線用です.
設置基準としては
第1種 安全側線,スイッチバックの終端
第2種 行き止まり本線路、重要な側線の終端
第3種1号(1号の1はローマ数字)車庫線およびこれに類似する終端
第3種2号(2はローマ数字)上記以外の側線終端
第4種 建物、高架、切土等で停止位置を誤ると重大な損害を及ぼす箇所
っとなってます.
主に車庫の終端で用いられるのは第2種と第4種で,検査庫内では第3種Ⅰ号がよく用いられています.
kurumadome
コレが第2種.トミックスでおなじみのヤツで,更に,30t積以上のタンク車の入換等に使用する側線の場合は前面に砂利盛りを5m設ける事になっています.

車止め
第3種1号.白糸台の様に検査庫をツン抜けて車止めを設置する場合はこの限りでは有りません.キッチンNからキット形式で発売されています.

車止め
第4種.カトーでは昔から発売されておりトミックスも最近LED付きで発売されてます.高架線上の車庫や,直ぐ後ろに幹線道路などが有る場合設置される車止めです.写真のは前面に砂利盛りが施されたタイプです.

で,我が家の車庫は・・・車止めの後ろは小さな道路で,検査庫もツン抜け式にするので全てトミックス製の第2種を設置する事に.そして,安全側線は第1種の砂利盛りで保線基地については第3種2号と言うヤツにします.
(続く)

本家のページはこちらです

車止め | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 01:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

保線基地

車庫モジュール配線計画の詰めにはいり,デッドスペースがかなりある事に気づきました.ストラクチャーや道路にするには中途半端で,悩んだ挙げ句デッドスペースも車庫構内とすることに.
事務所や駐車場でもいいのですがせっかくなので保線基地を併設することに決定.
で,保線基地ですが車庫の中に併設されているところは有るようで,あまり無いような・・・適当な保線基地を参考に取り入れる事にしました.
保線基地2

関西にある中小私鉄の保線基地兼車両搬入所.我が家にはこのくらいが丁度いいような気がします.
保線基地3

レール置き場周辺.架線が張ってあり電車がそのまま入線出来る構造です.

保線基地4

アスファルト舗装で覆われた線路.重機やトレーラーなどがそのまま入れる構造です.
保線基地5
砕石のストックヤード.周りは古枕木等で砂利止めを兼ねてます.

2線くらいの保線基地を予定して配線計画を練り直します.

車庫 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

はじめまして・・・ご挨拶

はじめまして.
やり方が悪かったらしく初日のご挨拶が消えてました.
以前からレイアウトを作りたいと思っていたのですが住宅事情等で難しく,トミックス規格のモジュールを毎日コツコツと製作しております.
で,作ったモジュールは家には当然置けず,バラしてレンタル倉庫(マイクロのセットが毎月買えるくらいの値段)を借りて保管しており,いつかはドーンと組み上げてどこかで走らせたいと夢見ています.
その日に向けて毎日コツコツモジュール作ってます・・・なので,電車があまり作れません.
ヘッポコだし(-_-;

モジュール作るための題材ノートとしてブログをアップしていきたい思いますので今後とも宜しくお願いいたします.
こちらのページもご覧下さい.

本家のページはこちら

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 01:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

車庫の規模

モジュールで今度製作する車庫の大きさに悩んで早半年.田町や国府津のような大きな車庫をデーン!っと製作するのもあこがれますが,あまり大きいと運搬や保管で苦労するのが目に見えてます.なんと言ってもお金が相当かかりそうですし・・・
適当な大きさの車庫を求めてあっちこっち覗いた中で,西武多摩川線白糸台の車庫がかなりいい感じに思えました.
線路は4線あり,うち2線が検車庫線,1線は洗浄線,もう1線が通常の留置線です.

白糸台1
左から留置線,洗浄線,検車庫2線.
実際には用地内に東電鉄塔があり使い勝手はあまり良くないと思います.

白糸台2
裏側も裏門から検車庫へ資機材搬入のための通路が有ったり,かなりいい感じです.

白糸台3
洗浄線の車止めの後ろ側は転轍機の部品が雑多と置いてありこれまたいい感じです.
これらを参考にしてモジュール車庫の配線計画をしようと思います.



車庫 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 01:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

安全側線

車庫モジュールの製作を開始しましたが,本線との合流地点には安全側線を設置したいと前から思ってました。
側線長がどのくらい有れば実感的かとJRの設置基準を調べましたが,かなり細かく載っていて側線長は相当長いです.しかし,民鉄各社はバラバラのようで側線長も「えっ?」っと驚く物もありました.
写真見ながら判断かな・・・

安全側線
小田急の例.比較的土地に余裕が有る箇所での設置で,乗越分岐器が使われていました..

安全側線2
西武鉄道の例.規定上設置を必要としてるみたいですが,かなり強引な作りです.レールの錆具合も微妙に違ってますし,こっちの方が好きだなぁ.


本家のページはこちらです
車止め | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

延伸工事~車止めの先~

我が家にあるモジュールは道路工事だらけになりそうですが,鉄道の延伸工事部分はいつかは作りたいモジュールです.
この先線路が延びる~っ!と思うだけでワクワクして来ちゃいます.
写真は京急三崎口の先端部分で,油壺までの延伸が予定されてから何十年も経っていますが未だに延伸の目処は立ってません.蒲田の工事でお金が無くなったとか,御料地のソバを通るから許可が下りないとか,真相はともかく噂は絶えません.県道を改良した際,隧道形式でくり抜いたので延伸の意志は有ると思います.
とてもワクワクする切土部分は畑になっていたりして一瞬?と思いますが,引止柱に延びる架線や変電所への帰線が鉄道用地を物語ってます.


本家のページはこちらです
三崎口の崎

車止め | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:35 | コメント(0)| トラックバック(1)
2006年 9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]