ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

安中貨物

3日目までお付き合いありがとうございます。
安中貨物は福島臨海の宮下から遙々やってくる東邦亜鉛の鉱石貨
物です。昨年までの貨物時刻表には臨専貨で日中の設定もあったよ
うですが、現在は夜間発着の1本だけです。
写真の時刻的には、夏至を挟んだ2週間程度しか撮れそうにないた
めちょっと粘ってみました。

1時間半待つ事ようやく、流れ星EF81に牽引され到着しました。到着
後すぐにカマだけ切り離され下り旅客が1本行った後入換開始です。
貨物到着

カマ

下り旅客が行った後、入換信号機によりカマのみ転線しその後ポイン
トが貨物側に切り替えられます。
ポイント

今回のスイッチャは、貨物自動車と同じ塗色の安中運輸の凸型三菱
35t機です。L型もいたはずですが今回は山の中でしょうか・・・
スイッチャ
▲後部標識はLEDの眩しい角形です

あっとう間にやってきてサッサと連結です。
連結

そして亜鉛焼鉱のタキ15600を3両だけ切り離してサッサと山の中へ
消えていきました。
発車

と言う事でタキを山の中に捨ててきて、35t機が再び下りてきたのは
19時ちょっと前です。もうこれ以上撮影はムリなのでこの辺で引き上
げてきました。
昨年は2回訪れましたが昨年より貨車が減って構内がガランとした感
じでした。

安中に出入りする貨車です。
こちらは東邦亜鉛の亜鉛精鉱積載のシート付きトキ25000です。
トキ
▲東邦亜鉛のトキ25000-1トップナンバーがいました

そして亜鉛焼鉱積載の小ぶりながら40t積タキ15600。ウエザリング
も参考になりそうなくらい茶色いです。
タキ15600
▲上部のデッキがタキ1900みたいです

昨年見た時は、タキもいっぱいいたのですが・・・
濃硫酸積載の伊藤忠商事タキ4000。古めかしいタキでスポーク車
輪を履いてます。この時は東邦キャリア㈱が第三使用者となっており、
東邦亜鉛の輸送部隊がレンタルしてた模様です。
タキ4000
▲こちらは35t積

そして、NRSで岳南富士岡駅常備の濃硫酸積載タキ29300です。
タキ29300
▲岳南に出入りしてる時に拝んでみたいです

で、前に見掛けたL型スイッチャ日車の25t機です。まさか貨物減少
で廃車になったとかは無いと思いますが、以前はアントで取り込んでい
ましたがアントは何台か表に捨ててあります。
L型スイッチャ
▲しばらくは岳南と共に通わないと・・・

18切符シーズンにもう1度行ってみようかと思ってます。
いい加減模型もやらないと・・・

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 12:19 | コメント(10)| トラックバック(0)

キハ35-901

横川駅に115系で到着したヘッポコは、釜めしに目もくれず早速鉄
道文化むらへ。
平日のためか見るとガラ空きで、広場には親子が2組いるだけです。
入場料500円を払い、真っ先に向かったのがキハ35-901。
川越行きの幕を出した状態で、褪色もあまりなくキレイに展示してあ
りました。妻面を撮ったり屋根を撮ったりでぐるりと1周、キハ35だけ
で40分は観察してました。
キハ35-901
▲銀色よりこちらの方が見慣れてます

好きなおかずは最後に食べる方ですが、鉄分摂取の場合は逆になり
ます。その後、麓にもどりクラの中にあるED42やEF63,62等を見
学です。
ED42
▲後ろのモーターカーと繋がっていて表に出られる様です

EF63
▲62,63ともキャブに入れました

再び、斜面を上がり上の広場にある機関車、客車を見学。客車の一
部などは土休日には車内の開放もあるようですが、平日は入れませ
んでした。
EF30
▲EF81-300と共にコレも欲しくなっちゃいました

ちかいうち再生産のあるEF15なんかもくまなく観察。EF15も大好き
な機関車の一つでした。
EF15

EF15連結器
▲トミックスのはスノープロー付いてるのかしら?

客車も全て写真をとっていたら3時間近くかかりました。が、上の広場
で見掛けたお客さんは2人だけ。園内を1周する遊技「機関車あぷとく
ん」なる乗り物も発車時刻に園内放送が流れますが、乗る人も居ない
ため毎回運休でした(^^;

日頃お世話になってるD-Trainさんが最近ED42を買ったと言う事で、
園内のミュージアムショップでアプト区間の写真のお土産を購入。
一通り見学を終え、再び横川駅にもどり駅横の「おぎのや」で釜めしを
食べて遅い昼食を摂ります。帰りの乗車券を購入する際、券売機でも
東京まで乗車券を買うことができましたが、横には対話式券売機の「も
しもし券売機Kaeruくん」があったのでわざわざそちらで買う事に。
カエルくん
▲券売機なのにオペレータが遠方で手動操作してます

画面
▲割引証なども読みとり台に乗せて申し込みできる券売機

さて、帰りも115系に乗り込み安中駅へ向かいます。東邦亜鉛の安中
貨物は到着が18時過ぎでこの時期しか撮れません。到着まで1時間
半程待つ事にします。
安中
▲スイッチャーのホイッスルがいい音でビデオ持っていけばと後悔です

続きはまた明日・・・

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 09:16 | コメント(6)| トラックバック(0)

碓氷峠鉄道文化むら

今日、横川駅にある碓氷峠鉄道文化むらへ行って来ました。目的は
大好きなキハ35系のうち、前から見たかったキハ35-901の観察
でした。
それ以外にも色々気になる車両があるので、3時間程かけてじっくり
見学です。
文化むら

今回は夕方にも別の用件があったので、比較的ゆっくりの出だしとな
り上野8:43発の高崎線211系に乗車です。しかし、その分山手線は
モロラッシュに填りました・・・
211系
▲サロの両隣が先頭車というのがなんとも好きです!

で、そのまま行くのも勿体ないので、行きは熊谷駅で途中下車して
秩父鉄道へ!
秩父鉄道熊谷駅の改札を入るといきなりNゲージのレイアウトがあり、
見事な石灰石の積込施設がありました!
模型
▲休日とかに運転してるのでしょうか?

久々の秩父鉄道はとりあえず、武川まで乗車です。カラフルな101系
を期待してました・・・が、来たのはノーマル1000系でした。
熊谷
▲カナリアが奥で休憩中でした

来る電車来る電車すべて反対方向へ行く列車がブルーやウグイスで
残念です。まぁ、気を取り直して武川へ向かうと・・・
なんと東武の回送がいました。隣には1両だけのヲキがいて、ヘッポコ
的には珍しい並びかと思いましたが、この2編成はほぼ同時に発車し
て行きました。
東武
▲左のヲキ1両は工場へ行くのでしょうか?

その後も武川駅で貨物の見学です。丁度積車と空車が交換する時間
帯でして構内はヲキ三昧でした!
ヲキ

以前は両端にヲキフを配置し10両を1単位としてましたが、今はヲキ
9両にヲキフ1両の10両編成に変わっている様で、ヲキフが1両だけ
中間に組み込まれてました。ヲキが後端になる箇所には赤色板の後
部標識が取り付けられてます。
ヲキフ
▲2編成共三峰口寄りにヲキフがきてます

貨物の発着を一通り見終えたあと、再び熊谷駅まで三田線のお古で
戻り高崎・信越線を乗り継ぎ横川駅を目指します。途中熊谷貨物で石
炭ホキと併走しました。
秩父
▲今日の熊谷構内のホキ10000は全て「秩父セメント」標記車♪

そして信越線は115系4両編成で横川駅へ向かいます。
115系


なんだか、秩父の模型も欲しくなっちゃいました。
本日は疲れましたのでココまでです・・・
鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

米タン化改造

今年もJNMAの時期がやってきました。が、今年はどうも行けない事
が判明・・・とっても残念です。

で、気になっていたパーツを新貨車工房へ通販注文し、キットでお馴
染みの赤い箱に入って送られてきました。
外箱

開けると・・・(←おきコレさん風に展開・・・)
箱中

タキ3000初期米タン仕様の改造パーツです。ドラムカンドームと書か
れたゴツイドームとか治具とか2両分入ってるヤツを3セット注文しま
した。やはり米タンはタキ3000でないと!
相鉄EDに牽かせるつもりですが、そういえばワールドのDD12が買っ
たままだったのを思い出しました(-_-;

ドーム

工場日報-その他 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:37 | コメント(2)| トラックバック(0)

増備

JR貨物は来年度の機関車新造車両数を今年度と同じと発表しました。
今年度はJR貨物発足後2番目に多い両数です。と言う事は旧型機は
どんどん置き換えになるようです。

さて、ヘッポコ鉄道も会社発足後?一番多いと思われる両数の機関車
導入となってます。今日の午後イチにリトルジャパン鶴見店へ、KATO
のゲッパを購入に行きました。
勿論、銀河のヘッドマークが入ってるからです。やま♪さんのブログを
見て欲しくなってしまいました(^^;
ゲッパ

モニター窓に白が入ってないとか、模型仲間でも話題となってますが
ヘッドマーク目当ての私には余り関係ないです。

そして、祐天寺店へ向かい今度はEF81-300番代を購入。なぜか
これが前から欲しかったのですが、コンテナを牽かせるつもりです。
300

祐天寺店では更にDD51-800番代も購入しましたが、こちらはまた
後日。1日で機関車が3両も増えたなんて前代未聞です。
D-Trainさんのところはザラのようですが・・・
工場日報-その他 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:48 | コメント(6)| トラックバック(0)

東武百貨店

先日の日曜日、池袋東武百貨店で行われていた「東武百貨店鉄道
模型フェア」に行って来ました。
このフェアは毎年、5~6月頃行われているものですが今年は副都心
線の開業に合わせて行われてました。
フェア

トミーテックのバス営業所のサンプルとか、静岡ホビーショーでは見ら
れなかったサンプルなども今回はありました。
バス営業所

そのうち本家のページへアップ予定です。

ところで、このフェアですが先週16日の月曜日に行く予定でした。
行きは14日に開業した副都心線に渋谷駅から乗り、池袋まで行くつ
もりで渋谷駅に向かい、副都心線ホームへ降りたのが18:45です。
開業後の平日初日ということでダイヤ乱れが夕方まで続き、全列車
渋谷~池袋間の折り返し運転でした。
折り返し

まぁ、「池袋までだから丁度良いや」と思い18:50に渋谷を出る列車
に乗りましたが、なんと
渋谷~池袋所要時間55分!
っと言う事で、池袋駅に着いたのが19:45でフェアは20:00までで
す(-_-;
改札出るまでも、もの凄い人でとても間に合いませんので諦めて、そ
のままホームへ戻り渋谷駅へ戻りました。
「池袋駅での折り返し作業に手間取ってます」というアナウンスが車内
でひたすら流れ、1駅ごとに10分ずつ位止まっていてこういう結果に
なりました。
7000系
▲渋谷発池袋行きは珍しいのかも

22日夜に行った時は行きJR、帰りに副都心線を使いましたが、運転
間隔は既に私鉄の休日夜間モードです・・・
時刻ドンピシャで調べて行けば良いかもしれませんが、渋谷~池袋
間の単純な移動であれば山手線の方がいい様な気がしました。

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:19 | コメント(7)| トラックバック(0)

日本セメント専用線

廃止後に訪れた写真がありました。廃止直前に行った時はポジで撮
ったのでスキャンが・・・
高麗川駅を出た専用線は、川越線と八高線の間を単線で右カーブを
描きながら日本セメントの工場へ向かいます。高麗川駅付近は住宅
が疎らにありますが、ちょっと行くと畑の中を線路が貫いてました。
専用線
▲非電化の単線です

約1キロほどで日本セメントの工場に到達します。正面に見える高い
建物が日本セメント埼玉工場で、この線路の延長上に東武の西大家
駅からくる専用線が繋がってました。
セメント工場
▲工場には専用のスイッチャーがいました

こちらは日本セメント埼玉工場内にあった機械式入換信号機で、工場
の信号機とポイントは全て機械テコ式の旧型で、特に機械式入換信号
機は国鉄で用途廃止になった後は、この専用線にしか存在していませ
んでした。
機械式入信
▲入換進行を現示したままボロボロに錆びた状態です

写真は2003年5月に撮影。日本セメントは現在太平洋セメントに社名
変更しています。

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

高床ホーム

仕掛品ばかりになってきてます・・・今年度も3ヶ月が過ぎようとしてま
すが竣工車両がゼロだったり・・・

先日ちょっと出してみた砂利積込場モジュールですが、引っ張り出し
た勢いで工事が進捗し始めました。高床ホームのペーパーかけを行
いサブテレインの「コンクリート」色を塗り無垢のコンクリートホームっ
ぽくしてみました。
ダンプアップ

角っこの弱い所は石膏が剥げてしまったので、硬めのスムースイット
でリペアして見た目を整え直します。
今後は積込線部分の土と化した道床を、プラスタークロスとスムース
イットで製作していきますが、表現をうまくやれるか心配です。
ダンプアップ2
▲ダンプアップするホームの高さとしてはOKです!

無蓋車の砂利はウッドランドのB74を使用していますが、取り外しが
出来る様ラップで貨車と縁を切ってからボンド水溶液で固着してます。
ラップ


保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:18 | コメント(2)| トラックバック(0)

何でも屋DD51

先日リトルジャパンへ行った際、店主さまにDD51について色々レク
チャー受けました。もう1両導入しようか悩んでまして・・・
昔見たイメージとヘッポコモジュールのイメージで、八高線から相模・
横浜線界隈です。昔の写真と見比べて妄想に更けてます。

下の2枚は撮影場所不明ですが、DD51には「佐」の札が入っていま
して総武線、成田線辺りで撮った貨物と成田臨?の12系です。
重連もいいなぁ、と思いつつもっと通えばと後悔です。
佐倉

成田臨
▲1983年撮影

こちらは高麗川のDD51とヨ6000です。八高線は高麗川以南も電化
前でキハ30,35,40がブイブイガラガラ言わせて走っていた時代で
す。
高麗川からは日本セメントの専用線が繋がっていて、セメント貨車の
出入りが多くあり、広々とした構内はホキ・タキで埋まる事もありました。
八高線の列車は1時間に1本程度で、ガキの性分では待ち時間に耐
える根性がなく足が遠のきがちでした・・・今思えばこちらも後悔です。
高麗川
▲D-Trainさんのモジュールがこんな感じでした

DD512種類
▲デカイほうのDD51と並べてみましたが,やはり迫力が違う・・・

カトーのキハ30ももうすぐ発売だし、「DD51は何両あっても使えま
すよ」と店主さま。貨物から団臨なんでもOKのDD51は何両あって
もよさそうです。三菱セメントのタキも再販されるようなので800番代
を買おうかな・・・
鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:11 | コメント(4)| トラックバック(1)

砂利積み場モジュール

貨物側線のモジュールは、仕掛かり品が何台かありましてブログには
アップしていない物も少しあります。仕掛品シリーズとしてその中の1
台であります砂利積み場のモジュールです。
砂利計画
▲側線はトキ,トラ5両分位の有効長

むか~し昔、ヘッポコ工場長が小学生の頃身延線で見掛けた砂利積
み込み施設が異様に頭に残っていました。高床ホームから無蓋車へ
砂利を積み込でいる光景です。
当然現代には無蓋車に砂利を積む光景は、地方私鉄の一部だけでし
か見掛ける事は無くなりました。それでも真鶴駅に隣接した砂利積み
込み施設などは何度となく訪れ、記録しましたがこちらも今はもうあま
り使われていないようです。
真鶴1
▲真鶴工臨でも有名だったホキ800

真鶴2
▲積み込み場のストックヤードには山盛りの砕石

その後トワイライトゾーンマニュアル4に載っていた西武多摩川線是
政駅の砂利積み込み施設で目が点になり、同じくマニュアル13に出
ていた東武の無蓋車、マニュアル14に出ていた小田急の貨物列車と、
本が出るたびに驚きマニュアル15に出ていたズバリ「身延線の砂利
列車」で失神しそうになりました(笑)


そんなわけで、ちょっと思い入れのある砂利積み込み場が題材で、現
代にも生き残る無蓋車への砂利積み場をモデルとしたモジュールです。
当初、山間部にある採石場として作るつもりでしたが色々詰め込み過
ぎても仕方ないので、付近の山から山砕石をダンプで運んできて、こ
の高床ホームから無蓋車へ積み込む想定に変更しました。

写真上の白い長方形の部分が高床ホームで、あとは無蓋車とホキの
留置線。上から4,5番目が本線です。
ホームは発泡スチロールと石膏で製作して、地形に合わせてホームが
出来た様にするため周りを高台にしてます。
砂利現状
▲この状態で一年以上止まってます・・・

そして、手前側には更に別の貨物線へ線路が延びていた想定の廃線
跡を設置し、線路を途中でぶった切った先に、建物コレクションの狭小
住宅を置いて建て売り風にしてみます。
狭小住宅
▲実際は北側斜線の絡みで屋根の向きが揃ってないと不自然です

保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:54 | コメント(3)| トラックバック(0)

悪夢の始まりか?

先日の運転会で岳南車両を数両持ち込んだ後、住猫さんと岳南ED
の話しになりました。次の次に出る鉄コレにもモハ1107が入っていた
りでやっぱり欲しい岳南ED・・・

で、買っちゃいました・・・
キット
▲ってか作れる自信は全くナシ!

ED40,50共に欲しいのですが、マスターピースのED40はヘッポコ
の知る範囲では既に市場から消えてます。マスターピースのED50も
ありませんが、同車体でありますワールド製小田急デキ1010のキッ
トが売ってました。

んなで、ED501の部分的な写真を撮ろうと昨日岳南まで行って来ま
した♪しかし・・・
比奈駅を通過するとED402と403が、ワムを従えて待機中です。
イヤな予感・・・
比奈駅通過

案の定またまた岳南富士岡の工場に入ってました(T_T)
ヘッポコが訪れた富士岡駅は既に無人モードになっていたため、駅員
さんの許可を得る事も出来ず、あっけなく退散です(大泣)
ED50

比奈駅に戻り尋ねると「501は一昨日から検査の都合で工場入ってる
よ」っと・・・あぁ・・・(T_T)
今年に入ってから3度目の岳南訪問ですが、ED501が動いてるのは
まだ1回も見てません。
モジュールの参考にと、駅で今日もブラブラと入換や廃車体を見学し
て時間をつぶしてます。
1107
▲鉄コレ次の次にリリースされているモハ1107

帰りの電車がコトコトとやってきて、乗り込むと乗客は3人だけ!江尾
寄りの運転席背面に座り運転台に目をやると鉄コレパワーパックとよ
く似たマスコン!
マスコン
▲鉄コレパワーパックぽい7000系のマスコンハンドル

こちらが電池駆動の鉄コレ専用パワーパックで、黄色と緑色2色発売
されるそうです。リトルジャパンへとりあえず各色1個注文しました。
鉄コレパワーパック
▲鉄コレ専用パワーパック

モジュールの参考になる廃線跡のようなものも記録して、帰宅になり
ます。比奈駅から横浜駅まで乗車券を買おうとしましたが、湯河原~
大井町までは連絡運輸範囲外とのことで、常備硬券もないため東京
山手線内までの硬券を購入。三島駅で途中下車して伊豆箱根も見学
して三島から新幹線で帰宅しました。
乗車券
▲今どき硬券で東京まで来られるなんて乗車券も魅力の岳南です

技量も考えず、ワールドのキットも含め岳南にはまるのは悪夢の始
まりでしょうか・・・


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

展望画像

先日、1年半ぶりにモジュール仲間?と集まり運転会を開きました。
RFシステムのカメラカーを持っていき動画撮影も。そのままでは音が
なくつまらないので、吊掛車の音を合成してます。
編集に時間をかけるときりがないので今回はあっさり目です・・・

本当は「世界の車窓から」の音楽をかぶせましたが、ネットでの公開は
著作権の絡みがありますのでちょっと難しいです。


それでは、かっ飛ばす吊掛車でご案内です♪


上の画面をクリックしYouTubeへ飛んだ後、画面右下にある「高画質で
表示」をクリックするともう少し鮮明に見られます。
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 14:33 | コメント(6)| トラックバック(0)

エコライナー

マイクロのコキ106エコライナーとテールライトが点灯するコキ500
00クールコンテナが入荷したとの事で、リトルジャパン祐天寺店へ取
りに行って来ました。
住猫さんのように自分でコンテナが作れれば良いのですが・・・

で早速、先日発売となったトミーテックのトラコレ第4弾に積まれてい
たエコライナーのU47Aと並べてみました。色的には、トミーの方が若
干緑がかった感じでして、色そのものはマイクロが近いです。しかし、
レタリングの大きさなどはトミーの方が実物に近いです。
U47A
▲上がトミーテック,下がマイクロエース

U47A
▲実物のエコライナーU47A

コンテナそのものが大きいので妻にはツメの切り欠きがあります。トミ
ーテックの方がスマートな切り欠きです。
妻
▲左がトミーテック,右がマイクロエース

逆にマイクロのU47Aをトミーテックのトラコレに積んでみましたが全
く問題なく積めました。
トラコレ

こちらはちょっと違うU51Aコンテナです。
U51A

コンテナヤードはいつ完成する事やら・・・

工場日報-その他 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:33 | コメント(2)| トラックバック(0)

工臨祭り

今日の関東界隈は工臨で賑わっていたようです。EF64原色牽引の
チキや、PF牽引のロンチキ、ホキ2B,4B等々・・・そんな中ヘッポコ
は小野上工臨へ行って来ました。
小野上駅に隣接する採石場でホキに砕石を積み、高崎のDD51が引
く工臨でEL牽引よりワクワクします。
DD
▲スノープローの付いてるDDの方がやっぱ格好いいです

今日はホキへの積み込み風景も見る事が出来ました。ペイローダー
でストックヤードの砕石をホキへ投げ、それを人力によりシャベルで
平らに均していました。
積み込み
▲やはり最後は人力頼み

積車になると勾配を利用し転がして次のホキへ積み込んでいきます。
1車積み込むのに大体15分程度かかってます。
転がし
▲ビデオ持っていったのに肝心な所を撮らなかったです(-_-;

発車シーンはビデオに収め満腹になったヘッポコ工場長ですが、帰り
は通り道の北浦和駅で途中下車しトレインショップへケーディーカプラ
ーを買いに寄りました。
トレインショップ
▲気さくな店長さんでした

先日、ポイントの期限が切れそうだったラオックスで、ミニカーブレール
対応のトラ70000をとりあえず1両購入してワム80000と共にカトー
カプラーを付けようとしましたが、付かないんです・・・ポケットの形状が
全く違いボッチが出ていたりしてます。
なら穴のあいたケーディーを、と思い手元にケーディー902があった
のでとりあえず付けた所、短すぎました。
902
▲車端ギリギリです

902より少し長い901の在庫を探してみると、トレインショップにあり
本日購入して早速付けてみました。好ましい具合です♪
901
▲今度は丁度良いです

お店で「鉄ヲタパパさん見てきたの?」と言われハテ?と。前にも来た
事あったのですが、BS信者だったのを思い出しました!

ついでにケーディー1015の10個入りもお店にあったので購入です。
店主さん曰く「組むの大変でしょう?」とのことでしたが、ヘッポコ工場
長の場合「トリップピンを一番最後に差し込むので、早ければ2~3分
で組み立てます」と言ったら、店主さん「あっ、そのやり方気が付かな
かった」と仰ってました。
なんせトリップピンが邪魔で組立姿勢が安定しないため、説明書通り
に組むと20分はかかってしまいます・・・

ホキトラ
▲カトーカプラーとも連結状態はOKです

トミックスのミニカーブレール対応貨車のケーディー化については、
鉄ヲタパパさんのブログの方に詳しく載ってます。
工場日報-その他 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:40 | コメント(7)| トラックバック(0)

中耕地3号その後

先日カチガラスさんより、過去のTMSに中耕地3号踏切道の写真が
出ているとのコメントを頂き、早速図書館でTMS探してきました。
ありました!!
が、載っていたのは廃止間際の中耕地3号でしてヘッポコが製作中の
1961年頃の踏切とちょっと違ってました。中耕地3号は1965年頃に
踏切警報機の更新を行っていまして、残念ながら更新前の写真は載
っていませんでした。

でもキッチリと4基分写真が出ていたので、当面この更新後の踏切タ
イプで製作することにします。
更新後でも警報機は器具箱の上にのる旧タイプの踏切のようで、GM
ストラクチャーにある信号器具箱の上に警報機を乗せます。
中耕地3号
▲GMの器具箱はちょっと小さめでした

どんな踏切かと言うと、ヘッポコ工場長が知ってる限りでは能勢電に
同型の踏切警報機が今でも存在してます。
鋳物で出来た信号器具箱の上に踏切警報機が乗ってます。昭和50
年代前半まで、東急線の踏切ではこのタイプが多く使用されてまして、
目蒲、池上線などでは平成に入る少し前まで存在してました。形状は
ちょっとアメリカちっくです。
能勢電踏切1
▲能勢電の沿線にはまだかなり残ってます

この踏切の遮断機構は腕木式構造で、保守が大変なためさすがに遮
断機部分は既に撤去され、別に踏切遮断機が設置されていました。
能勢電踏切2
▲器具箱の銘板は昭和43年9月製造となってました
保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 11:53 | コメント(3)| トラックバック(0)

ダブった・・・

先日の松江に行く前、ヤフオクへ相鉄EDが出ていたため入札してか
ら松江に行きました。落札希望額が設定されていて、どうかなぁ~とい
うのが心情。その後、大阪での模型屋巡りで相鉄のEDを売っている
店があり迷わず購入。帰ってから見事ダブりました・・・

まぁ、若干車体形状が違ってますが、実車も4両あったからと自分に
言い聞かせてます。ずっと探していて見つけるとこういう事もよくある
パターンです。

関西でタキ3000とホキ3100も買ってきたので、カプラーをケーディ
ーに交換中です。タキは米タン仕様に・・・
スカートの切り欠きがケーディーのポケットと同寸法だったので加工
不要でした。
相鉄ED
▲とりあえず2両分だけ交換します

工場日報-私鉄 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:45 | コメント(2)| トラックバック(0)

吉沢上家

いきなりですが、質問を頂きました。上家と上屋???2種類ありま
す。
東急では昔から「上家」という家の方の表現を使用しております。
そんな中でヘッポコも上家という表現を使ってます。変換間違いもあ
ると思いますが・・・鉄道六法はどうなってるだろう?
会社で調べてみます。

吉沢駅の「上家」終盤になりました。もともと根気が無いのでもう完成
した気分でいます(-_-;
吉沢駅の屋根はスレート材を2枚使用した屋根でしたが、模型でそこ
までやると、肉厚部分の段差が目立ちすぎるので、1枚物で表現しま
した。
波板
▲結局ヒルマの波板を使用しました

上から広角で撮るとなんだか分からないです(汗)
吉沢上
▲ウエザリングがうまくできればやりたいのですが・・・

塗料の湿気でちょっと歪んできました(泣)
バルサ物の課題とします。
ベンチもバルサ材で作成して、タミヤのレッドブラウンを筆塗りです。
吉沢正面
▲レフ板あてて撮るの忘れました・・・


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:39 | コメント(3)| トラックバック(0)

三岐

10年程前から行ってみたいと思っていた三岐鉄道。しかし、ヘッポコ
の用事からすると通り道には無く、なおかつ泊まりがけで行く距離で
もないため行く機会をずっと伺ってましたが、先日の一畑の帰りにやっ
と寄る事が出来ました。
三岐ではまず、平津駅付近にある電鐘M型の旧型踏切へ音撮りのた
め向かいます。しかし、脇に用水路があるためクリアーな音撮りがで
きませんでした。
後ろにある平津駅の場内信号機には通過信号機が付いていて、一畑
と共に観察できました。
三岐踏切
▲余り見掛けなくなったM型

その後クルマを置いて、山城から富田まで乗車したあと、再びクルマ
でセメント工場のある東藤原駅へ向かいます。
東藤原駅に着くと駅前には小野田セメントのホキ5700が展示されて
いました。
駅舎
▲小野田セメントホキ25767

構内で写真を撮るため入場券を買い求めに駅舎へ入ると、中にはセ
メント工場の輸送に活躍した貨車の写真パネルが展示されています。
貨車博物館もある三岐だけのことはあります。
駅内
▲小野田セメント時代からの写真があります

ホームへ上がると構内はタキ1900でギッシリです!奥の方にホキ
10000が数両と秩父のカマが居ました。
構内でウロウロしていると、駅長さんと思われる方から「貨車マニアで
すか?」っと好意的に声をかけて頂きまして、お話を伺うと5月は第1
工場?が点検中だそうでセメントの発送量が大幅減だと言う事でした。
東藤原
▲タキがギッシリ!

「残念だね」と言う事で帰ろうとした時、哀れなヘッポコに「あと10分す
ると白いホッパ車が降りてくるから、せっかくだからそれを撮って行い
きなさい」と。
あのホキ1000か!と期待してホームで待つ事約10分。やってきまし
た。
ホキ
▲ビデオで撮ったので走行写真はありません・・・

更に色々お話を伺う事が出来まして、マニアにとても好意的な鉄道会
社でした。今後もこの好意を裏切ることなく我々も、安全にマナーを守
りマニア活動をして行きたいです。

帰りがけに丹生川駅に併設されている貨物鉄道博物館を横目で見な
がら保々駅の車庫を覗きつつ三岐をあとにしました。
また近いウチに訪れたいです。
博物館

保々


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:16 | コメント(4)| トラックバック(0)
<<  2008年 6月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]