ヘッポコ出戻りモデラーの備忘録 モジュールを作るための備忘録.作りたい風景集・・・かな?

最近の記事
ブログ引っ越しのお知…
05/03 17:18
新2000系
04/29 20:59
好物食す
04/28 20:54
モハ72
04/27 23:21
鉄コレ鶴見線→南武線…
04/26 18:39
運転再開
04/17 23:34
キハ10塗り替え完了
04/16 23:29
サハ着手
04/14 23:17
最近のコメント
こんばんわつ…
南栗橋車両管理区荒川支所 04/30 18:14
 こんにちは。度々御…
G13型電車 04/30 11:37
 こんにちは。こちら…
G13型電車 04/30 11:25
 今日は。GWは業務…
G13型電車 04/30 10:57
>D-Trainさん…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:28
>ヤマシタさんお…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:25
>つかささんおは…
ヘッポコ出戻りモデラー 04/30 04:23
モデラー様こんにちは…
D-Train 04/30 02:34
ついに着工ですか~!…
ヤマシタ 04/30 00:06
こんばんわ~これ…
つかさ 04/29 22:50
最近のトラックバック
1220.やっとIS…
01/02 06:42
0531.岡部高速タ…
09/23 20:42
1324.7000系…
06/03 18:50
1065.鉄コレ・5…
01/03 22:12
流線型制作記その2
11/12 22:09

トキ500-その7-

何故か毎年1月になると秩父のトキをいじりたくなります。前回がコレ
更にその前がコレ。寒いといじりたくなる車両なんですね。

しかし、今年は寒すぎて、模型をいじるどころかどこも行く気も起きま
せん。で、トキ25000をバラし始めました。
トキ


工場日報-秩父 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 23:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-補講終端処理-

ヤマシタさんより終端処理のリクエストありました。終端部分は軽く流
す予定でしたが、今回も模型に使える理論をちょっと添えてまとめて
見ました。

架線終端部分は模型も出ているので良いアクセントになります。架線
は碍子を介し、直接電柱に引き止めるモノと、張力自動調整装置と呼
ばれるモノを介して引き止められる場合にわかれます。
張力自動調整装置・・・テンションバランサーと呼ばれ、電力屋さんと話
する時はバランサーで通用します。下の写真はおもり式と呼ばれるタ
イプです。
滑車

こちらはスプリング式です。以前はスプリング構造に弱点があったため
駅構内などの短区間使用に限られてましたが、最近はスプリングをダ
ブル構造にしたものが開発され、おもり式にくらべ設備が小さくなるメ
リットがあり長区間の本線上でも採用されるようになりました。
バランサ-

こちらは渡り線部分などの短区間で使用される直引き式です。構造的
には一番簡単です。
引き止め

上の3枚の写真を見ると電柱を境に、斜め後にワイヤーが出ているの
が見えると思います。前回中編で架線の一般的な構造と名称を書き
ましたが、吊架線、トロリー線共に約1tずつの張力を保って張られて
います。従って引き止め柱には電線方向へ2t近い力で引っ張られ続
ける事になります。
これは電柱にとって悲劇です。大きな基礎を打ち込めばこの力にうち
勝てますが、基礎構造がデカクなるばかりか、費用的にあまり現実味
がありません。それに電柱も太くしなければなりません。
そこでベクトル方向にワイヤーを張って、この力を分散させてやりま
す。ワイヤーは支線と呼ばれます。
滑車図解

支線の設計上の理想は45度で引っ張ることですが、これでは長いス
パンの用地が必要となるため、実際には30度くらいの角度になります。
そして、吊架線、トロリー線と電線が2本あるので、支線も2本張り電柱
や支線への負担軽減を図ります。上の図は1線で略してます。

さて次は、車庫や駅の終点部分での電柱の選択について触れてみます。
下の写真の様に一般的に架線終端部分には、上で説明した通り構造
上電柱の後に長い支線が張られています。
ココでは45度の理想的な支線ですが、車止めの背後にもの凄い無駄
な用地を必要とします。
ワイヤー

逆に言えば用地があったから良いのですが、直ぐ後が道路だったり管
理上必要な用地だったりした場合こうは行きません。
下の2枚の写真は斜めに電柱が寄り添っていますが、これらの電柱は
ラット柱と呼ばれます。ラット構造の引き止めなどと言います。
ラット柱

張力と支線の構造が分かっていただければ、写真を見て何となく分か
ると思います。構造的にはビームに架線を引き止め、電柱それぞれに
支え棒として役目を果たす電柱を斜めに置き、張力に対し本体電柱が
打ち勝つ様支えています。
車止めの後がすぐ道路だったりした場合に用いられる方法で、用地ギ
リギリまで線路有効長を長く取る事ができます。
ラット2

しかし最近では、鉄柱の裾を若干広げラット柱と同じ様な線路側に
突っ張る構造で張力を分散させる構造の引き止め柱も出てきました。
この場合基礎が若干大きくなるため、車止めと電柱の間に若干の距
離をおきます。
鉄柱の場合以前は錆を防ぐため塗装を行っていました。そのため数
年おきに塗装工事が発生し、管理費の面ではイマイチでしたが、近年
は塗装不要な亜鉛メッキが安価に行え、また鋼材加工も昔に比べ安
くなってきたのでこのような鉄柱構造が増えてきました。しかし、コンク
リート柱に比べるとまだ高いです。
引き止め

さて最後に、大きなターミナル駅や駅ビルがある場合は直接建物に
アンカーボルトを植えて引き止めてしまう事が出来ます。
電柱が無くスッキリしています。
直引き

架線の長さは約1キロです。本線上にバランサーがあるのはその切れ
目でしてその他には変電所のセクション付近にもバランサーがあります。
また4~500m程度の区間であれば、片側だけバランサーを持ってくる
構造でも大丈夫です。ただ、これは管理してからの都合になるので、
温度変化の激しい場所などでは2~300m区間でも両側にバランサー
を設置する事もあります。

今回のまとめとして・・・
車庫の終端部分で丸棒コンクリート柱を1本置き、直ぐ後が道路では
変・・・と言うのがお分かりいただければと思います。

現在張力はtではなくkN(キロニュートン)の単位が採用されてますが、
単位が馴染みにくいので敢えて旧単位で説明しました。



ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 10:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

鉄コレ京急1000形

最近バタバタしてまして、模型も買いに行けない状況が続いてました。
鉄コレ201系もスゴイ人気の様で、リトルジャパンではN化パーツが
売り切れてしまったとの連絡が。知人に買い物頼んだりして無事購入。
しかし、まだ肝心な201系を取りに行ってません。

さて、先日マーボー堂師匠より、「鉄コレ京急いる?」との連絡があり
2箱陸送されてきました。
発売日ヘッポコは仕事で買いに行く事が出来ず、諦めてましたた。そ
れに京急に興味が無いヘッポコですが鉄コレは別次元でして、マーボ
ー堂師匠に感謝です。
箱

しかし、出来良いですねぇ!
白帯のかすれとかも全くなく、今までの鉄コレ中最大の良い製品の様
な気がします。
京急

京急は奥が深すぎて手を出さないでいますが、結構ヤバイです。



工場日報-私鉄 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 21:56 | コメント(6)| トラックバック(0)

鉄コレ東急3600形-その21-

架線はちょっとお休みしまして、昨年4月から放置気味だった鉄コレ
3600形の改造続きをはじめました。
デハ3553と3554の屋根整形が終わり、パンタ台を設置しました。
3553,3554はパンタ台の形状が違うので、その辺の作り分けから
はじめます。
屋根2

屋根を切り妻対応にするため、プラ板盛りつけたのがちょっと時間か
かりました。
屋根



工場日報-東急 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:20 | コメント(4)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-後編-

最後はまとめとなり、レイアウトに設置する参考項目です。
一番最初に架線柱のスパンは決まっていないと書きましたが、これは
設計条件により異なるからです。会社によってはある程度決めている
こともありますが、地盤や風荷重、構造物によって必ずしもその数値
にはなりません。
下の写真は東武鉄道ですが望遠で見ると、まるで京都の伏見稲荷の
鳥居のようです。
東武
大ざっぱに書くと、直線では30~40mおき、曲線では20~30mおき
に架線柱を設置すればほぼ問題ありません。ちなみに東武も信号機、
踏切近くに柱上トランス設置されているようです。写真でも右側にうす
緑色のトランスが見えます。
昨日鎌ヶ谷の帰り野田線の六実駅まで行きました。この区間はき電線
は1本のみで、西武線と同じように架空地線が張られていました。
右の電柱には信号機のための柱上トランスがあります。
六実駅

架線柱は線路条件がよければ50m以上スパンを開ける事もできます。
こちらは高架橋上の架線柱ですが、高架橋の柱は近年一般的に9m
スパンが用いられてます。高架橋の場合柱と架線柱の位置を同じに
する事で設計条件を有利にする事が出来ます。
高架橋
こちらの区間は5スパン開いているので、約45mおきに架線柱があ
ることになります。この辺の考え方は鉄道会社によっても異なります。

次に信号高配線を構造物条件で見てみます。トンネル付近では信号
高配線は1本にまとめられ壁伝いに送電されています。
トンネル内に入ると車窓から波打つケーブルが視界に入ってくるのを
ご覧になった方もいらっしゃると思います。
トンネル入口1

き電線も同じく壁伝いに入りますが、コンパウドカテナリーの場合き電
線を省略できる場合もありますが、この辺は難しくなるので今回は割
愛します。
トンネル入口2

トラス形状の橋梁で送電する場合、トラフに入れたり、トラスの上にフ
レームを建てて送電したり、この辺も会社毎に考えが違うので参考に
したい橋梁を観察してみて下さい。
会社の事情は信号高配線などもその例で、西武秩父線では5本の信
号高配線があります。
秩父線
上の写真は横瀬駅構内ですが、左側の架線柱の上には5個の碍子が
並んでます。

秩父線内の駅設備では電気室の様なモノは見当たらず、柱上トラン
スが良く見受けられました。
3相交流のほか、単相交流も送られているようでそのため通常の3本
+単相交流の2線が加わり5本となります。
秩父線内では気象条件の影響かあるいは駅での電気設備を簡素化す
るための措置と思われますが、この辺の事情は分かりません。
横瀬

こちらは吾野駅ですが、同じです。建設費の影響か、駅施設の軽減の
様に思われますが、両駅とも写真は2009年に撮影したモノなので現
状と違っていたらごめんなさい。
吾野

車庫内を見てみると車庫内にはき電線のみで、高配線はあまり張ら
れていません。信号高配線は降圧されトラフなどで送電されている
のが一般的です。
新川崎

新川崎2

さて、最後に模型化にあたり設置すべき標識のうち「電車線区分標」
があります。
この標識は送電区分の切れ目に設置するモノで、変電所の付近でも
送電系統の切れ目に設置されます。
区分標

Aパターンは図の左右に送電されるほか、中央部に独立した中立区間
が存在します。一般的にはデッドセクションとなり送電事故が発生した
場合この部分の送電を切る事で電気的に独立させる事ができます。
ここのセクションに跨って列車が停止した場合、大きな電位差が発生
し、架線を溶断する可能性があります。中立区間はその線区を走る
列車編成長以上の距離をとる事になってます。
Bパターンは平行送り出しのみで、この場合電車線区分標は1カ所の
みとなります。
区分図

この標識はビームに取り付けられていたり、電柱に取り付けられていた
り鉄道会社によって異なります。
また上下一括き電でない場合は渡り線の中間にも設置される他、大き
な車庫の入口などにも設置されています。
下の写真は相鉄線の相模国分信号場ですが、ここの渡り線部分にも
設置されています。但し、コチラも2年前の撮影なので現状と違った
らごめんなさい。
セクション

ここまでやる方はいないと思いますが、柱上トランスに配線を施す場
合です。配線する場合は3本ある信号高配線のうち、どれでもいいの
で2本から配線を引き出し、トランスに取り込んでください。
図1

また、吾野駅や横瀬駅の様に柱上トランスで駅配電設備を製作する際
1つだけ約束事があります。それはトランスは2個以上と言う事です。動
力電源と電灯電源という2種類の電源を必要とするためです。

設計のまとめとして
○架線柱間隔は直線30~40m、曲線は20~30mおき
○上下一括き電か、上下線別き電方式の違いで渡り線に「区分
標」の有無が出る
○信号保安設備への給電を柱上トランスにするかトラフ送電か


っといったまとめになります。トミックスの架線柱で、柱上トランス給電
ではちょっとおかしいかもしれません。この場合はトラフ内に低圧
送電されているとした方が自然です。東武鉄道も改良工事区間など
では柱上トランスの数が減ってました。


最後は駆け足でしたがいかがでしょうか・・・
最後までお読み頂きありがとうございました。

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:44 | コメント(12)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-中編-

今回は取り込み部分とその約束事を書く予定でしたが、さらりと流す
予定だった端部処理はリクエストがあったので最後に書きます。

まず最初に、前回説明すべきでした架線構造から。架線は2本の電線
がぶら下がってますが上が吊架線(ちょうかせん)で下がトロリー線
となりハンガーで接続されています。トロリー線がパンタと接する部分
です。これらはまとめて電車線と呼ばれます。
トロリー線
この写真のはシンプルカテナリーと言う一般的な架線で、コレを2本
並列に張ったモノをツインシンプルカテナリーといい、電力容量確保
のため運転回数の多い首都圏の鉄道に用いられてます。しかし、最
近では2本分のトロリー線を管理するのが保守費の面であまり好まし
くないため、高速線区で用いられるコンパウンドカテナリーに張り替え
られる傾向があります。

さて、前回カトーの架線柱が理に叶っているとの事でして例題にあげ
ましたが、トミーの場合はどうでしょうか。
下の写真で右側に2個の碍子があります。これはき電線用です。しか
し、前回の基本的な話で出した3個の碍子が見当たりません。つまり
この配線では信号高配線がなく、信号機も点かなければ踏切も鳴ら
ず、券売機で切符も買う事が出来ません。でも、ご安心を。
トミー

信号高配線は付近の構造物や地形によって引き下げる事があります。
下の写真で3本ある信号高配線が電柱部分で終わり、柱沿いに下り
てきています。
高配引き下げ

その後はどうなるかというと、トラフと呼ばれる線路沿いのコンクリート
製の箱の中で送電されます。カトーで「側溝」として出ています。つまり、
き電線のみの架線柱でも理に叶うわけです。
トラフ

道路橋の下を通る時などやトンネ付近では引き下げられます。その
他にも、橋梁区間その他で外観上の理由などで引き下げられる事も
あります。
橋

信号高配線はパンタグラフと接するわけでもなく、ただ彷徨って張られ
ているわけではありません。駅付近では地上変台などと呼ばれるトラ
ンスや開閉器などが集められた設備に取り込まれAC200Vや100V
に降下され駅機器、照明に使用されます。
変台

以前は金網越しに中が見えましたが、最近は黄色の波板に囲われて
中が見えません。またキュービクルなどにそれらの機器が収められて
いる機会も増えてきました。キュービクルやそれらに収められた機器
はJIS規格によりデバイスナンバーなどが定められており、実はキュ
ービクルの色も概ね指定されています。
5Y7/1これがキュービクルのマンセル記号で、クリーム色をしてい
ます。レイアウトに黄色やグレーのキュービクルが駅付近にあったり、
変電所内に置かれていると理に叶いません。
地変台2

信号高配線・・・名前通り信号設備に電源を送るのが重要な役目です。
どうやって送ってるか見てみます。
下の写真のように踏切付近に柱上変圧器を設け、そこで110Vに降
下させて遮断機のモーターや赤の閃光灯、制御条件を出すリレーな
どの電源に使用されます。
変圧器

勿論信号機にも同様ですが、信号機、踏切同士が近ければ上の写真
に出てきたトラフ内に低圧の送電線を入れて送電します。なので、踏
切毎、信号機毎に付近の電柱にトランスを設ける必要はありませんが、
1個あるとサマになります。但し、鉄道会社によってはリレー箱内にトラ
ンスを入れている場合があるのでお気に入りの線区で確認してくだ
さい。ちなみに写真はJR線区です。
変圧器

さて、ココで架線の終端部分にある自動張力調整装置、テンションバ
ランサーについてさらりと流す予定ですが、後編のあと別枠で設けま
す。
バランサ-

今回の設備は無いと変とか、色が違うからあり得ないと言うわけでは
ありません。キュービクルについても外観上の理由で花柄キュービク
ルなんていうのもあり得るかもしません。あくまで実物の知識の参考
でリアルなモジュール作りの参考になれば幸いです。

次回後編はまとめです。





ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 13:20 | コメント(4)| トラックバック(0)

架線柱と周辺のお話-前編-

お正月があけ、会社の先輩がモジュール作りたいと3年前から言って
いたのが漸く行動開始となりました(人の事言えませんが・・・)。
で、「ヘッポコ君、レールは売ってるのつなげればいいし、1本25mっ
ていうのは聞いたことあるけど、架線柱は何mおきなの?」っと質問さ
れましたが、「んなの決まって無いッスよ」っと言いました。が、事実な
ので仕方ないのです。
実際にビジュアル的なセンスでつけるのが手っ取早いですが、そのうち
架線の話題がでまして、「よく分からないんだよね。教えて」っと相成り
ました。
秋津

今回から直流1500V区間について、3話に分けてあれこれ書いてみ
ます。
1回目は各部の名称と役割です。模型の架線柱ですが、カトーのタイ
プが一番理に叶っているのでこれで説明します。

下の架線柱、柱とビームは分かると思います。専門的には「Vトラスビ
ーム柱」と呼びます。電気屋さんには「ブイトラ」で通用します。そして、
上にもなんだか付いてます。左側2個の碍子が「き電線」と呼ばれる電
線が付くところで、右側3個の碍子が「信号高配線」と呼ばれる送電線
が付きます。
カトー架線柱

実際の架線柱を見てみましょう。東急東横線祐天寺駅付近の架線柱
です。模型では鉄骨柱等と呼ばれ最近トミーからも再販されました。
実物では「ラーメン柱」と呼んでいます。
ラーメン柱

「架線」の他にビーム上にまた何か付いてます。左側を見ると2本の
線がありますが、これは「き電線」と呼ばれるものでカトーの架線柱に
もちゃんと2個碍子が付いてました。
き電線はフィーダー線とも呼ばれまして架線と同じく1500Vが架かっ
ています。
架線のうち、トロリー線と呼ばれるパンタグラフと接する一番下の線は
約110mm2っと、とても細く電圧降下もあるため、一定間隔でき電線と
接続させ、架線の電圧降下を防ぐ役割を持っています。
き電線
模型で、大きな運転会をやると線路給電だけだと電圧降下するので
補助フィーダー入ますが、これと役割が似てます。
2本あるのは上り線用き電線、下り用き電線と分かれているためです
が、ピクトリアルを読むと東急は近年上下一括き電方式を採用してい
るようです。

さて、今度は右側を見ると3本電線があります。カトーの架線柱にも写
真右側に3個碍子があります。これは「信号高圧配電線」といい、信号
機や駅設備に電力を供給している送電線で、同じくピク増刊号によると
東急は交流6600Vを送電しているようです。
信号高配
信号機への給電や駅近くではキュービクルなどに引き込み、交流200
Vや100Vに降下させ蛍光灯や券売機、駅員さんがお茶を飲む電気
ポット等にも給電されます。
ちなみに、ビーム下に太く写り込んでいる電線はおそらくLCXという列
車無線のアンテナ漏洩ケーブルと思われます。

会社を変えて西武池袋線の狭山ヶ丘駅を見てみます。
狭山ヶ丘

駅が近いので配線の取り回しが若干違いますが、ちゃんとき電線と信
号高配線が配線されています。
一番上にある細い線はおそらく「架空地線」と呼ばれる線で、空にある
地面の線です。つまり地面と同じ電位を保つ電線で、落雷対策によく
用いられます。「ココが地面ですよと」低い電圧を与えておくことで、雷
さまに地面と錯覚させ配電線へ落雷させずにこの架空地線に落雷さ
せる役目があります。
高配
ピク西武特集を読むと、「秩父山岳方面が近く落雷対策で全線に架空
地線を設置」と記述があります。西武線モジュールに架線を張る場合
この辺もポイントになりそうです。

さて右側ですが、こちらは信号高配補助線と構内の低圧配線があり
ます。ここらにくると、応用編になります。
ピク特集を読むと、「信号高配は2回線化」と書かれています。これは
信号高配のバックアップを兼ねた補助線と言えます。近年の列車設備
の2重系統化と同じです。メイン回線に何かあった場合にコチラの送電
系統に切り替える事で、サービス電源が保たれると言うわけです。
電線は1本に見えますが、じつは3本の線が撚り線となっていて、それ
ぞれ絶縁素材が使われています。3本バラの被服送電線より若干値
段もお高くなり、この辺の事情が3本線の高配線と意味が違う所です。
構内
もう一つの碍子があるのは、構内のポイント用水銀照明等に利用され
る低圧配電線です。この辺は駅や会社などで事情が異なりますので
あくまで応用編です。
なお、ピクによると西武線の信号高配は交流6000Vと東急と電圧も
違うようです。

いきなり応用もだしてしまいましたが、基本的には架線柱ビームには
2本のき電線と3本の信号高配線があると言う事を理解していただけ
ればと思います。


ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:43 | コメント(10)| トラックバック(0)

サツキとメイの家完成

さんけいのペーパーキット「サツキとメイの家」は概ね完成しました。
屋根街

樹木についは棕櫚の木とのことですが、さんけいのペーパー樹木は
ちょっと悲しい造りなので、トミーテックの樹木コレクションにある「ココ
ヤシ」を一応植えておきました。
箱モデラーさん曰く「棕櫚の木なので和巧の棕櫚がいいですよ」っと
の事でまた今度天賞堂で買ってきます。
完成1

井戸やリアカーなどはモジュールに設置した時に製作します。
完成2

車両もこのくらい速く組み立てられればいいのですが・・・

ストラクチャー | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 20:04 | コメント(8)| トラックバック(0)

ホリデー快速鎌倉号

豊田車のM40こと、115系貫通6連の車両が今年も鎌倉駅までやっ
て来るので見に行ってきました。ホリデー快速鎌倉号です。
鎌倉駅は八幡宮でエライ混雑でして、観察できる逗子駅で待ちかまえ
ます。
ホリデー快速

朝夕この列車で運転されていた快速むさしの号が変わってしまい、出
番が少なくなったせいか、結構同業者を沿線で見掛けました。
上り

ヘッドマークも前回は快速むさしの号でしたが、今回はホリデー快速
のヘッドマークでした。
快速むさしの号

今までは大宮駅発着でしたが、今回は南越谷駅発着と言う事で幕が
用意されてないためか、サボが取り付けられていました。
サボ

前回は用意された方向幕で大宮行きが表示されてました。
方向幕

サボ付きの車両はいいですねぇ。
サハ


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 14:59 | コメント(10)| トラックバック(0)

謹賀新年

本年も宜しくお願い致します。もう遠出で見たいモノも無く、今年は近
場でコンテナを観察して模型ではコンテナ列車充実させたいです。
EF200

タンク

デカールモノのコンテナも買ってあるだけで手つかずなので、こういう
のもチャレンジしたいです。
サンヨー

皆様にとっても良い年でありますように。


鉄日記 | 投稿者 ヘッポコ出戻りモデラ 19:58 | コメント(6)| トラックバック(1)
<<  2011年 1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
▼本家のページ▼ ヘッポコ出戻りモデラーのページ

ホビダス[趣味の総合サイト]