ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

バラスト撒布終了

吉沢駅はホーム部分の地盤高が決まり、残していた地面にスムース
イットを盛りつけ地盤が完了です。
施工順序的にバラストが撒けなかった箇所にもバラストを撒き終え、
下地のパウダーも撒きなんとか形になりました。
ホーム入口

バラストがグレーのままなので薄く塗装をし踏切を製作すれば、ほぼ
完成のハズ・・・です。
その後は水路に水を流したり、家周りの仕上げなど細かい作業が残り
ます。
全体

保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

荒川沖のサイロ

今日は荒川沖駅にあったセメント取降ろし施設を見に行ってきました。
既に鉄道でのセメント輸送は終了していますが、サイロと施設はまだ
そのままでした。

ヘッポコはまだ乗ったことのなかったE531系常磐線快速に、上野か
ら乗車し荒川沖を目指します。常磐線にも昨年からG車が組み込まれ
いるので毎度ながら2階席へ着席します。
E531
▲行きのG車は2階に4人しかいませんでした

普段乗り慣れない常磐線の車窓は、とても新鮮に映ります。
車窓

1時間ほどで目的の荒川沖駅に到着。改札をでて目当てのサイロへ
向かいますが、外側からは収穫ナシ。再び改札を入り、上りホームへ。
側線はセメント輸送があった頃のままで、一部分岐器が撤去されてい
た部分もそのままでした。
荒川沖

セメントの取り降ろし施設と側線の雰囲気が、昔の南橋本駅に似てい
て、なんだか懐かしく感じました。取り降ろし部分の写真なんかも撮り
モジュールの参考にします。
サイロ

しばらくうろついた後ホームでサイロを眺めてると、通過列車の放送が
入り進入方向を見ると貨物の様です。
で、やってきたのは東邦亜鉛のトキを従えた安中貨物でした。
安中貨物
▲トキ25000の5両のみでタキは付いてませんでした

現役の頃にもっと通えばと今日も後悔し、帰りもG車に乗車します。
柏駅を出た頃車内放送で「NREより~」っと新幹線などでもお馴染み
の放送が入りました。
「NREより~、グリーン車をご利用のお客さまに車内販売のご案内で
す」っと。聞けば、G車のみで発売するハンドタオルや、当時の味を復
元した「食堂車のカレー」なるモノも限定販売とやらで回ってきました。

東海道新幹線の100系食堂車で、遂にカレーライスを食べる事が出
来なかったヘッポコ工場長はとりあえず購入してみました。
1個400円という決して安くないカレーですが、お味はどうかな?
カレー

G車の車内販売は東海道、湘南新宿ライン、高崎・東北線と各線行わ
れていますが、「限定品販売」というのは今日の常磐線が初めてでした。
帰りのG車もヘッポコを含め3人しか乗車しておらず、他線に比べると
日中の乗車率は著しく悪い様に思いまた。

限定品販売はその巻き返しでしょうか?

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

赤ガエルの思い出

東急の旧5000系は小学生の頃、東横線や大井町線、その後は目蒲
線で何度となく乗った車両でして、その5000系が身近で見られたの
が岳南ですからやっぱり無くなると悲しいです。

ヘッポコがガキの頃は東急5000系自体ゴロゴロいまして、あんまり
撮る気にならず今は後悔です。このこどもの国線の5000系も本当
はアルミ試作車を撮りに行ったのですが、休日の多客で5041の5連
が充当されていてガッカリした記憶があります。
しかし、今となってはもっと撮っておけばと・・・
こどもの国線
▲1982年撮影

さて、岳南の5000系ですが、こちらも「無くなる」という話を聞いて行
ったのが最初で最後でした。
復活

そして無くなるのを惜しむため「緑塗装」に復活した編成が登場し、こ
れが今日まで比奈の奥に留置されていた5001の編成でした。
塗色は宮田道一さんが岳南まで行って、色の調合に立ち会ったという
話しをウワサで聞きまして、色合いは納得しました。
緑5000系
▲岳南江尾にて

ちなみに、この頃の岳南江尾駅は終点側の機回し線も生きていてず
っと奥まで線路が有りましたが、最近は機回し線が切られて家が建っ
ています。
江尾昔
▲当時かなり奥まで線路がありました

江尾今
▲今は構内踏切のちょっと先で線路が切れてます

土曜日訪れた岳南・・・ヘッポコがドア越しに最後に見た赤カエルです。
車窓

岳南5000系は自作するといつ完成するか分からず、模型はマイクロ
から完成品が出ているで、完成品を先日大阪で購入。また模型で懐か
しむモノが増えちゃいました。


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 05:09 | コメント(6)| トラックバック(0)

カエルさん解体

昨日岳南へ行って来ました。
10年ほど前に現役を退いた後もそのまま留置されていた岳南5000
系ですが、遂に解体が始まりました。知人よりその知らせを聞いたの
が先週の日曜日で、仕事の都合で訪問が昨日まで延び延びになって
しまいました。
品川7:19発の熱海行きに乗車し吉原駅を目指します。夏休みのため
か下り列車はそこそこ混んでいました。
吉原駅に着くと、2連のかぐや富士号が停車中です。富士岡まで乗車
券を買うつもりでしたが、休日のため1日乗車券が発売されていたの
でそちらを購入し乗車です。
吉原

そして富士岡駅に到着すると・・・
5000系はあと3両だけになってまして、うち1両の解体が開始されて
いました。
到着
▲夜間に訪れたらちょっと不気味な感じです・・・

脇の事務所で許可を貰い中へ・・・
0.7クラスのニブラで丁度、側板を掴んで剥している状態でした。
富士岡

側剥がし

そして緑の5000系も5101がオデコを残して解体済みでした。
緑
▲あ~遂に・・・

10年近く放置されたままで「復活」なんかも希望していましたが、結局
は予定通りの解体になってしまいました。まぁ、10年近くもそのままで
拝めたし、何度も写真を撮りに行ったので慌てる事はありませんでした
が、ちょっと残念でした。

で、気を取り直して比奈駅で見かけたED501を撮影するため1駅移
動します。窓口で許可を貰い奥側からも撮影できました。

ED501
▲さぁ、作るぞ!・・・たぶん

帰りは模型屋さんをちょっと回り、夕方から銀座松屋の待ち合わせが
あったので新幹線で帰宅となりました。



鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 07:56 | コメント(8)| トラックバック(1)

吉沢駅進捗状況

出掛けてばかりいて模型がいじれないのか、根気が続かなく進まない
のかよく分かりませんが、中耕地3号踏切を中心にすすめている吉沢
駅の路モジです。
踏切の踏板にスムースイットを流し込み、ついでに吉沢駅のホーム部
分の摺り付き箇所にもスムースイットを固めに塗り最後は指を水で湿
らせて段差が目立たなくなる様にプラスタークロスに刷り込みました。
踏切

踏切器具箱の土台をバルサから切り出し、スムースイットを薄く塗り
込み成形し、塗装バラスト撒きとなります。
吉沢

保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:54 | コメント(4)| トラックバック(0)

安中貨物

すっかり忘れていた安中貨物のビデオです。スイッチャが行ったり
来たりで8分間ほどありますのでお暇な時に見てください。

ビデオ見て頂くと、このスイッチャのライトがカタツムリの様に突
き出ている理由がわかります。

東邦亜鉛安中貨物
東邦亜鉛安中貨物[アメーバビジョン]
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 16:12 | コメント(2)| トラックバック(0)

セメント三昧

いよいよ夏休みが始まり18切符のシーズンにもなりました。今回も赤
券の18切符を入手しまして早速消化開始です。

行く場所に悩んでいましたが、武州原谷のタキ1900が移動すると聞
き訪問先を秩父に選定です。今月1日に訪れた時と同じ感じでして武
川駅へ向かいます。

前回は秩父セメント+日本セメントでしたが、今回は日本セメント+明
星セメントということで、まだ撮った事のない明星タキの形式を撮影で
す。日本セメントとタキは先日と同様カサカサ塗装でしたが、明星タキ
は現役のように黒々としてました。
明星タキ
▲埃は被ってましたが塗色はキレイでした

常備駅
▲もっとマメ通えばと後悔

駅で形式を撮り終えた後、同目的で訪れていたつかささんと合流する
ことになり、秩父の師匠と呼ばれているzuppeさんの車に乗せて頂き、
さらに西武の神と呼ばれているヤマシタさんとのお仲間にいれて頂き
撮影地へ案内して頂きました。
日本全国駅撮り以外知らないヘッポコとしては、車に乗せて頂いて撮
影地に行けるという贅沢さも堪能しました。
カーブ
▲定番カーブの撮影に大満足です

カーブでの撮影を終え武川駅に戻ろうとしましたが、せっかく~とのこ
とで三ヶ尻線から工場へ案内して頂き、石炭ホキの入換風景を撮影
です。zuppeさんは数え切れないほどいらしている様で、「あの入換は
今度こっちの線路通ります」っと的確に指示を頂き、チャンスを損ねる
事無く撮影できました。
三ヶ尻
▲秩父の師匠を目の当たりです!

皆さん次の予定が一応ある様でして、私は影森へ向かう用事があった
ので足を引っ張る訳にもいず失礼しようとしましたが、なんと!これま
た影森まで車で案内して頂けると言う事で、甘えてしまいました。
が・・・肝心な用事が空振りに終わり・・・皆様にご迷惑をおかけしてし
まいました。
影森は午後休業でした。
影森
▲途中撮影地なども教えて頂きながら影森到着

いい加減これ以上皆様にご迷惑をおかけするわけにはいかず、昼食
を摂って私は失礼させて頂きました。
昼食も、皆さんの秩父定番「おそばやさん」へ案内して頂きここでも秩
父を堪能しました。
影森駅でお別れしてヘッポコは次の目的地、上越線八木原駅へ向か
います。熊谷から再度高崎線~上越線を乗り継ぎ八木原駅へ。目的
はデンカセメントの取り降ろし施設です。線路も若干残っていて前から
気になっていまして今回訪問観察となりました。
八木原遠景
▲側線の雰囲気もいいです

八木原
▲線路は手前で切れてますが,奥に軍配マークのタンクが見えます

ここは塀などが無く、トラロープで仕切られているだけでかなり近寄っ
て見る事が出来、モジュールの参考になりました。
こちらは東海道線清洲駅に併設されている、同じくデンカセメントの施
設でして、東海道新幹線の車窓からいつも気になっています。
清洲

八木原で詳細なセメントタンクの写真が撮れたので大満足で帰宅です。
安中へも向かおうと思ってましたが、実は東武「りょうもう」が特急にな
ってからまだ乗ったことが無いため、丁度良い機会なので帰りは「りょ
うもう」で東京へ向かう事とし、新前橋から両毛線で足利駅へ向かいま
した。

前回両毛線に乗った時、足利駅前になにやらEF65の様なモノが飾ら
れていたためコチラも気になっていました。しかし、EF65ではなくEF
60の最終タイプでした(-_-;
EF60
▲反対側には上る階段もありキャブが公開される事もある感じでした

JR足利駅から東武足利市駅まで10分少々歩き、足利市駅に到着で
す。特急券を買う際「当日券は隣の券売機でお求め下さい。座席の位
置など
細かい指定がある場合は口頭で係員にお申し出下さい」と張り
紙があったので迷わず窓口へ!
どうしても進行方向右側に座りたかったので、その旨窓口の係員にお
願いし希望通りの席がとれました。

つかささんから「りょうもうには渋いシートの車両もありますよ」と伺って
いたのでちょっと期待しましたが、残念ながら来たのは高級「タイプ」の
シートを装備した車両でした。
シート
▲一般客にはこちらのシートの方がいいに決まってますが・・・残念

足利市駅をでると70キロそこそこですが、単線のため交換駅ではポ
イントで速度低下が続きます。沿線風景も殆どが平野の中でしたが、
東武和泉駅などは駅前に農業倉庫らしきものと側線の跡などがあり、
館林駅などと共にまた訪れたいとおもいました。
館林駅を出ると85キロ程度で快調に飛ばし、南羽生を過ぎた頃には
95~100キロ程度と心地よいスピードで浅草駅へ向け走ります。

つかささんたちは、上州名物焼きまんじゅうを堪能されていたようです
が、ヘッポコは浅草駅到着後駅前の「松屋」(牛丼屋の方の松屋)でい
つもの食事を摂り帰宅しました。
りょうもう


ムリな注文でお付き合い頂いたつかささん、zuppeさん、ヤマシタさん
ありがとうございました。
貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:41 | コメント(6)| トラックバック(0)

踏切ガード

相変わらず亀の中耕地3号踏切です。踏切のレール間には踏切ガー
ドと呼ばれる脱線防止用のガードレールを取り付ける事になっていま
して、玉電の踏切はこのガードレールを、踏切端部から300ミリ以上
の長さを確保しなければならない決まりがあります。
この路モジの踏切幅員は既製の踏切幅員では無いため、このガード
も製作しなければならず、これまた方法を悩んでました。
半端なレールを使っても良かったのですが、どうにもゴツクなりすぎて
結局お手軽にプラ棒を使う事にしました。

ガード断面が全く違いますが、プラストラクトの帯材1.0×2.0ミリを
使用し若干厚みを削ります。
ガード

錆色に塗ったら断面がそれほど目立たなくなったためこのまま行きま
す。このあとガード間にスムースイットを流し込み舗装止めを設置し、
最終のバラスト撒きを行う予定です。
ガード錆び塗り


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:55 | コメント(4)| トラックバック(0)

八高線小宮駅

肝心な南橋本駅や相武台下駅の写真が見当たらず困ってますが、八
高線小宮駅の写真が出てきました。
ここもセメント輸送の着駅の一つで高麗川の日本セメントに対して、コ
チラはたしか秩父セメントだったと記憶してます。
斜めってますが(汗)今から26年前の1982年撮影の小宮駅です。
丁度DD51+ヨの編成とすれ違う所を車内から撮りましたが、右側に
はセメントのサイロとベルコンが写ってます。
小宮駅
▲乗っているのはたしかキハ35系列のハズ

で、先日訪れた際に撮った現在の小宮駅。ホーム擁壁に当時の面影
ありますが、駅上家やセメント工場は全然変わってしまいました。工
場部分は現在駅前ロータリーが出来ています。
現小宮

前のコマがこの腕木信号機でして、これまたどこだろう?
腕木

今と違いガキには高価なネガカラー。デジカメの様にパシャパシャ撮
れればと今後悔です。


相模八高日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 04:58 | コメント(4)| トラックバック(0)

相模線とか八王子付近

っといても、205系とは無関係でしてカトーのタキ1900三菱鉱業が
再生産され購入し、あとは首を長くして待ってるキハ35の発売を待つ
だけになりました。早く並べたいのですが、あくまでも基本はハマ線と
いう欲張り方です。

で、タキ1900の着駅であった南橋本駅がどんな風に変わっているか
気になりまして見に行ってきました。
当時の面影は全くナシでした。画面右と正面に見えるマンションの辺り
にセメントの取り降ろし施設とタンクがありましたが、全くの別世界!
以前は、奥の方や手前側にも専用線が出ていましたがこれまた面影
なしで、悲しくなりました。
南橋本
▲南橋本駅は駅前広場ができてもの凄い変貌

こちらは先日行った相武台下駅です。かつてク5000が大量に捨てら
れていた側線は若干残り線形の面影はありました。
相武台下
▲側線は残っていて駅前風景も以前とさほど変わらなかったです

話しは戻り南橋本駅から再度電車に乗り、本日2番目の目的の八王
子へ。↓コチラが目当てでして、ホーム先端には同業者が沢山いたの
でホーム後端へ。
第3、第4編成が到着でした。
7000系
▲添乗の方々は蒸し風呂の様な車内で大変だと思います

その後高尾駅へ向かい、駅前広場のバス停を撮り京王で高尾山口駅
を目指すつもりでしたが、バス停でうろついているとなんと201系が入
ってくるのが見えました!勿論、京王の乗車をやめて201系に乗車し
て帰宅となりました。
201系
▲201系にまた乗れるなんて!
相模八高日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:55 | コメント(2)| トラックバック(0)

石灰石

かつて南武線で走っていたED16+ホキ2500の石灰石貨物編成を
再現するためチョコチョコと各車両をいじくってます。
ED16はマイクロセットばら売り単品を購入し、ホキはGMの3両セット
のヤツです。全部年代がバラバラで購入してるので最初からマイクロ
のセットを買えばなんの事は無かったのですが・・・

ところで、積荷の石灰石は載せた状態にしたいのでモーリンの石灰石
N用を購入して載せてみようと思いました。で、どんな積み方かな?と
写真を眺めていたら、石灰石の大きさが採取地によって違うみたいな
んです。
秩父鉄道のヲキによる石灰石ですが、コチラのは小粒なんです。
ヲキ
▲ヲキ100による石灰石輸送

秩父石灰石
▲秩父・武甲山の石灰石は小粒でした

そして、美祢線から小野田へ向かう石灰石編成のは砕石のように大粒
です。
ホキ9500
▲コチラはホキ9500による石灰石輸送

美祢石灰石
▲美祢線の石灰石は線路に使う山砕石くらいの大きさ

どちらも石灰石ですから、採取時の工程で大小があると思うのですが
実際にはもっと深い理由があるのかはヘッポコには知る術がありませ
ん。そうなると、西濃鉄道のはどうなんだろう?
かつてSLの石炭で美唄と夕張の石炭が、熱量などで優れた石炭と言
われた様に、石灰石にも土地のクセによる良否があったりするとなる
と、なお一掃奥が深く積荷を考えてしまいます。

こちらは西国立にあったED16のネグラです。今ではマンションが建ち
引上線の車止め残骸がちょっとあるだけで跡形もありません。南武線
での走行写真も何枚かあったはずなのですが、ネガが見当たらず・・・
目指すは奥多摩産の石灰石です。
ED16
▲西国立駅に併設されていた立川機関区


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:34 | コメント(8)| トラックバック(0)

ホーム裏

またまた放置中だった吉沢駅です。実はホーム裏の構造が分からな
くて止まっていましたが、「ただ単に土を盛り上げただけ」が駅発祥の
ようでしてその名残で、ホーム裏は土手状になっていた様でした。

ホームの前後も階段が2段あるほかは、やはり土が盛り上がってホ
ームへ摺り付いてましたので、そんな感じに・・・
ホーム側面

ホームへ土を盛り上げるのにプラスタークロスを使いますが、このプ
ラスタークロスは小面積だとちょっと施工性に難があります。
新聞
▲小さい隙間へ新聞紙を詰め込みます

プラスタークロス
▲プラスタークロスで盛り土の様に均してみました





保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:57 | コメント(4)| トラックバック(0)

DD13の思い出

プレーリードッグさんからコメント頂いたらDD13の思い出写真も沢山
出てきました。
DD13はどこ行ってもちょこちょこと貨車を入れ換えていて、いつも見
られるDLで一番好きでしたし、模型でも3両あります。

どこで撮ったか全く思い出せないサイドビューの写真。「品」の区名札
が入ってますがマジでどこだろう?
後ろにはサトーパーツの看板が見えます。
サイド

品川に行くと必ずいたDD13ですが、この時は控車代用と思われる白
帯ワムを従えてマニ30の入換中でした。しかし、当時はマニ30と言う
のを知らず、「変なマニ50だなぁ」と眺めてました。
マニ30

こちらは八王子のDD13です。ハマ線ホームから撮りましたが今もあ
まり変わらない風景です。ただピットは2線→1線になってます。
横には「八王子-小川町」のサボを付けたキハ35-900番台もいま
す!この頃にタイムスリップしたいです・・・
八王子

ちなみに今年3月の同じ場所です。
今

山梨の田舎に行くと、遊ぶ場所もないのでカメラ持って駅で撮影して
ましたが、フイルムが勿体ないので見ていたのが殆どです。
甲府機関区などの跡地は跡形もなく広場になっちゃいました。
甲府

そしてこちらは新幹線のDD13こと912型ディーゼルです。沿線では
すっかり見かけなくなりましたが、全部廃車になったのでしょうか?
912

私の模型の原点はこんな感じで、それを目指してます・・・でも現代で
す。矛盾してるなぁ・・・


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 04:46 | コメント(10)| トラックバック(0)

まとめ

夏目さんからリクエスト?を頂いたので・・・
では、ショボイまとめを・・・

関西というか西日本へ行けば「見たい撮りたい乗りたい」の「3たい」
だらけでして、どれもこれもとやってると「二兎追う者は」になりまして、
それでも二兎はムリなので四兎と目標を立てて、3泊~4泊の予定
で行きました。

まず最初は何度もになっちゃいますがコキ107の出場です。
しかし、先週の金曜日は半端じゃない悪天候でして、品川駅6時発の
のぞみ99号は「当駅は時刻通り発車しますがこの先三島~新富士間
で列車が止まる事が予想されます」とのことでした。三島駅には新横
浜始発のひかり393号がいたので、のぞみ99号は熱海駅で40分と
まってました。
見合わせ
▲車内の電光掲示板にでる「運転見合わせ」のお知らせ

運転再開後は新富士駅付近まで時速約52キロという超低速です!
先行列車がつまっている状態で、静岡駅は出発停止で入って行く状態
です。結果的に新神戸駅に1時間延で到着しましたが、コキの出場に
は余裕を持って間に合いました。
コキ
▲出場車両とはいえ列車後部標識がないです・・・

そして2番目がEF65-0番台です。しかし、悪天候によるダイヤ乱れ
が重なり、チャンスは大幅激減!結局、原色が撮れたのは初日の1両
だけです。ですが撮れたのはPS22を載せた100番でした・・・
まだリベンジ戦が続きます・・・
EF65
▲周りにいた方々もガッカリでした

3番目は0系!もう時間がありません・・・が、ビュッフェ車が廃車にな
ったのと、通い詰めて廃車直前にビュッフェ車に乗れたのでそろそろ良
いかなぁっと思ってます。
0系
▲訓練車でビュッフェ車残ってると言えば残ってますが・・・

で最後の4兎目は福山のJFE専用線です。前々から訪れてみたかっ
たのですが、場所が中途半端でして運転日も不確定ということでした
が、この際重い腰を上げて寄ってみました。
その後、色々情報が入ってきたので次回は、専用スイッチャが牽いて
る所を狙いたいです。
JFE
▲工場の中には東福山駅常備のチキ5200が沢山いました

あとは、環状線をいつも通り撮ったり、向日町のセメント工場覗いたり
国鉄の堪能は出来る限りやりました。
きたぐに
▲きたぐにも大阪駅で撮るには夏しか向いてないんですね

大阪セメント
▲廃止直前にいきましたがサイロは撮ってなかったです

環状線
▲環状線にウグイスはいっているのはじめてみました

と言う事で4泊目は私鉄の乗り鉄を予定してましたが、矢板のサイロ
情報が入ってきたので切り上げ帰宅となりました。
模型も在庫品については関東と全然違ったりで、まだまだ関西通い続
きそうです。


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

セメント病とキハ30

鉄道によるセメント輸送が激減してるなか、モジュールでセメントサイ
ロを作りたい・・・しかし、輸送終了箇所ばかり・・・と言う状況です。

セメントサイロの詳細が全く分からなく困ってまして、矢板もサイロが
無いという話しも飛んできましたが、知人に問い合わせた所、矢板は
セメントヤードとしてまだサイロが残っている事が判明!早速今日サ
イロの写真を撮りに行ってきました。

関東地方の天気はあまり良くない予報でしたが、全然はずれでして
全く降られませんでした。
東京駅7:40発のやまびこ205号に乗車し宇都宮駅を目指します。
やまびこ205号
▲今回は自由席で行きました

宇都宮駅で東北本線の普通列車に乗り換えましたが、宇都宮以北で
普通列車に乗るのは、先日の小山に続き今世紀初です!
107系かと思ってましたが、ホームに止まっていたのはボックスシート
の211系5連です。30分ほどで矢板駅に到着です。しかし車扱いコン
テナが終了した矢板駅は寂しい感じでした。
矢板
▲貨物線側は枕木が置かれ使用停止になってます

そしてまず最初の目的セメントサイロに到着です。サイロは現在も発送
基地として機能していまして、線路が無くなった以外は昔のままでした。
隅田川などと違いここは間近で荷役が見られたので、10年ほど前は
何度か通ったのですが、サイロの写真なんて全然撮ってなかったです。
サイロ
▲屋根の付いた箇所の荷役設備も観察できました

サイロの写真を撮りに来たついでに、矢板駅界隈のセメント基地も押
さえようと思い帰りは寄り道です。こちらは矢板駅の3つ隣の氏家駅
に併設されいた住友セメントの専用線です。
氏家駅
▲ここもセメント輸送は終了してます

荷役設備が見られるかなぁ?と思いピットの方へ向かうと、中にはま
だスイッチャが入っていました。しかし、本線と貨物線はレールがもう
つながっていないので、このスイッチャーが動く事はなさそうです。し
かも後ろ向きなので詳細が分からず・・・です。
スイッチャ
▲どんなスイッチャなのか気になります

そしてもう一つ隣の駅の宝積寺駅でもセメント専用線が残ってました
が、こちらはあまり写真の撮れる場所ぢゃ無かったので、車内からパ
チリと撮りそのまま通過乗車です。
宝積寺

そして次の確認箇所である川島駅へ向けて、宇都宮駅で水戸線へ乗
換ます。
水戸線

しかし、川島駅の側線は草ぼうぼうでサイロはナシ・・・そのまま乗車
して下館駅を目指します。2番目のお目当てはキハ30です。

近々、DCで大好きなキハ30系列がでるので、そのお勉強として関鉄
のキハ100を観察しに行きます。
下館駅に到着すると関鉄線で待っていたのは・・・レールバスタイプの
キハ2200でした。
関東鉄道
▲残念!

単線でDCに揺られる事約1時間!水海道駅に到着です。すると反対
側ホームに区間折り返しのキハ100こと元キハ30がいました!
すかさず下車しスカ色キハ100を撮影。このキハ100は補強板のな
いタイプでした。
キハ
▲個人的には補強板ある方が好きです

今朝から何も食べて無く、ハラが減ったので駅前で何か食べようとグ
ルリと見回すと・・・あったのは「お人形屋さん」だけでした(-_-;
コンビニはありましたが、とりあえず車庫を目指して歩き始め県道を
歩く事約8分。地元の定食屋さんがありそこで腹ごしらえです。

満腹な割には足取りも軽くなり再度車庫を目指し歩き始めます。更に
歩くこと5~6分ほどで水海道の車庫に到着。
キハ30系いました!関鉄色の他、首都圏色や撮影用の水色まで沢
山いまして、あちらこちら部分的に撮影もし、発売に備えます♪
キハ

この直後、外れていた天気予報が当たり始め辺りは真っ黒な夕立雲
が出てき始めました。降られてはかなわないので、足早に水海道駅へ
戻り、取手駅から常磐線経由で帰宅しました。

セメントサイロとキハ30はしばらく病気になっちゃいそうなくらい、気に
なります。

ホント模型はどうなった?

貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:24 | コメント(16)| トラックバック(0)

コキ107続き

先ほど無事帰宅しました。明日帰る予定でしたが、所用の都合により
1日前倒しになりました。

東邦亜鉛のトキでは、鉄ヲタのパパさんへ説明不足によりご迷惑おか
けしたのでとりあえずお土産でコキ107です。
兵庫駅、甲南山手駅と20人くらいいました。普段こういう撮影は慣れ
ていないヘッポコにはちょっとヘビーでした。
甲種
▲牽引機のDD51 1802は先日の223系の甲種も担当のようでした

で、以下パーツです。
コキ107

連結器

フレーム上面

端梁

台車

107-4

端

端

台車の銘板は「FT3A」とありました。
今日吹田に入っているのを見かけましたが、あっと言う間に増殖するの
でしょうか・・・
そんなわけで、コレを見たあと模型屋さんに寄り我が家にはまだ配置
されてなかったコキ50000グレー台車を購入して宿へ戻りました(^^;


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:23 | コメント(2)| トラックバック(0)

広島へ

今日の広島はむせかえる様な暑さで、かなりバテてます。
今日は貨物メインではなく0系メインで、岡山~広島で行動です。

とりあえず広電で様子を見てから・・・
広電
▲お約束で広電めぐりです

その後福山へ移動し、東福山のコンテナ基地を覗いてみました、
東福久山
▲とりあえず初めてきました

とにかくひたすら0系の旅でした
並び
▲あと4ヶ月少々で終わりかと思うと・・・



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

やっぱり国鉄天国

本日も西下が続いてます。
明石は今朝、激しいにわか雨に見舞われましたが、9時頃から天気
が急速に回復し蒸し暑いなんてものではありません。

今回の目的はとにかく原色0系です!
乗っている人はほとんどいませんでしたが、最近ツアーで座席を
押さえているようで、5号車も座席指定車になることもあるようです。
0系
▲やっぱりこの色でないと!

EF65-0番台もお目当てですが、今日は移動の関係であまり撮れま
せんでした。しかし、原色は来ませんでした・・・
EF
▲また明日にチャレンジ

今日は乗り鉄移動がメインです。

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 16:55 | コメント(4)| トラックバック(0)

コキ107出場

コキ出場と言ってもヘッポコ工場ではありません。
コキの新形式コキ107の量産車が今日、兵庫の川崎重工から出
場しました。そんなわけで、今日は朝から関西に来ています。
乗車した品川始発の「のぞみ99号」が大雨のため、熱海で運転見合
わせになるなどありましたが、無事到着です。

さて、1時間ほど新幹線が遅れましたが、無事兵庫駅和田岬線ホーム
へ時間通りに着けました。
DD
▲川重から出場してきた甲種編成

コキ107-1は先行試作で出場しているので今回は2~4の3両でした。
コキ107
▲今回は107-2~4の3両

107
▲まだピカピカのグレー車体?です

その後は甲南山手でEF65狙いで待ちかまえます。1時間半ほどの
間に3本は通るハズでしたが、下りは静岡地区の悪天候のため5~6時
間の遅延で、結局上りの1本しか撮れませんでした。
今夏は運用も事前勉強したのに・・・明日以降にリベンジです!
EF
▲やっと撮れました


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:49 | コメント(6)| トラックバック(0)

怪しく残す

砂利積込みモジュールの手前側に貨物廃線跡を作る予定ですが、
怪しい雰囲気で残したいんです。
先日訪れた岳南と秩父で引込線が廃止された跡や、かつてのヤード
への跡等を見つけて記録です。

岳南鉄道の場合は、連動装置が生きたままなのでポイントごと撤去
するともの凄いお金がかかるため、ポイントが残っているようです。
岳南

一昨日行った秩父ではかつてのヤードが、有料駐車場に転用されて
ましたが、その手前まではヤードがあった事を誇示するかのようにポ
イントが残されていました。
秩父

怪しく残すにはレールのヘロヘロ感が必要のようで、どのレールも37k
レール以下です。模型では、やはりレール高さがその辺の雰囲気を壊
してる感じです、PECOのファインレールというのが#55というちょっと
低めのレールですが、まだ高い感じです。更に低い篠原の#40という
引き抜きレールもありますが、今度はポイントが無いという状態です。
ポイントから自作すると3年はかかるだろうか・・・また悩みが増えました。


車止め | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:02 | コメント(4)| トラックバック(0)

妄想スパイラル

いい加減に模型いじらないと・・・

妄想し始めると止まらないです。仕掛かり品をなんとかしなきゃなら
ないのに飽きやすいと言うか、根気が無いというか、次のモジュール
の妄想中です。
アメリカの素材メーカーである「プラストラクト社」のラーニングキット
を購入してから一向にイメージが湧きませんでしたが、三菱タキも出
たのでセメントデポに決定。
セメント2

セメントタンクは複数組み合わせてみます。さて、実物を観察に・・・
と思いきや、渋川とか実物のセメント輸送が昨年からほぼ壊滅状態な
のでもっと撮っておけばとこれまた後悔です。
どうしよう・・・

車両を並べるともう完成した気分で妄想中毒中です(-_-;
セメント1
▲もう少し大きいタンクも必要です
保線日報モジュール | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 08:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

再び秩父へ

もう今年も半分が過ぎてしまいました。模型はなにも進捗無しです。

先週の金曜日に引き続き、今日も秩父~安中へ行って来ました。い
つも湘南新宿ラインではつまらないので、今日は東京駅8:24発の
Maxとき309号で熊谷駅まで乗車です。
マックス

自由席でも良かったのですが、MV機で久々に座席取ってみたかった
ので敢えて指定席です。しかも、1階の3列席という絶対今後は、こん
な席は取らないだろうという席を選びました。
窓が小さくしかも、窓枠に飲み物を置く事ができないです。
マックス車内
▲案の定窓の外はずっと防音壁でした

熊谷駅到着後秩父鉄道へ乗換えとなりますが、今日は1駅だけ急行
に乗車して武川駅へ向かいます。窓口で急行券200円の硬券を購入
し、9:31発の急行三峰口行きに乗車し、程なく武川駅に到着です。
武川駅に到着すると丁度、石炭のホキ10000がいました。
武川


一旦改札を出て、窓口で1000系の記念乗車券などを全種類購入し
て再び駅構内へ。
そして・・・やってきました!本日のお目当てコタキ車12両編成です!
貨物到着

首都圏ではセメント輸送が壊滅状態で、タキ1900も大量に余ってし
まってます。気が付くといつも無くなってるパターンになってしまいま
した。
タキ1900は久々に見ましたが、武州原谷駅に留置してあるままで、
カサカサ塗装のちょっと悲しいバージョンです。
秩父セメント

コタキ
▲三峰口寄りには1両だけ日本セメントのタキが付いていました

その後録音がてら、1時間ほど乗車して影森駅へ向かいます。影森
駅では乗ってきた旅客車の1本後をくっついてくる貨物があったので
それを撮影し、再び熊谷駅へ戻ります。
改札出て昼食を・・・と思いましたが、駅の外は何もナシ。キレイになっ
た公衆便所をみつつ再びホームへ上がります。
影森

今回もカラフルな1000系には乗る事が出来ませんでしたが、熊谷駅
へ着くとウグイスとブルーが仲良く並んでいました。
1000系
▲やはり混色も見たいです

で、せっかく秩父まで行くので安中もついでに・・・っと。

今回の乗車券は大井町→安中でしたが、先日車窓から見た渋川駅が
気になったので一度乗り越し扱いで渋川駅を目指します。
やはり貨物輸送の終わった渋川駅構内は閑散としていて、かつて線
路があったりトラックがいっぱいいた場所は駐車場に転用されてました。
渋川
▲寂しい限りです

渋川駅から安中駅を目指します!
そして、今日はビデオカメラも持って行ってたので気合いをいれて安中
貨物の到着を待つ事にします。
安中駅でぐるりと構内を見回しましたが、今回もL型スイッチャは見当た
りませんでした。
安中運輸
▲右側のトラックと同じ塗色の安中運輸スイッチャ

今日も定刻通り安中貨物がやってきました。今日のカマはEF81 87
で今日も流れ星付きです!
8187

で、今日はビデオメインの撮影でしたので貨物の写真はココまでです。
帰路は高崎駅から駅弁を食べながら湘南新宿ラインで帰宅です。
ビデオも編集後近いウチアップ予定です。

今日も模型いじれませ~ん・・・


貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:17 | コメント(8)| トラックバック(0)
<<  2008年 7月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]