ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

西下2日目

昨日はたいした事の無かった雨も今日は本降りです・・・
昨夜は小倉泊でしたが、一旦下関へ向かい富士に乗車します。
関門でEF66→EF81→ED76と機関車の付け替えを堪能しまし
た。しかし、雨のためメインはビデオにしました。
富士
▲平日ですが結構撮影者が多かったです

その後門司から小倉経由で0系に乗り重安駅へ向かいます。貨物は
すでに出た後で、ひっそりとした模型向きの重安駅を観察です。
重安
▲跨線橋はなく昔ながらに線路を渡っていきます


その後宇部新川へ・・・お昼休み中の様でしたが、雨がすごいので今
回は軽く確認程度で移動します。
宇部新川
▲出直します・・・

その後、再び小倉まで戻り今日もEF81-300などを撮り博多へ向かい
ました。最終の0系こだまに乗るためです・・・
が、なんと今日は100系に変わってました。「車両不具合により0系で
はありません」とお詫び放送が流れていました。
そうすると明朝のこだま639号も100系になるという状況です・・・
日帰りで計画しているとアウトになる可能性もあるようです。
100系
▲予備車なしの運用なのでこういう事も起こりうる訳です(汗)
鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:49 | コメント(2)| トラックバック(0)

国鉄を求めて

国鉄を求めて今日から西下しています。まずは余命幾ばく原色0系
乗車にやってきました。のぞみ99号とひかり393号を乗り継ぎ先回
り等をしながら撮影と乗車を楽しみました。
0系
▲名残乗車の方が前回より増えてました

天気は荒れ模様と予想してましたが、降っていても霧雨程度で傘ナ
シで移動できました。
小倉から在来線に乗り換え、黒崎駅へ向かいます。0系の次に目当て
だったEF81ー300にも遭遇。先日模型を購入したので細かい部分
も撮影しました。
303
▲かなりラッキーでした!


その後日鉄運輸のスイッチャーを待ち、予定通り撮れました。
日鉄
▲あっという間に連結して移動してしまいました

その後、雨は降らなくてもかなり空が暗くなってきてしまいました。
スペースワールド駅へ移動しまして415系の原色もやってきました。
415系
▲これもかなりラッキーでした


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:21 | コメント(8)| トラックバック(0)

キハ35塗装中

一般色から首都圏色に塗替中のカトーキハ35,36は車体の塗装と
レタ入れが完了しました。車体は貫通路にお約束のペールブルー吹
いたあと、朱色5号を吹き付けました。クラフトロボで作成したキハ35
の補強板も塗装すると遠目からはまぁまぁ見られる状態です。
レタリングはエンド、検査標記がキシャ会社製で、ナンバーと所属はく
ろま屋製です。所属標記は南チサ、西ハチです。キハ40用の高タカ
は注文し忘れて再度注文して到着待ちです。
キハ
▲キハ30の発売も待ち遠しいです

ヘッドライトが思った以上に曲者で、銀河のN-056,057を削っては
め込んでます。キハ35系にはレンズ上下にリブがあるヤツと無いヤツ
2種類あり、番号の違いによる個体差もヘッポコとしては珍しく表現分
けしています。
前照灯
▲削り加減が難しく既に2個やっつけちゃいました(-_-;

ライト周りはマッハのシールプライマー吹いて、落ち着いた後に朱色
5号または銀色塗装を行います。
今週末には完成させたいです。

工場日報-気動車 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

キハ35の思い出

キハ30,35はロングシートながら大好きでした。通勤電車みたいに
座りながら気動車のエンジン音が響き、そのギャップがたまらなかっ
たです。

相模線の写真が見当たらず八高、川越線の写真が何枚かありました。
ココの上から3枚目の写真を撮り、次のコマが下の写真です。25年
ほど前の高麗川駅で、八高線の列車か川越線の列車かは写真では
判別不能です。
高麗川
▲レイアウト向きの佇まい

こちらはおそらく川越駅で撮ったキハ35-900番台です。整列乗車
なんてあまり関係無かった記憶があり、列車が着くとドアに「わぁー」
っと人が群がる感じがしました。
900番台
▲大宮行き

上の写真の列車に乗り、大宮駅に行ったかは記憶ありませんが、次
のコマがこの写真です。大宮駅に停車中の川越線高麗川行きです。
大宮
▲露出がちょっとオーバー気味です

場所は飛んで・・・京都駅です。
ウチにある写真でキハ36が写ってる唯一の写真です。奈良線の
引上げ線部分で今は103系がよく止まってます。
キハ36

番号

関東界隈にはキハ36はあまりいませんでしたが、相模線に少しい
た様なのでとりあえず1両購入しました。

当時の京都駅奈良線ホームは1本しかなった様で、マヤ34の向こう
側に奈良線のキハ35系列がいます。
マヤ
▲右奥にはDD13と救援車が見えます

現在はホームが増設され103系になりましたが・・・それでも103系
が現役なのでやっぱり通わなきゃ。
関西線103系

この写真のキハ35もそうですが、民生機は赤が強く出る様です。
カトーのキハ40も赤過ぎたので塗り替えました。GMカラーは良い線
だと思います。

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:08 | コメント(6)| トラックバック(0)

キハ35の補強板

キハ35の改造?をすすめるうちに資料が乏しい事に気が付きました。
っと、言うわけで昨日買い出しに出掛けました。
午前中と言うか11時頃まで急を要する仕事があったので会社へ行き、
その後買い出しとなりました。まずは、資料本を探すために神保町の
書泉グランデへ。
ヤマケイの復刻版気動車車両形式集などめぼしいものを、頂き物の図
書カード等で購入。その後、古本屋を周り30,35系列の本を購入しま
した。
書泉
▲いくといつも余計なものまで買ってしまいます(>_<)

今度は神保町と同じく三田線沿いにある板橋のエコーモデルへ!素
材やハンブロールなどを購入して再び三田線、春日駅経由で大江戸
線の落合南長崎駅へ向かいます。
今回の買い出しは、都営地下鉄ばかり乗るので「都営まるごときっぷ」
を購入しました。たった700円で都営地下鉄、都バス、都電、日暮里・
舎人ライナーが1日中乗り放題というお得な切符です。
乗車券
▲あっ、と言う間に元を取りました♪

落合南長崎駅から徒歩でホビーセンターカトーへ向かいます。一瞬工
事中の様な足場とシートが見えて「休業中?」っと思いましたが、京急
の電車が修復中の様でした。以前から買いに行こうと思い、機会を逃
していた動力台車やボディーパーツを購入しました。
ホビーセンター
▲展示ストラクチャー等を撮りモジュールの意識高揚を図った・・・ハズ

再び大江戸線に乗り六本木駅で日比谷線に乗り換えて最後の買い出
し先、リトルジャパン祐天寺店へ向かいます。やっぱりもう少しキハ35
が欲しくなり、在庫がまだある様なので購入してデイバックいっぱいに
なり帰宅しました。

さて、キハ35ですが相模・八高線ですと首都圏色だけではもの足ら
ず、補強板付きの車両も仕立てなければなりません。
で、ネコパブの「新ディテールファイル」にキハ35補強板の寸法が出
ていたためコレを参考にAutoCADで1/150の図面を書きます。
CADで書いた図面をクラフトロボに転送し、t=0.3ミリのプラ板に出
力させます・・・
クラフトロボ

クラフトロボ君に0.3ミリのプラ板はキツかった様で、切り残しが出ま
した。ヘッポコの手動介入により切り出しますが、試しに補強板4両分
切り出したウチ、結局使えたのは1両分+半分だけでした。
素材の厚さが寸法を微妙に変えてしまう様で、この辺のデータが取れ
ただけでもOKでした!
切り出し
▲今後の課題もある程度クリアーできそうです

で、早速装着してみました・・・あれっ?歪んでる・・・っと思いましたが
レンズ特性のようでした(^^;
隙間を瞬接で埋めて成形してから本塗装となります。
キハ35
▲右のキハ36はそのまま塗装開始です

もう1両のキハはとりあえず補強板ナシのタイプで竣工させる予定で、
キハ36+キハ35+キハ30+キハ35の4連「茅ヶ崎-橋本」編成に
なります。

工場日報-気動車 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 00:27 | コメント(12)| トラックバック(0)

キハ35着手

待ちに待ったKATOのキハ30,35系列が発売になりました!モデモ
からもその昔出ていたようですが、ヘッポコがNゲージから遠ざかっ
ていた時期!?に発売されていたのか、全くその存在を知りませんで
した。
今回のKATOのは出来映えは今までのエンドウ、トミーを含め一番良
い出来のキハ35だと思います。
購入
▲キハ35,36とキハ40は八高線として

で、早速・・・
ヘッポコ鉄道のイメージでは、国鉄末期の相模・八高線辺りを意識した
車種構成なので一般色ではなく、首都圏色のキハが必要になります。
リトルジャパン祐天寺店の店主さま曰く「品番にハイフォンがあるから
待てば首都圏色でますよ」と・・・。
たしかに・・・でもいつ出るのだろうか・・・?
んなわけで、とりあえず待てないので首都圏色に塗り替える事にしま
した。

ガソリン水抜き材のIPAを使い塗装剥離から開始です。梅酒でも漬け
ている様な感じです。KATOのキハ40も一旦塗り替え色調を合わせ
ます。
漬け込み
▲インスタントコーヒーの瓶を使用

丸々1日漬け込み、その後ブラシで擦り塗装を剥がします。ブラシで
擦る際ゴム手を付けるのが良いのでしょうが、車体の細かなツメとか
を折りそうなので、IPAの中に素手でいれて作業しています。
おかげで手が・・・素手なのに手袋填めている様な状態です(-_-;
3色
▲上からオリジナル,朱色剥がし,剥がし完了

キハ35系列は一晩で落ちましたが、キハ40は殆ど色が落ちません
でした。このあとねずみ1号を吹き、GM43の朱色5号を吹き付けます。
終了
▲先の道のりが長いので首都圏色の販売が先かも(^^;


工場日報-気動車 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 06:42 | コメント(8)| トラックバック(0)

ハマ線100周年

昨日の9月23日で横浜線が開業100周年を迎えたそうです。普段、
この手のイベントはあまり行きませんが、大好きな横浜線なのでちょっ
と行ってきました。

メイン会場の小机駅へ向かいましたが、人、人、人です。
駅に着くと「いろどり」がホームに止まっていまして親子連れをメインに
車内へ入るための行列を作ってました。
彩
▲初めて見ました

ホーム
▲反対側はご覧のとおり

車内はコンパートメントや普通座席など色々ありました。
車内

コンコースで行われているグッズ販売も人、人、人です。横浜線をイ
メージしたお菓子や、ハマ線色205系Bトレ、ストラップなどが販売さ
れていましたが、購入者の列は駅の外まで伸びていました。
コンコース
▲スタジアム開催日以外でこんなに人が集まる事は無いと思います

同じくコンコースで行われていたNゲージの運転大会。ハマ線色205
系やスーパービューがあり、子供達が運転を楽しんでいました。
Nゲージ

「やまなみ」による100周年記念号を撮るのに、小机駅ではほぼ撮影
不可能と判断し、中山駅へ移動します。
で、中山駅へ行くと先ほどの混雑はありませんでした。ホーム先端へ
移動し「やまなみ」の到着を待っていると、2番線に待避で入ってきた
ハマ線がヘッドマーク付きです。
普通

3番線に快速列車が着くとコチラもヘッドマーク付きです。そして、1番
線に100周年記念号がやってきましたが、ヘッポコの居た位置からは
並びが撮れず・・・意図的に中山駅でヘッドマーク付きが並ぶダイヤに
なっていたようです(^^)
と言うわけで、コチラ側で発車の並びが撮れました。
並び
▲意図的で事前に宣伝していたらスゴイ人だったと思います

中山駅で撮れてめでたしめでたしでした!

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 07:57 | コメント(2)| トラックバック(0)

魔の橋

o-koさんがお子さまと電車を見に行くと2時間は帰れなくなると言う日
暮○駅付近の陸橋・・・魔の橋・・・
その後ふと思い出しまして、昔よく通った記憶があったと。

撮った本人もすっかり忘れていましたが、ネガもしっかり整理保存し
てありまして、ネガを見るウチに懐かしく思い出しました。ウデはガキ
のセンスと言う事でお許しを・・・
全て1982年の撮影です。

上野-新潟間の特急「とき」。上越新幹線が開業すると無くなるので
その直前に撮りに行ったハズです。
とき
▲懐かしいのひとことに尽きます

上野-青森間の寝台特急「みちのく」。この列車もこの年廃止になった
ハズでこれも目当ての一つでした。
みちのく
▲ゆうづるの方は乗りましたがこちらは乗らず仕舞いでした

上野-秋田間の特急「つばさ」。山形にある親戚の家に行く時よく使
いました。小学校4年生くらいになると、一人で山形まで行く様になり、
行きと帰りで「つばさ」と「やまばと」を交互に乗り分けてました。
14系座席車の「つばさ51号」とかも好んで乗ってました。
つばさ
▲やまばとの方が好きでした・・・

上野-中軽井沢間の特急「そよかぜ」。マークがさわやかで、マーク
の中では一番好きでした。
そよかぜ
▲これも乗る事が出来なかったです

上野-大宮間の新幹線リレー号。修学旅行の時に1度だけ乗りまし
たが、全く記憶ナシ。
リレー号
▲200番台はあまり好きではなかったです・・・

しかしこの陸橋、半日居ても飽きなかったです。
今回はヘッポコの思い出帳となってしまいました(^^;


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 18:44 | コメント(11)| トラックバック(0)

DE10も遂に!

10日に行われたJRFの定例会見の模様が交通新聞に出ていました。
そこで衝撃なのは2012年度からDE10の置き換えが始まると。来年
度末に試作機が製作されその3年後から本格的な置き換えだとか。
オリジナル
▲まじめに撮らなきゃ

遂にDE10も終わりが見えて来ちゃったんですね。新形式はハイブ
リッド式のDLだそうですが、完成イラストはありませんでした。
一番見る機会の多いDLなのでDE10は結構好きです。模型も最近
増備したばかりで、まだいじってませんが。
カラーリングも色々な種類があり、3セクなどにいったDE10も含める
とかなりのカラー見本が出来そうです。

更新機

貨物

嵯峨野

DD13の時は用途不要の意味もあったので、あっと言う間に居なくなっ
ちゃいましたが、この時様に慌てる事がない様いまから撮り始めなく
っちゃ!

我が家の模型は窓パーツの交換から・・・
模型
鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:32 | コメント(8)| トラックバック(0)

物流

今日は東京・品川にある物流博物館へ行ってきました。夏休み前に行
こうと思ってましたが、リニューアル工事中で行けず仕舞いと言うか、そ
の後わすれてましたが、先月末にオープンしたのを交通新聞で読み思
い出して行ってきました。
物流というと宅配便なんかが思い浮かびますが、貨物列車も物流のひ
とつです。

品川駅から5~6分歩いた所にあります。入館料は大人200円です。
博物館

で、中は色々な荷役設備の模型が展示されています。時代は五街道
で栄えた江戸時代の宿駅から、現代の宅配便までありとあらゆる模型
があります。その他にも写真が展示されていて、鉄道貨車の荷物積み
込み取り降ろしの写真もかなりあります。
新発田
▲新発田駅の貨物ホームが再現されてます

一番衝撃を受けた写真は、通風車にバラ積み!されたミカンを降ろし
てそこで木箱に詰めていた写真です。スゴかった!

地下1階は現代物流の模型オンパレードです。HOサイズのELとコキ
やトラックなどの模型がまず目に入ります。
模型

そして圧巻なのはNゲージサイズの・・・とにかく物流模型です。地下
展示室のほぼ3分の1を占めてます。
貨物駅
▲東京貨物ターミナルをモデルとした貨物駅の模型

トラックターミナル
▲京浜トラックターミナルなどをモデルとしたトラックターミナル

港
▲大井コンテナ埠頭をモデルとした模型

模型は鉄道、トラック、埠頭のガントリークレーンが稼働します。その
他成田空港をモデルとした航空貨物も再現されています。

その他にも各運送業者ごとの伝票なんかも展示されています。
看板
▲展示のみで実際には送れません

そして一番のお勧めは、映像展示です。物流博物館オリジナルの映
像は子供向けに制作されてますが、宅配便の配送の仕組みなどが時
間毎のドキュメンタリー風に制作されていたりします。
そして、物流業者制作の映像ももの凄いモノばかりです。日通制作の
「白いレール」という映像は東京モノレールのレール運搬とその架設映
像でして、見た事のない骨董品級の「ふそう」トレーラーが映っていた
りしてます。
映像は全部見切れなかったのでまた見に行こうと思ってます。


貨物駅製作の起爆剤になったかなぁ・・・





鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:58 | コメント(8)| トラックバック(0)

臨時駅

急に臨時駅が見たくなり今日、茨城・水戸にある偕楽園臨時駅を見に
行ってきました。国鉄フリークのヘッポコとしては偕楽園臨時乗降場と
いう響きの方が好きです。

上野から普通勝田行きに乗車です。出発時は朝間ラッシュ時でしたの
で全く持って普通車でも座れますが今回もゆったりと景色を楽しみた
いので迷わずG車へ乗りました。
常磐線
▲4号車側の乗客は今回も少なくヘッポコ1人だけでした(^^;

2時間ほどで水戸駅に到着しました。水戸駅では415系の写真を撮っ
たりしながら、模型の参考に駅構造も撮影します。水郡線の分岐駅な
ので下り方の配線にちょっと興味がありました。
水戸駅
▲左が水郡線,右が常磐線

水戸駅で下車し約1.5キロほど線路沿いを歩き偕楽園駅へ向かい
ます。途中「ゆう」に増結する電源車のマニ50があったりしてちょっと
感激でした。
マニ50
▲「ゆう」自体もどこかの駅に止まってました・・・

で、お目当ての偕楽園臨時駅です。思ったより立派な造りで期待はず
れでした。なぜか急に、模型で臨時駅の様なモノが作りたくなったの
が原因です。
偕楽園
▲下り線側にしかホームがありません

偕楽園臨時駅は偕楽園で春先に行われる「梅まつり」の時期だけ営業
する臨時駅です。出札窓口や詰所などは営業時だけ設置されます。
改札
▲当然ながら今は立ち入れませんでした

駅前はバス折り返し所と偕楽園・常磐神社の駐車場も兼ねており観
光地の雰囲気満点でした。
駅前バス広場

一通り写真を撮った後は、駅前から関鉄バスで水戸駅まで戻ります。
所要時間15分、整理券方式で230円でした。
さて、今度は恒例の墓参りを兼ねて一旦下ります。415系に乗り日立
駅を目指します。
日立セメントのセメント工場引き込み線跡を見ようと下車しましたが、
イマイチいい場所がありません。結局ホームから望遠で見て合掌。
日立セメント
▲工場自体は稼働してるようです

スーパーひたちが入線してきましたが、下り普通列車2に対して特急
列車が1という割合です。特急列車で帰ろうか悩みました・・・
スーパーひたち
▲指定席もかなりの乗車率でした

で、結局また415系の上り列車に乗車し今度は友部駅を目指します。
日立の工場から出る専用線跡を見ながらこれまた合掌。
海
▲日立駅を出るとすぐ左側に海が見えます

で、やっぱりすぐ特急の待避がありどうしようかと・・・
フレッシュひたち
▲フレッシュひたちもかなりの乗車率でした

友部駅で下車し太平洋セメントの取り降ろし線跡に合掌。ココは脇が
通路になっていて間近で取り降ろし設備を見る事が出来ました。
セメント線
▲プラントは現役で営業中です

セメント取り降ろし
▲模型製作に備えじっくり観察しました

再び駅へ戻り反対側の専用線を覗くと、こちらは現役でJTの専用線
があります。
JT積込
▲入換は残念ながらアント君でした・・・

観察を終え帰宅は結局普通G車で帰る事にしました。駅構内のニュー
デイズでパンとコーヒーを買い込みゆったりと帰宅の途につきました。
帰りの車窓から稲刈りの真っ最中に何度も遭遇。もう秋なんですね・・・
稲刈り


いい加減模型作らなくちゃ・・・

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:38 | コメント(14)| トラックバック(0)

リベンジまとめ

来週か再来週で無くなるという伏木の製紙貨物輸送。これのスイッチャ
を撮りたくて先月に引き続き行って来ました。というかスイッチャが居
たのを知りませんでした。

名古屋からのしらさぎは、乗り鉄のヘッポコにしてはまたまたやらかし
て指定を取ったのが前日でした。前泊できるかビミョーな所もあり指定
をとるのがギリギリで、指定を取りに行った時窓際の席があと3席とい
うギリセーフでした。
しらさぎ
▲しらさぎとかサンダーバードは前から見ると区別付かないです(汗)

名古屋駅を出てちょっと走ると目に入るビール工場がいつも気になりま
す。
ビール
▲原料タンクのような物がビールのカラーリングです!

高岡駅に着くとまたまたハットリくん号が止まってまして、ディーゼル
の「ガラガラ」といういい音を立てて停車中です。
はっとりくん
▲しかし録音で乗るとちょっと迷惑なハットリくんでした

高岡駅からサッサと万葉線に乗り換え、高岡貨物駅に向かいます。先
月も来たばかりなので迷わずに目的地へ向かえました。
もう2軸のスイッチャは動かない物と決めつけ、高岡貨物駅脇の踏切
で午後の引き出しを待ちかまえてました。が、
ホイッスルと共に萩布倉庫の方から2軸が出てきました(T_T)
高岡2軸

急いで工場へ戻ると今度はコキ4両を切り離し、また萩布の方へ戻っ
て行きました(大泣)
工場は製紙工場の模型を作るために色々観察です。
工場
▲岳南の大日本製紙に比べると貨物線がスッキリしてます

泣いていても仕方ないので、如意の渡しへ向かい伏木のスイッチャを
狙いに行きます。

如意の渡しは1時間に4本程度運行してるようですが、平日は乗客も
少ない様で時間になってもやってくる気配がありません。対岸から手
を挙げ、両手を振ると船頭さんが気が付きやってきてくれました・・・
如意の渡し
▲運賃は200円!

係の方が「どちらから?」と聞かれ、話すとなんとウチの近くに昔住ん
でいた様で、乗船中は話が盛り上がりました。

さて、1キロほど先の製紙工場へ徒歩で向かいます。奥野さんのブロ
グで14時40分に不定期の搬出があり、ウヤ覚悟で向かいます。35
分に工場の前に到着すると回転灯が回り始めました。

確信して待っていると2軸のスイッチャが3両のコキを押し出してきま
した。雑草の向こう側とは言え十分に満足しました。
伏木スイッチャ
▲雑草が伸びきりガードレールに乗り何とか撮れました

この後、寝台特急日本海に乗車するまでかなり時間があくので、一度
金沢まで戻ります。福井まで戻ろうかと思いましたが、運賃が往復で
結構高くなるので金沢にしました。「ゆめのゆ」というスーパー温泉銭
湯みたいな場所で時間をつぶします。
時間になりようやく日本海がやってきました。
日本海金沢
▲金沢で運転士交代でした

今回は奮発してA寝台に乗車します。日本で唯一残るプルマン式寝
台で、同構造の銀河A寝台に乗れなかったのもあり今回楽しみの1つ
でした。
A寝台
▲中央に通路のあるプルマン式寝台

走行録音の関係もあり寝台は「1下」の場所を指定してとりました。こ
の日A寝台は下段が1席、上段2席空きがあるだけでかなりの乗車率
に驚きました。
A寝台下
▲広々としたA寝台下段

A寝台上
▲一応窓が付いているA寝台上段

直江津を過ぎてからの運転士さんは停車、引き出し共に上手で久々
当たり!の運転士でした。

翌日は大鰐温泉駅で下車します。朝だけ雨が降っていましたが程なく
上がり1時間半後に来るあけぼのを撮ったりしてました。
ちなみに下り普通列車は8時台の後は11時まで列車が来ないと言う
超閑散路線で、乗り遅れたら大変です。
あけぼの

弘南鉄道に乗り津軽大沢駅の車庫を目指します。模型の6000系を
作るため資料収集のため見に行きました。
駅と構内で許可を貰い東急旧6000系の観察です。
6000系

キ100なんかもありこちらもじっくり観察です。
キ
▲昭和12年製の骨董品です!

弘前で「津軽フリー切符」を購入し色々乗り鉄して2泊したあと、知人と
合流し「つがる」→「はやて」を乗り継ぎ帰宅しました。帰りは3連休の
中日に当たりかなりの混雑で「はやて」は満席でした。
師匠でもある知人は、盛岡駅で「こまち」の連結が見られる様しっかり
と10号車の端っこの座席をゲットしてくれました!
こまち
▲連休中なので子供が多かったです!

新幹線ホームの真ん中に3現示の地上信号機が有るのを師匠に教
えてもらい帰り際更にビックリしました。
信号機

長々とお読み頂きありがとうございました。

鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 17:57 | コメント(8)| トラックバック(0)

リベンジの富山

おとといリベンジで富山に行って来ました。
いつもののぞみ99号に乗車し、名古屋からしらさぎ1号に乗り換えで
す。しらさぎは初めてというか、米原から北陸線自体が初めての乗車
です。
しらさぎ
▲ほとんどがビジネスマンの乗客でした


伏木の貨物を目指すため高岡まで乗車します。高岡で城端線などの
気動車を録音したあと、万葉線で高岡貨物駅に向かいます。
しかし、高岡貨物駅で4軸スイッチャが出てくるもんだと思い待ちかま
えていたら別の所から2軸のスイッチャが出てきてしまいました。遠く
から撮って終了・・・奥野さんのブログをもっと勉強しておけばと後悔
です。
その後、如意の渡しに乗船し対岸の伏木貨物へ。2軸スイッチャの
午後不定期運転をなんと撮ることが出来ました。
伏木4軸
▲こちらは対岸と兄弟の4軸です

その後、金沢まで戻り日本海に乗車し北上します。
日本海

大鰐温泉駅で下車し、弘南鉄道に乗車です。弘前へ向かい、五能線
の録音を楽しみ昨日と本日は弘前に宿泊し明日帰宅予定です。弘南鉄道


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:51 | コメント(4)| トラックバック(0)

長野の赤ガエル

マイクロの急行信州と揃えるため、りんごの整備をはじめようと写真を
探していたら、赤カエルの写真が何枚かありました。

全くいつだか覚えてませんが、1984年前後だと思います。長津田駅
にいたら赤カエルが急に出てきてビックリした記憶があります。
入線

この時、試運転に出ていった記憶はなく車庫から出てきてまた車庫へ
帰っていきました。
長津田

こちらは2000年頃?綿内駅?で撮った廃車待ちの赤カエルです。
落書きされ痛々しいです。
廃車

そしてこちらは2004年にD-Trainさん達と長野へ行った時に、寄り道
したドライブインに保存してあった赤カエル。
レールギャラリー長野でしたっけ?再塗装され状態よく保存されて
いました。2500,2600系も作りたくなりました。
レールギャラリー


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 04:27 | コメント(6)| トラックバック(0)

ハマ線のクモニ13

漸く過ごしやすい気候になってきました。塗装にはもってこいの気候
です。
で、ず~~っと止まっていた鉄コレのクモニ13です。レタ入れを終え
トップコートを吹きまして本日は終了・・・
ホントに気候のせいだけだろうか・・・
キッチン製のクモニ13が完成するまでの臨時編成的なクモニなので
あまり時間をかけず、モノも付けないスタンスですがえらく時間かかっ
てます。
横浜線の荷物電車とはいえ1両/1年という図式が出来そうです。
クモニ13
▲手とカメラが写りこんでます・・・
工場日報-事業用車 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:02 | コメント(4)| トラックバック(0)

身延線の貨物列車再現?

ちょっとココ最近バタバタしていて更新ペースが模型製作ペースの様
に落ちています。
でもって、今日は韮崎まで行って来ました。韮崎駅から1キロ程行った
ところに韮崎中央公園があり、ココには身延線の砂利貨物を再現した
様な貨物列車の編成が展示されています。
先日の碓氷鉄道文化村に引き続き、EF15の観察もしたいと思って
いながら、なかなか寄る事が出来ませんでした。

今年の5月に韮崎へ行った時も寄ろうと思ってましたが、仕事と時間
の都合で寄れず今日に至ってます。
さて、EF15ですが・・・改修中?まるでさび止めのような茶色1色で
どうしたモノか・・・
パンタまでこの色です。改修中なら良いのですが、この塗色がデフォ
ルトだとちょっと悲しいです。
EF15
▲イメージピッタリの編成です!

EF15の他にもトラ70000×3両とヨ5000が連結され編成として展示
されています。

トラ70000まで従えて正に、身延線の砂利貨物です。現在製作中の
砂利積込場モジュールの起爆剤になればと、自分へ見せに行って来
ました。
トラ

最後部にはヨ5000もしっかりと連結されていて、往事の雰囲気満点
でした。
ヨ



貨物日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:42 | コメント(4)| トラックバック(0)

玉電増備中

路モジ熱冷めやらぬうち・・・と言うかモデモの車両は売り切れると殆
ど手に入らないため半ば諦めがちです。
昨日、ダメ元でリトルジャパン鶴見店に寄ったら、玉電デハ80が1両
あったので迷わず購入しました。その他にも動力抜き用にも土佐電を
購入♪土佐電はお一人で24両も買われた方がいた様で一気に在庫
が無くなったとの事でした・・・2両買うのにも迷っているのにスゴイ方
がいらっしいます。

で、早速帰ってから2両用の停止位置の位置だしです。
終点

2両

砧線はRがキツイためデハ80形の2連はありませんでしたが、今回
は雰囲気と言う事で。

鶴見からの帰りに蒲田駅から多摩川線に乗車したら、池上線と多摩川
線に新7000系がいました。在来車も早く撮らないとマズイかなぁ・・・
蒲田



工場日報-その他 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 07:34 | コメント(2)| トラックバック(0)

変わる上田

先週長野の上田電鉄へ行って来ました。
東急の1000系が運行を開始しているとの事で、上野から「あさま」に
乗り上田駅を目指します。乗換も足早に上田電鉄のホームへ向かうと
1001の編成がヘッドマークを付けホームにいました。
1001
▲なんとも言えない光景です

沿線をふらつきもう1本は7200系である事を祈りつつ待つと・・・
こちらも1000系で1002の編成がやってきました。
1002
▲ヘッドマークは2編成共違うようです

小雨の中乗車を楽しみ、別所温泉駅へ向かうと更に驚愕の事実・・・
駅舎が工事中でした。
改札工事中

ホームも工事中で、開業当初?からあった転轍テコ扱い室が工事で
撤去されていました。
ホーム工事中

駅長室から張り出したこの部分が連動駅の貫禄を物語っていましたが
残念な事です。
転轍小屋
▲張り出した部分がテコ扱い室

東急電鉄の100%子会社化し、存在を誇示する様に資本がつぎ込ま
れ存続についてはに一安心という感じでしょうか・・・
反面、どんどん変わる上田電鉄はちょっと寂しいです。
鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

踏切支障・・・

世田谷文学館で開催されている「宮脇俊三と鉄道紀行展」において、8
月の第4,5土日にT-Trak Networkの協力で玉電イベントが行われま
した。題して「玉電、世田谷文学館を走る!」
はい、走りました~。
神社

高井戸

二子

RMM2007-6月号などでもお馴染みの玉電シリーズの路モジです。
で、ヘッポコの路モジ吉沢駅も恥ずかしながらお誘いを受け出展させ
て頂きました。
砧線

が、ヘッポコの名に恥じることなく踏切部分が支障しました・・・(-_-;
バックゲージが怪しいのと、踏切踏板が若干高いため一部の車両は
引っかかりながら走行してました。
帰ってから早速踏板部をバラシます。ガードレール部分を0.3ミリ削
り、バックゲージも0.2ミリ程広げました。
踏切1

踏切2

道路の摺り付き部分も若干修正し何とか修正完了です。失敗は成功
の元と言いますが、この失敗は皆様にご迷惑をおかけする羽目に・・・
本線でなく砧線で良かったのがせめてもの救いです。しかし、これで
併用軌道を作る時のデータが取れましたので、今後活かして行きた
いです。


保線日報-路モジ | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 22:04 | コメント(6)| トラックバック(0)
<<  2008年 9月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]