ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

7ヶ月ぶり

昨日リトルジャパン祐天寺店へ行った際、店主さんの影響を受けて
62系を7ヶ月ぶりに出してみました。
懸案だったモハ62パンタ側の貫通引戸で止まっていましたが、影響
を受けあっけなく、昨夜から今朝にかけて埋め込みました。オレンジ
色のは店主さんのジャック箱からいらないパーツを頂き、削ってはめ
込み、「もういっちょっ」と思ったら「ポキッ」と破損(泣)もう1枚の貫通
引戸はGM113系の余りパーツから流用となりました。

この調子で行けばやる気再開かも♪
モハ62貫通引戸

これからヘッポコは大阪、姫路、岡山へ向かい0系の撮影に行って来
ます。
工場日報-62系 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

また竣工

製作中だったクモハ73原型はトミックス製の動力を組込、本日無事
竣工し今月2両目の車両竣工となりました。
コイツは横浜線仕様7連のうち4+3の真ん中に入るクモハです。今ま
での原型車両と変化を付けるために、ドアをタヴァサのパーツに交換し
たものでヘッポコ工場長お気に入りの1両となりそうです♪
73系+クモニ13
▲当工場出場線にいるクモハ73.手前のクモニ13はD-Trainさん
 からの頂きもの.再塗装のためバラして放置したままです・・・



工場日報-73系 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:15 | コメント(3)| トラックバック(0)

軌道材料

今週の吉沢は停滞気味(今まで以上に進捗が遅い)なので舶来品の
軌道材料について載せてみようかと。
踏切やコンテナ基地、路面軌道まで色々と応用の利く軌道材料です。

アメリBLMAとうメーカーから出ているもので、都会の踏切でよく見
かけるコンクリート板の踏切材です。実物は連接ブロック等とよばれる
もので、コンクリート板をPC鋼棒で緊張させています。
PC
▲1枚10センチ弱で$6.75と、ちょっと高めです

踏切以外にも、現代の路面軌道でも多用されています。道路下の軌道
を保守する際、コンクリート板を外すだけで軌道面が現れ復旧の祭は
またコンクリート板を置けば元通りになる便利なものです。
グリーンムーバー
▲広電でも.ちなみに、車両はグリーンムーバーマックス とか言うそ
 うで、ヘッポコも出来高が上がればヘッポコマックスとかに改名かも.


これはかなり特殊な使い方で、踏切内のポイントに対応したバージョン
です。真鍮製なので模型でココまでの使い方はちょっと無理かも。
連接分岐

こちらもBLMAから出ている軌道材料で、上と同じものですが、ゴム
マットバージョンのヤツです。
ラバー

安治川口のコンテナホームでは一面に敷かれていてこちらの方が迫
力ありそうです。
安治川口


意外と面倒な木製踏切ですがこちらもアメリカでは製品化されていて、
形状もかなり細かく作られています。Blair Lineというメーカーから出
ていて、3線分の踏切材が入り$6です。
木製
ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

停滞・・・

吉沢駅のモジュール予定通り停滞気味になってきました。他のモノ
が作りたくなってくる→しばらく放置→また別のモノが作りたくなる→
また放置→仕掛品ばかり・・・
そこをなんとか作りたくなる環境を作って行かねばならず、なんとも
歯がゆいです。
吉沢
吉沢駅の待合室兼上家は壁貼りが終わり、ロウレリーフ状の柱を貼り
付けると完成です。その後はホーム部分の階段等を取付、バラスト撒
き等々の作業に入ります。うまくいけば10月中旬に竣工予定です。
うまく行けばですが・・・
吉沢2

踏切警報機はGM製を改造して使用する予定です。鉄道六法で制定
されていますが、単線区間なので「方向指示器」の設置が省略するこ
とができ、実物の砧線にも付いていなかったのでモールドを削ぎ落と
しました。
トミーのジオコレシリーズからでる踏切の出来によってはそちらに変
更しようかと考えております。
踏切


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:14 | コメント(4)| トラックバック(0)

江ノ電

昨日、江ノ電303のお別れ会があると言う事で江ノ電極楽寺車庫へ
向かいました。3連休と言う事もあり、例外なく混んでる江ノ電へ乗車
し、極楽寺に到着。
極楽寺
極楽寺駅舎は相変わらずの佇まいと言いたい所ですが、実は降りた
のは初めてでして、木造に窓がサッシではない駅舎を見て感激しま
した♪
車庫へ向かうと303が取っ替え引っ替えサボを下げて車庫の前に
止まっていました。元々狭い車庫なので期待はしてませんでしたが、
午前中所用があり午後からの出陣で光線状態は最悪・・・
303
その他隣には305も展示されていましたが、こちらはまだ当分走行
するとの事。

お土産
グッズコーナーもあり、トレーディングカードやNゲージにBトレと色
々ありましたが、何故か「はとバス」グッズとはとバスのガイドさんが
いまして、「ガイドさんと記念写真がとれます」と。
親会社でも無いのに???

15時には予定通り撮影会は終了。303はさよなら運転をする事もな
くこの後解体されるとの事。長緩一声のタイフォンが構内中に響き渡
り、303は拍手と歓声の中、クラの中へ消えていきました。
撮影
▲写真に写っている車両は305.303はその奥.

車庫内からの横着バージョンで走行写真も撮りましたが、半分熱中症
になりながら、具合が悪く帰りは横須賀線のG車で帰りました。
スキップ

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:30 | コメント(2)| トラックバック(0)

吉沢・・・続き

吉沢駅の上家骨組みは組み立て終了し、このあと壁貼りです。壁材
を何にしようか検討中ですが、なかなかアイデア浮かばず難航中。
部分的に溶きパテにて整形も終え、壁が貼り終わると塗装です。
吉沢1

モジュール全体では、多摩堤通りへ繋がる細街路もスムース・イット
にて表現し、水路は下流側で実物に倣い、くの字に曲げました。
いよいよ製作疲れが出てきて、来週辺りは工事が止まりそうです(汗)
吉沢2


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:08 | コメント(2)| トラックバック(0)

踏切器具箱

前に書いた踏切器具箱の踏切遮断機ですが、ハテ、塗り分けはどうだっ
たのだろう?っと、悩んでしまいました。踏切単体で撮った記憶もあるし、
昔の写真の片隅に載っていないかぁ?と探す事丸一日!ありました。
トラ塗りで上部は黒一色。これで悩みが一つ減りました。しかし、昔の
遮断機はゴツかったなぁと改めて思い更けてしまいました。
遮断機2
▲昭和53年頃の緑が丘1号踏切
遮断機1
▲昭和53年頃の都立大学3号踏切

更にこの器具箱の上にある丸いふたの部分に踏切警報機が乗っかっ
ているのもありました。この器具箱は鋳物で出来ていまして、今東急
線内ではあまり数が残っておりません。
器具箱
▲現在残っているこのタイプの器具箱

撮影時は小学校低学年でしたが、「よくぞ踏切だけ撮っていたなぁ」
と自分に感心してしまいました。

保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

藤棚 やはり・・・

どうしても先日のあと1ミリが気になり夜も眠れない状況です・・・
モジュールの顔とも言うべき箇所の後悔、気になります。人生後悔し
ているのに模型まで後悔する必要は無く、結局、柱と母屋材を作り替
える事にしました。後ろ側の柱はそのままで、線路側の柱を1ミリ長く
切り出し、母屋材も角度がさらに付くため再度切り出しし、なんとか形
になりました。
吉沢
▲1ミリあげても写真に撮ると・・・自己満足の世界です

方杖をあと3カ所いれて、それ以外の角材はロゥレリーフ状にします。
この後は方杖入れをして溶きパテで整形をした後、壁を貼り付ける予
定です。
正面
角材を押し切ってばかりいたので、手の平が半分筋肉痛です。

保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:30 | コメント(3)| トラックバック(0)

久々に

サハ78が1両竣工しました。いつも通りの素組なのに、何でこんなに
時間がかかるのかと不思議です。暑いと言っても朝晩は過ごしやすく、
こういう気候の方が作業捗ります。まぁ出歩かなくなったというのもあ
りますが・・・言い訳と言う事で(-_-;
奥のクモハ73原型はドアガラスが入れ終わり、ベンチレータの塗装
をして動力を組み込みます。
トミーのDT13在庫ありますかぁ~?・・・店長さん
サハ78

軽便鉄道模型祭りイベントページにアップし直しました。
こちらです。

お店
工場日報-73系 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:58 | コメント(2)| トラックバック(0)

藤棚

一番気になる部分の着手です。自分でもどうなる事やらと・・・
結果的に屋根はあと1ミリくらい角度が付く様にすれば良かったんで
すが、ココまで来るともう1度やる気にはならず、次回作への課題です。
藤棚
組み立ててる時は目が痛くなるくらいなんですが、写真に撮ると柱の
太さがさすがに気になります。実物を換算すると1.2ミリの角材にな
るのですが、既製品が1.5ミリしか無かったためそのまま組みました
がこの辺も次回への課題です。


さてさて、今日は目黒の「さつき会館」で行われていた軽便祭りへ行っ
てきました。
軽便
イベントページをたてる元気が無いのでブログでの横着バージョンで
す。

こちらのイベントページにレポート載せました.


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:03 | コメント(3)| トラックバック(0)

早速手直し

いつも通り、検討をロクにせず製作してるため製作中に気になる事が
出てきまして、手直しを。

斜め道路に対して線路と民家が平行している単調さが気になり始め、
お手軽で行こうと思っていましたが実物に近づけるべく手前の民家を
斜めにすることに。
民家
▲実物の民家.手前が多摩堤通りで右側が吉沢駅跡地.

このお宅の線路側の塀は砧線が走っていた頃のままで、当時の写真と
同じ塀です。昭和43年頃このお宅は2階建てになった模様.
モジュール
▲街コレを流用しているため、道路側が太ってますがその辺は・・・

土台をバルサにしたため、プラスターがガッチリかんでおりカッターで
地面剥がしをした後、民家自体にも若干角度を持たせ斜めに接着し直
しました.でも、実物の様に鋭角な角度を付ける事は出来ませんが手
前に路地を持ってくる事が出来そうです。

ホームの高さを見るため、購入後一度も箱から出していなかったデハ
80形が登場♪砧線はデハ60形しか入線してませんでしたが、製品が
出ていないので代用ということで。
ちなみに、リトルジャパンの購入検査標の日付が2004/09/19というこ
とで、買ってから3年後に漸くシャバへ出てきたデハ80くんです♪
吉沢駅模型
▲このアングルの現在地が↓です
吉沢駅跡
▲画面奥の信号が多摩堤通り.歩道内マンホールのある所に画面
 左右方向へ今でも水路があります

水路
▲現在の水路.当時は農業用と思われますが、現在は暗渠になり
 都市河川になってます.


ついでに中耕地3号踏切のあった多摩堤通りの様子です。当時の道
路幅員のままでして、当時から相当広い道路を形成していた事になり
ます。
中耕地3号現在
▲右から車が出てきた辺りが線路敷で,左側が吉沢駅のあった場所.
中耕地3号模型
▲もう完成した気分で妄想の世界です.(バスはD-Trainさんから頂
 きました)


やまだたにさんの仰るとおりで、こういう事をやっていると先に進まな
いんですよね・・・(^^)

現地調査の帰りにはお約束「玉電に出会える店 SOVA処 大勝庵」
にて食事をしました.店内には、70形の運転台をはじめ玉電関係の
ものの他に、吉沢駅周辺の当時の写真や航空写真まで飾ってあり大
いに参考になりました♪
大勝庵
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:48 | コメント(2)| トラックバック(0)

工作の秋

ここ数日涼しく過ごせる日が続いていて、模型製作が捗る・・・ハズです。

今日は午前中で仕事が終わってしまったので、午後から製作開始♪
当工場の塗装場は屋外なので、こういう陽気だと塗装なんかも進みま
す。踏切の製作をと・・・以前買ったはずの踏切が見あたらず、リトル
ジャパンへ。どこへ仕舞ったんだろう?
工作したもの
▲手前の家の門を塗装.踏切はこれから製作開始.

昔の東急線の踏切は、遮断機が今の様な細っこいヤツではなくゴッ
ツイ器具箱の後ろからニョッキリ遮断桿が出ているタイプでした。昭和
52年くらいまでは殆どこの形でして、吉沢駅前の踏切もこの旧タイプ
でした。再現すべく遮断機を製作開始です。
踏切警報機本体も昔は器具箱の上にゴッツく乗っかっていたりして、こ
ちらも昭和50年代前半に無くなってしまい、そのゴッツイ器具箱も東急
線にはもう何個も残ってません。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:19 | コメント(2)| トラックバック(0)

動画で見た

玉電のDVDが発売になりどうしようか悩んでましたが、買いだめした
会社の先輩がいて送料を省いた額で購入できました。
で、見ましたが吉沢駅が動画でしっかりと入っており感激です。その
他に用賀駅等も動画で映っていて次期作の製作意欲が湧いてきます。
DVD
有名な荻原二郎さん撮影の8ミリ映像が内容の殆どを占めています
が、買って損はしないと思います。音楽がちょっと悲しい感じですが。

我がモジュールの顔とも言うべき吉沢駅ホームに着手。最終的にプ
ラスターの中に埋もれてしまうため、ベース部分はバルサ材にて製
作。実物では全長15m、幅2.5mのホームですが、周りのストラク
チャーと調整しながらデフォルメしていく予定です。
ホーム


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:11 | コメント(3)| トラックバック(0)

道路幅員

道路幅員がちょっと気になっていましたが、バスを2台並べて置いて
みるとまぁまぁな感じなのでいいかな?っと。
実際の道路幅員は11mでしてそのまま1/150にすると73ミリです
が、さすがにその時点でちょっと広すぎると思い、1センチ縮めて63
ミリでスムース・イットを流し込みました。
踏切
現地へ行くとバスはもっと、ゆったりとした道路を走ってます。今回は
周りの家が小さいので、余計に道路が目立つためこうなってしまいま
した。ある程度予測はしていたので、家の路盤を若干高めにしてを強
調する様にしておいたのですが、イマイチかな。

とりあえず、先へ行く事に・・・
改札前
▲切手と同じアングルで・・・
保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

また吉沢

吉沢駅の続きです。道路の最終整形に入りストラクチャーを配置して
みました・・・実際の図面からトレースしたら道路広すぎの感じです・・・
この辺はデフォルメすれば良かったかなと後悔です。でも、現地に行
くと結構広いし、っと言う感じ。この辺のデフォルメの仕方が実物を模
型にする際の勘所になるのでしょうが、こういうのがヘッポコは苦手な
ので空想の土地しか作れないです。
吉沢

玉電の本などを多数出版されていた方がおりまして、幸いご子息と面
識があり、今日ご自宅にお邪魔して古いカラーポジとかを見せていた
だきました。
雑誌などでは見た事のないアングルの玉電をカラーで見る事が出来、
その中に吉沢駅のカットもありました。印刷物とは違い、細かい部分ま
で配色などを見る事ができました。
実際の色が分かると、この先の製作意欲が湧きます♪

保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:35 | コメント(4)| トラックバック(0)

カメラカーの出来

毎年この時期子供相手に公開運転をやる機会があり、今年も昨日、
今日と公開運転を行ってきました。コメント下さった方、返事が遅く
なり申し訳ございません。

金曜日は台風も来ていましたが無事開催。もう今日はヘトヘトです。

そんな中、今回の目玉として「カメラカー」を導入しましたが、子供以
上に大人の反響が凄かったです。また昨今の鉄道模型ブームのせ
いか関心率もかなり高かったです。
しかし、そんなカメラカーも最初のウチはトラブル続きで、走り出すと
意外と映らず・・・アンテナの向きや位置も調整しましたがさほど、変
わらず・・・意外と難しいんですぅ(-_-;
色々調整をしまして2日目には完璧に近い状態での走行となり、かな
りのノウハウとデータが取得できました。モニターのクセなんかもあっ
たり次回は更に完璧にしたいと思ってます。でも、バッテリー容量を大
きくしたのは正解でした♪
E231
▲よく頑張った。感動した!
工場日報-その他 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

バルサ材

え~、やまだたにさんからの忠告が無ければ大変な事になっていた
ヘッポコの吉沢駅です・・・(やっぱヘッポコだぁ~)

3ミリのスチレンボード2枚を重ねた宅地部分は、かなり盛り上がりす
ぎてしまうので1枚剥がしまして、そこに1.5ミリのバルサ材を貼り付
けました。トミー街コレのベース部分が意外と肉厚でして、これを勘定
に入れてなかったのが原因・・・(-_-;
1.5ミリのバルサ材は家のベース部分を更に切り欠き、道路、踏切へ
の地盤高の繋がりがなるべく盛り上がらないようするつもりです。

スチレンボードよりはバルサ材の方が、この後の工程にくるプラスター
クロスの定着相性がいいため、宅地部分は敢えてバルサにしました。

ボード2


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:18 | コメント(3)| トラックバック(0)

地面師

というと、普通は謄本などを複製したり、本人になりすまして土地の
詐欺を働く人を指します。
が、そんなモノとは関係なく、こんな言葉が似合うヘッポコではあり
ません。悪戦苦闘の連続です・・・
ベース嵩上げ

「道床厚」という枕木下から地面(地表)までの砂利の厚さを示す言葉
がありまして、列車の本数や等級によっても変わってきますが、概ね
250ミリと言う数字になります。
しかし、今路モジで製作している砧線や、地方のローカル私鉄などは
道床厚などは存在しなく殆どの場合、地表の上に直接枕木が乗ってい
る状態です。なので、水はけの悪い所だと枕木周りがズブズブになっ
ていたり、乗り心地も酷くなります。

線路の周りが砂利で盛り上がった表現をしないため、周りの地面部分
をユニトラックの線路高まで、若干嵩上げが必要になり、とりあえず、
3ミリのスチレンボードで嵩上げをしました。先日の道路部分も嵩上げ
になります(手戻りばかりなので工作が遅いんです)。
吉沢駅は駅の中を小さな水路が横断しているため、水路部分を嵩上げ
しない事で逆に水路の表現が出来そうです。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

もうある新幹線栗東駅

夏休みも終わりいよいよ大人の旅行シーズン到来です。9月は閑散
期指定のため指定席料金もお安くなってます。

新幹線の米原~京都間に南びわ湖駅新設を巡り、設置の行く末を見
守っているヘッポコですがいよいよ回答期限の10月まであと1ヶ月と
なりました。新駅の駅名は栗東駅→びわこ栗東駅→南びわ湖駅(いず
れも仮称)と変遷してます。
南びわ湖看板
▲駅予定地にある看板

でも、実は新幹線に栗東駅はもうあるんです・・・
駅という用語・定義の中に「駅とは停車場、信号所をいう」と謳ってあり
まして、この南びわ湖駅の予定地は既に「栗東信号所」という駅になっ
てます。
大ざっぱに言うと信号所とは、列車の行き違いや、分岐のために分岐
器が設けてある箇所を指し、ここは栗東という保線基地がありその基
地へ向かう分岐器が設置されています。
分岐箇所
▲保線基地へ分かれる分岐箇所.この分岐器があるから信号所に
 なります


ココを通過する時、新幹線の運転士用の行路表には「栗東信号所」の
通過時刻が記載されており、停車場接近標の確認とともに採時をして
います。同じように「大一両」や山陽新幹線の「鞍手」なども信号所と
して存在してます。

信号所は人の乗り降りを想定しませんが、現在動向が気になっている
のは勿論、人の乗り降りができる「停車場」の方の駅です。
駅予定地の真下を草津線113系湘南色が今日も元気に走っています。
草津線
▲駅予定地前を走る草津線

あと1ヶ月、動向を静観して行きたいと思います。
新幹線日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:43 | コメント(2)| トラックバック(0)
<<  2007年 9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]